Creative TravelSound for iPod nano(モデルi80)
 クリエイティブメディアは4月9日、第3世代iPod nano専用のポータブルスピーカー「Creative TravelSound for iPod nano(モデルi80)」を4月中旬より発売すると発表した。価格はオープンだが、同社のクリエイティブストアでは9800円となる。

 モデルi80は、第3世代iPod nano専用にデザインされた超コンパクトな高品質トラベルスピーカー。iPod nanoとドッキングしても手のひらに収まるコンパクトサイズとなっている。また、片手での操作性を重視しており、本体側面に電源スイッチやボリュームコントロールを装備した。

 4つのスリムなマイクロドライバーとクラスDデジタルアンプを搭載し、小型ながらも高音質かつ大音量を実現した。バッテリーには内蔵リチウムポリマー充電池を内蔵。最長で約15時間再生できる。

 付属のUSBパワーアダプターまたはモデルi80とPCとをUSB接続することで、ドッキングしたiPod nanoを同時に充電できるほか、iPod nanoへ音楽ファイルなどのデータを転送できる。

 また、付属のスピーカースタンドを使用することで、テーブルの上などに独立させることも可能。iPod nano内の写真やビデオを鑑賞するのに、最適な角度に設置できる。

±0「トースター」
深澤直人さんがデザインする家電・雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」(本社=プラマイゼロ、港区南青山5)の既存商品「トースター」と「コーヒー&ティーメーカー」に2月6日、新色「ブラック」が登場した。

 両商品はそれぞれ、昨年9月と11月に発売された、プラスマイナスゼロの中でも比較的新しい商品。いずれも発売時はホワイトのみの展開で、同ブランドの特徴でもあるシンプルで機能的なデザインにも注目が集まった。

 今回登場した「ブラック」は既存カラーのホワイトと同様、マット仕上げの「落ち着いた」質感がスタイリッシュな新色。トースト部分が2枚分ある一般的なトースターに比べ、パン1枚に対応する薄型でコンパクトなデザインが特徴の「トースター」は、2色を並べて置いても場所を取らない。フィルターを替えるとコーヒー、紅茶それぞれに対応する2WAYタイプの「コーヒー&ティーメーカー」も、新色ブラックが加わったことでオフィスや自宅などでも利用の幅が広がる。

 それぞれスペック、価格は従来と変わらず、トースターはサイズ=高さ167×横223×幅80ミリ、価格は8,400円、コーヒー&ティーメーカーはサイズ=高さ239×横170×幅120、価格は12,600円。

±0

VAIO
 ソニーは1月29日、VAIO春モデルの第2弾として、「type A」「type R master」「type F」「type N」「type T」およびテレビサイドPC「TP1」の6シリーズ 計19モデルを2月9日より順次発売すると発表した。

 新製品では基本性能の強化を実現し、type Aおよびtype R masterには、インテルの最新アーキテクチャーを採用。type R masterおいては「Intel Core 2 Extreme QX9650」、「Intel Core 2 Duo E8500」、「Intel Core 2 E8400」、「Intel Core 2 E8200」を選択可能にし、より快適にそして高度なAV編集を楽しめるスペックを備えた。

 また、TP1の店頭販売モデルにBlu-rayディスクドライブを搭載。この発売によりVAIOのBlu-rayディスク対応モデルは全5シリーズ計23モデルとなる。type Fおよびtype Nでは、従来のラインアップに対し、搭載メモリを2Gバイトに倍増したモデルをそれぞれ追加した。

 さらにtype TのVAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデルとして、天板デザインに4種類のプレミアムデザイン「モードメッシュ」「エレガントフラワー」「モダンテキスタイル」および「ロマンティックフロスト」を追加。2月8日から先行予約販売を開始する

 プレミアムデザインの展開は、発売中の「type S プレミアムバージョン」に次ぐ2シリーズ目。インクの量を加減することで表面に凹凸の質感を表現したり、1200dpiという高い解像度でグラデーションや精緻な図柄を表現できる、ダイレクトプリント技術を採用している。

 モバイルPCを「身に纏う」というtype Tのコンセプトにふさわしいクオリティを提供する。これによりtypeTでは、従来カラーとあわせて全10種類の中から好みのデザインを選択できるようになる。

ソニースタイル

日本HP
日本ヒューレット・パッカードは1月24日、個人向けPCの春モデルとして「HP Pavilionシリーズ」のノートPC4機種とデスクトップPC4機種、オールインワンタイプの「HP Touch Smart PC」3機種の合計11機種を発売した。

HP Pavilionシリーズは目的や予算に合わせてカスタマイズが可能なCTOモデルとして同日より、HP Touch Smart PCは固定仕様モデルとして2月上旬より、日本HPのオンラインストア「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、常設展示スペースHP Directplus Station、HP Directpartnerで販売を開始する。

詳細はこちら

ヒューレッット・パッカード

MacBook Air
 アップルは1月16日、米国で開催中のMacWorldで発表した超薄型ノート(参照記事)PC「MacBook Air」を日本でも発売開始した。アップルストアより購入できる。

 13.3インチ液晶を搭載しており、重さは約1.36kg。厚みは0.4~1.94cmと薄いのが特徴だ。薄いながらもバックライト付きフルキーボードを搭載し、iSightカメラも内蔵。MacBook Airのタッチパッドには、iPod touchで採用されたのと同じ、2本の指でつまんだり、回転して文字や画像の大きさを拡大や縮小できるマルチタッチテクノロジーが採用されている。

 価格は、13.3インチ1.6Gバイトのモデルが22万9800円。スペックは、Intel Core 2 Duo、2Gバイトメモリ、80Gバイト パラレルATAハードディスクドライブ(4200rpm)となっている。また、注目の13.3インチ、1.8GバイトのSSDモデルは38万8400円。スペックは、Intel Core 2 Duo、2Gバイトメモリ、64Gバイト(SSD)だ。いずれも、802.11n Wi-Fi2 + Bluetooth 2.1 + EDRを内蔵。光学ドライブは搭載されていないが、「Remote Disc」という新機能により、ほかのMacやPCの光学ドライブを利用できる。

いずれも出荷予定日は2~3週間となっている。

MacBook Air

レイ・アウト、iPodシリーズに新デザインのカバー
 レイ・アウトは、ダブルカラーを用いたiPod用シリコンジャケットを1月中旬より発売する。ラインアップされるのは、iPod classic、iPod nano第3世代、iPod touch用の3種類。価格はオープンだが、予想実勢価格はiPod classic用,iPod nano第3世代用が1280円、iPod touch用が1480円となる。

 装着感に優れ、高い保護性能を持つシリコンジャケットの縁に、白のシリコンを施したデザインを採用。背面はクリアまたは白のシリコン仕上げとなっている。

 シリコンカバーのほか、本体表面の保護フィルムも同梱されており、ディスプレイ部にもカバーが架けられる。保護フィルムはシリコン膜コーティングしており、水洗いすれば貼り直しも可能だ。

 カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ネイビー、レッドの4色。iPod classic、iPod nanoには液晶保護フィルムのほか、クリックホイール用保護フィルムも同梱される。

ボーズ、インイヤーヘッドホン「Bose in-ear headphones」
BOSEは12月3日、使い勝手とデザイン性をより向上させた高音質インイヤーヘッドホン「Bose in-ear headphones」を、12月10日より発売すると発表した。価格は1万5540円となる。

 新しいBose in-ear headphonesは、これまでブラック一色だったコードを、ユニークなブラック&ホワイトカラーに変更したというもの。

 また、ユーザーの要望に応え、エクササイズ時などでもヘッドホンの安定した装着性を実現するため、「専用ネックストラップ」と「コードクリップ」を新たに付属する。さらに、専用キャリングケースのサイズを従来よりも大きくし、汎用性を高めた。

 なお、専用ネックストラップコードクリップは、従来製品のユーザーにも希望があれば無償にて提供する。同日より同社のウェブサイトにて受付を開始する予定だ。

BOSE

amadanaケータイ
デザイン性の高い家電ブランドとして知られる「amadana(アマダナ)」から初の携帯電話端末が登場した――NTTドコモが11月1日に公開したFOMA携帯電話新機種の一つ、「N705i」として発表されたもの。「amadanaケータイ」と名付けた同モデルは、ボディーデザインのほか内蔵コンテンツや楽曲へのこだわりも実現、「デザイン携帯」商戦に拍車がかかる中、感度の高いユーザーの間でも注目を集めそうだ。

 ドコモはこの日、今年度末にかけて発売する新製品として「905i」シリーズ10機種と「705i」シリーズ13機種(計23機種)を発表。2シリーズを同時に発表するのは珍しく、色展開では全75色をそろえるなど、過熱化が予想される年末商戦に向けて攻勢を仕掛けたい考えだ。

 デザイン性を強調した705iシリーズの1機種として発表した「amadanaケータイ」は、薄型の折りたたみスタイルを採用。アマダナブランドを展開するリアル・フリート(渋谷区神宮前6)クリエーティブディレクターの鄭秀和さんが代表を務めるインテンショナリーズがボディーデザインを手がけ、サウンドはテイ・トウワさんが提供。コンテンツのグラフィックデザインは、表参道ヒルズのロゴデザインなどでも知られる「タイクーングラフィックス」が担当するなど、アマダナの世界観を随所に盛り込んだ。

 メーンディスプレーは3インチワイドQVGA液晶を搭載し、ワンセグにも対応。背面には1.6インチのサブディスプレーも備えた。世界154の国や地域で利用できる「WORLD WING(3G+GSM)」に対応し、外貨換算ツール、各国の国番号一覧、コンセント形状一覧などのツールをプリインストールするなど、海外での利用に便利な各種機能も搭載している。サイズは横49×縦104×幅14.5ミリ。重さ約109グラム。

 カラーはamadana white(白)、ultimate orange(オレンジ)、amadana black(黒)の3色に加え、ウッドパネルのアマダナ限定モデルも発表。限定モデルは5,000台の数量限定で販売し、背面にはシリアルナンバーを刻印。イヤホンマイク、卓上ホルダをセットにしたスペシャルパッケージ(63,000円、予価)を12月1日(21時~)より、特設サイト上で受注開始する。

 アマダナでは同機種発売を記念し、11月3日より限定モデルを含む全4モデルを直営各店(表参道、銀座、中目黒、渋谷)で先行展示する。発売は来年1月~2月を予定している。

ThinkPad X61s 15th Anniversary Edition
レノボ・ジャパンは11月21日、ノートPCブランド「ThinkPad」が本年10月で15周年を迎えたことを記念して、「ThinkPad X61s 15th Anniversary Edition」を発表した。12月4日より販売を開始する。

 ThinkPad X61s 15th Anniversary Editionは、ThinkPadシリーズの中でも最も定評のあるXシリーズ「ThinkPad X61s」を特別にカスタマイズした記念モデル。最軽量のThinkPad X61sをベースとして、液晶画面の周辺とパームレストにしっとりとした質感の塗装を施し、グレードの高い高級感あふれるノートPCに仕上げた。

 パームレストと天板のロゴには特別な15周年記念ロゴをあしらい、記念モデルのプレミア性を高めた。また、以前よりユーザーから要望があがっていた英語キーボードの選択も可能としている。

 CPUにはインテル Centrino Proプロセッサ・テクノロジーを採用。新型のデュアルコアCPUにも対応している。革新のワイヤレス・テクノロジーや新しいI/Oポート無効化による高度なセキュリティを搭載し、卓越したパフォーマンスを誇るパワフルなB5モバイルノートPCとした。

 また、現行のThinkPad X61sよりも高いスペックの2Gバイトメモリ、と200Gバイト、7200rpmのHDDを搭載する予定だ。

 さらに、長時間のバッテリ駆動時間を実現し、モバイル・ビジネス環境を強力にサポートする。オプションバッテリを搭載することで、最長で約11時間の長時間稼動を実現。重要なプレゼンテーションや中断できない作業を行っているような場面でも、新機能「バッテリー延命モード(Battery Stretch)」によって、バッテリの駆動時間をコントロールできる。

Lenovo

デル 「XPS One」
Dellは11月19日、シンプルなデザインと省スペース性を兼ね備えた個人向けオールインワンPC「XPS One」を発表した。日本と米国での先行発売となる。

 XPS Oneは、オールインワンPCのあり方を徹底的に追求し、洗練された美しいプロダクトデザインと実用性を兼ね備えた省スペース性PC。20インチワイド狭額ベゼルの強化ガラスディスプレイが、アルミニウムとガラスでできたスタンドの上に浮かび上がっているようなデザインを採用した。

 スクリーンの両側にはステレオスピーカーが搭載され、ビデオチャットやインスタントメッセージの送受信に適したウェブカメラとデュアル・アレイ・マイクロフォンが内蔵されている。

 また、8メディア対応のカードリーダーと複数のポートはディスプレイの横側に搭載され、背面に搭載されたポートから接続されるケーブル類はすっきりまとまるようにするなど、デザイン上の工夫が施されている。

 さらにユニークな特長として、ディスプレイに手を近づけると、メディアキーやドライブスロットがブルーに点灯したり、ボタン操作を振動でユーザーに知らせる感知機能を装備した。

 本体に接続されるケーブル類は1本の電源コードのみとし、周辺機器はマウスやキーボードを含め、ほぼワイヤレスで接続される。内蔵Wi-Fiによってネットワークに、Bluetooth2.0によってヘッドホンやプリンタなどに接続する。

 販売は、同社のオンラインストアにて20日より開始する。価格は14万9800円より。また、同日より、ビックカメラおよびソフマップにて予約販売を開始。12月初旬より、各店舗での購入・持ち帰りが可能になる予定。

Dell

iriver「Mplayer スワロフスキーモデル」
iriver japanは11月16日、ミッキーマウス形のデジタルオーディオプレーヤー「Mplayer」にスワロフスキーの装飾を施した限定モデルを追加、本日より限定販売を開始したと発表した。

 11月1日より発売されているMplayerは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約により実現した、球体を3つ組み合わせたミッキーマウス形のデザインが愛らしいデジタルオーディオプレーヤーだ。

 軽量ボディと付属のネックレスタイプイヤホンで手軽に音楽を楽しめるほか、ストラップを取り付ければアクセサリーとしても使うことが可能。操作方法は、ミッキーマウスの耳にあたる左右の球体を回すというユニークな方式を採用している。

 今回500台限定で発売された「Mplayer スワロフスキーモデル」は、この耳の部分に約170粒のスワロフスキー社製フラットバックラインストーンを用いて、美しい装飾を施したもの。

 デザインは“Horics” Artistic InnovationのトップデザイナーMIHOが担当し、アクセサリとしての魅力をさらに引き出している。スペックは通常モデルと同様、容量が1Gバイトで、約9時間の連続再生が可能だ。

 Mplayer スワロフスキーモデルのカラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ホワイト、ブルー、ピンクの5種類を用意。販売は同社オンラインショップ「iriver eストア」および、iriverダイレクト・楽天市場店で行われ、直販価格は税込1万6800円となっている。

ThinkCentre M57p Small
レノボ・ジャパンは10月10日、インテルのvProテクノロジーを搭載したデスクトップPC「ThinkCentre M57p Small」および、小型ながら優れた静音性を実現したデスクトップPC「ThinkCentre A61e Ultra Small」の販売を開始した。

 ThinkCentre M57p Smallは、インテルのvProテクノロジーを搭載することで管理性を大幅に高めた、大規模企業の固有のニーズに応えるデスクトップPCだ。インテルの「Active Management Technology 3.0」が、PCの電源オフ時およびOSやHDDが機能していない場合でもリモート管理を実現。最新のWeb Services Management(WS-MAN標準)および、Distribution Management Task Force(DMTF)のDASHもサポートしている。

 また「Rescue and Recovery」によって10分以内にデータを復元し、ウィルス感染などのソフトウェア障害から回復させることも可能だ。そのほか、幅広いグラフィックカードへの対応、I/Oポート無効化を含む数々のセキュリティ機能、TPM1.2セキュリティチップ、Computraceソフトウェアのサポート、といった特徴がある。

 ラインアップはCPUやメモリ、HDDなど仕様が異なる4モデルを用意。価格は税込12万9150円~17万5350円となっている。

 ThinkCentre A61e Ultra Smallは、設置面積がB5サイズのノートPCと同等のコンパクト設計ながら、高い静音性を実現したデスクトップPCだ。電力効率も85%と優れており、従来の同等モデルと比べて年間最大27%の電力コスト削減を実現するという。

 本体は最大90%まで再利用やリサイクルができる材料を採用すると同時に、パッケージングについても90%がリサイクル可能。これにより、同社で初めて「EPEAT(Electronic Products Environmental Assessment Tool: 電子製品環境アセスメント・ツール)」の最高ランクとなる「GOLD」に認定されている。ラインアップは仕様の異なる4種類のモデルが用意されており、価格は税込6万4050円~10万8150円となっている。

ThinkCentre M57p Small

www.styleate.com ルイヴィトン
ソニーは10月1日、11型の有機ELテレビ「XEL-1」を12月1日より発売すると発表した。有機ELテレビは、電流を流すと光る性質を持つ有機物質をパネルに採用したもので、テレビタイプの製品化は世界初となる。価格は20万円。

発表会冒頭では、ソニー社長の中鉢良治氏が壇上に立ち「有機ELはソニーのリソースを集中して、14年に渡る研究開発の結果製品化された、技術のソニー復活の象徴に位置づけている。今後もこれまでに見たことがない、夢のあるとんがった技術を提供していきたい」と話した。

 有機ELは自発光方式であるため、バックライトなどの別光源を必要としないシンプルな設計が特徴だ。今回自社開発された有機ELパネル「オーガニックパネル」は、発光に必要な有機層とそれを挟む2枚の薄いガラス板で形成され、11型で最薄部約3mmという薄型ボディを実現している。

使用されたオーガニックパネルも参考展示された  オーガニックパネルは、100万:1以上とされるコントラスト比や輝度に優れ、映像の明暗に関わらず純度の高い鮮やかな色を再現する。

 また、動画応答速度に関しても従来の液晶パネルに比べ1000倍程度早いとされる数マイクロ秒を実現。消費電力も同サイズの液晶テレビに比べ、約40%ほど減少させた。

 デザインは、薄く、軽いディスプレイ部分をアルミ素材の片持ちアームで支えたシンプルな造形で「浮遊感」を演出。背面は高質感のあるブラックとメタル鏡面を組み合わせ、正面からだけではなく、側面、背面から見ても美しく洗練されたデザインに仕上げた。

 外形寸法は、本体スタンド部含みW287×H253×D140mm、重量は2.0kg。パネル解像度は960×540ドットのQHDとなる。地上、BS、110度CSデジタルを各1系統ずつ装備しているほか、「ソニールームリンク」、「アクトビラベーシック」など、テレビのトレンドとなる機能はほぼ網羅した。パネル寿命は約3万時間としている。

ソニースタイル

HP TouchSmart PC
日本ヒューレット・パッカードは9月27日、タッチスクリーン操作に対応したディスプレイ一体型PC「HP TouchSmart PC(エイチピー タッチスマート ピーシー)」を発表した。9月28日より、HP Directplusオンラインストア、HP Directplusコールセンター、HP Directpartner、HP Directplus Stationで販売を開始する。

HP TouchSmart PCは、タッチだけで操作できる新コンセプトのホームPC。19型ワイドBrightView LCDタッチパネルを採用したディスプレイは、利用シーンに応じて簡単に角度と高さを調整できる。

HP独自のソフトウェア「HP SmartCenter(エイチピー スマートセンター)」は、ディスプレイの右下に配置されたボタンにタッチするだけで起動可能。HP SmartCenter内には、動画や音声、手書きメモでメッセージを共有できる「HP SmartCalendar」や、写真の整理、印刷が簡単に行える「HP PhotoSmart Touch」などの機能があり、タッチスクリーンによる簡単操作によって、家族間に新しいコミュニケーションを提供すると日本HPは語る。

基本構成として、OSにWindows Vista Home Premium、プロセッサに低消費電力型の「AMD Turion 64X2 デュアルコア・モバイルテクノロジ」を採用。オフィスソフトやゲームソフトなど、通常のPC用途にも応えるパフォーマンスを備えた。

さらに、ワイヤレスキーボードとマウス、無線LAN(802.11a/b/g)、1.3メガピクセルウェブカメラとマイクロフォンが標準搭載されているほか、オプションのHPポケット・メディア・ドライブ(160GB)を選択すれば、動画などの大容量データの持ち運びやバックアップも簡単に行える。

各モデルのスペックは以下の通り。
■HP TouchSmart PC IQ780jp ・CPU:Turion 64 X2 TL58 ・メモリ:2GB ・HDD:160GB ・販売価格:17万8500円

■HP TouchSmart PC IQ782jp ・CPU:Turion 64 X2 TL64 ・メモリ:2GB ・HDD:320GB ・販売価格:19万9500円

■HP TouchSmart PC IQ784jp ・CPU:Turion 64 X2 TL64 ・メモリ:4GB ・HDD:500GB ・オフィスソフト:Office Personal 2007 ・販売価格:24万9900円

ヒューレット・パッカード

HP TouchSmart PC

www.styleate.com | ルイヴィトン
BOSE(ボーズ)は9月27日、iPodなどのミュージックプレーヤーを本格サウンドで楽しめるデジタルミュージックシステム「SoundDock Portable」を11月1日より発売すると発表した。iPod Dockコネクタを装備したすべてのiPodに対応する。

SoundDock Portableは、最高の音質と持ち運び機能を両立させるため、音響設計をすべて見直して新開発したデジタルミュージックシステム。パイプオルガンの重低音や管楽器の豊かな響きなど、管共鳴の原理を応用したBOSEの特許技術「アコースティック・ウェーブガイド」を採用した。

また、小型でも強力な磁力を誇る「ネオジウムマグネット」の採用によって、音響パフォーマンスを犠牲にすることなく、ボディのスリム化を実現した。

さらに、iPodなどの圧縮音楽ファイルに合わせてチューニングする「アクティブイコライザー」や、小音量でも最適な音響バランスを保つP.A.P.回路、どの音量レベルでも歪みのないクリアサウンド再生を行うコンプレッション回路などを制御し、臨場感あふれる迫力ある高品質サウンドを再生する

本体にiPodを載せるだけで本格オーディオに早変わりする「Dock&Play」機能は、特別な設定や調整は一切不要。iPodを載せるだけでオン、外せば自動的にオフとなり、SoundDock Portable本体の電源オン/オフ操作は不要だ。専用充電池を使用すれば、連続約3時間の再生が行える。

なお、iPodの基本操作ができる専用リモコンを付属し、離れた場所からSoundDock Portable本体やiPodの基本操作が可能。ボリュームにはタッチセンサーを採用している。

価格は4万6200円。オプションとして、専用キャリングバッグや専用バッテリも発売される。

iPod

BOSE

www.styleate.com ルイヴィトン
ソニーは9月11日、1.8型カラー液晶を採用したボディに、原音を忠実に再現する「クリアオーディオテクノロジー」を搭載した「ウォークマンNW-S710F/S610Fシリーズ」を10月20より発売すると発表した。価格はオープン。

 クリアオーディオテクノロジーとして、原音を鮮やかに表現する「大口径13.5mmEXヘッドホン」を付属し、高音域をクリアに再現するソニー独自開発の高音域補完技術「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」や、左右の音の混在を抑制し、本来のステレオサウンドを実現する「クリアステレオ」、音量を上げてもひずみのないメリハリのある重低音を再生できる「クリアベース」の3機能を搭載。加えてウォークマンNW-S710Fシリーズには、「ノイズキャンセリング機能」を内蔵した。音楽はもちろんビデオ視聴時も周囲の騒音を低減し、クリアで臨場感のある音を楽しめる。

 また、付属のソフトウェア「Media Manager for WALKMAN」を使用することで、インターネットで入手したビデオコンテンツを転送して再生可能。JPEG形式の静止画再生にも対応し、音楽を聴きながらスライドショーで写真を楽しめる。

 このほか、CD/MDプレーヤーなどから直接録音できる「ダイレクトエンコーディング」に対応。同日発表のHDDコンポ「ネットジューク」や、USB端子搭載オールインワンコンポ「CMT-M35WM」と組み合わせれば、PCを介することなく手軽に音楽を転送できる。

 なお、アクセサリー類も同日の10月20日に発売される。ボディカラーは、NW-S710Fシリーズがホワイト、ピンク、ブルー、レッド、ブラックの5色。S610Fシリーズがシルバー、ピンク、ブルーの3色となっている。

ソニースタイル

www.styleate.com ルイヴィトンHewlett-Packard(HP)は新型のスマートフォン「HP iPaq 610 Business Navigator」と「HP iPaq 910 Business Manager」を発表した。2機種とも期待を裏切るものではない。

 iPaq 610はHSDPAをサポートしたクアッドバンドの携帯電話で、「Google Maps」を統合したアシストGPS(AGPS)に対応している。同機種は「Windows Mobile 6(Professional Edition)」をベースとしており、Bluetooth 2.0、Wi-Fi(セキュリティ機能のWPA2に対応した802.11b/g)、256MバイトのフラッシュROM、128MバイトのSDRAM、それに3Mピクセルのカメラを搭載している。前機種「HP iPaq 510 Voice Messenger」と同様、iPaq 610も音声操作にフォーカスしたスマートフォンで、iPaq 510と同じ高度な音声コマンドシステムを内蔵している。iPaq 610は、iPaq 510の2インチスクリーンより大きな2.8インチのスクリーンを搭載し、タッチスクリーンを利用できる。他のデザイン改善点としては、英数字キーパッドの真ん中に「Smart Touch」ホイールを配置し、これを利用してさまざまなメニュー経由でスクロールが可能だ。iPaq 600シリーズは9月末に出荷開始の予定で、予想価格はロック解除版で約600ドル。

HP iPaq 910 Business Manager  iPaq 910はメールをよく利用するユーザー向けの1台だ。「HP iPaq hw6900」の後継機となり、QWERTYキーボードと2.46インチのタッチスクリーンを搭載、プッシュ型電子メール機能を特徴とする。HSDPA、AGPS、Bluetooth 2.0、Wi-Fi、3Mピクセルカメラの搭載など、iPaq 610と同様の機能を搭載している。iPaq 910の出荷開始は11月末~12月初めとなる予定だが、価格情報は公開していない。HPでは、携帯電話事業に関連した発表も行っていない。

HP iPAQ Pocket PC

styleate.com | ルイヴィトン
現代アート販売のアーティフェックスは9月1日、恵比寿三越(恵比寿4)2階にアート作品と家電を同空間で扱う新型のギャラリー「アーティフェックス ギャラリー」(TEL 03-6415-8651)を開設した。

 家電ではリアル・フリート(神宮前6)と提携し、同社の自社ブランド「アマダナ」の商品を販売。家電やインテリア、アートを「インテリア・コンテンツ」として提案し、「高まりつつあるアート需要に対応する」(同社)という。店舗面積は約14坪。

 ギャラリーでは、伊藤桂司さん、那須香おりさんら広告や音楽関連などの商業デザイナーとしても活躍するアーティストの作品を取りそろえる。アーティフェックスの山木秀文社長は「世に出回る広告やCDジャケットにもデータ入稿する前の『原画』があることに目を付けた」と話す。普段市場には出にくいアーティストの原画や版画を紹介する一方で、すぐ横にはアマダナの家電が並ぶ。

 「都市に生活する人向けの『インテリア』としてアマダナの商品も併せて提案していきたい」と同社長。アマダナの商品はフルラインに近い品ぞろえ。ほかに、アーティストTシャツや雑貨なども販売する。今後はギャラリー内で順次自主企画展なども開催していく予定。営業時間は11時~20時。

アマダナ

www.styleate.com | ルイヴィトン ニコンは8月30日、コンパクトデジタルカメラCOOLPIXシリーズ秋モデル8機種を発表した。ハイエンド向けの12.1メガピクセルカメラ「COOLPIX P5100」からエントリー向けの「COOLPIX L15」までフルラインアップがそろった。2007年9月21日~、順次発売する。

女性を意識したカラーを増やした  同社では、昨年からイメージキャラクターとして木村拓哉氏を起用している。今年の春からは一眼レフだけでなくCOOLPIXシリーズにも起用することで、女性層への認知も広がったという。秋モデルでは、特に女性に人気のある「COOLPIX S51」シリーズにワインレッド、ビビットピンクといった女性を意識したカラーを加えるなど、これまでにないニコンのカラーバリエーションも注目だ。

今回発売するCOOLPIX S51Cおよび前モデルのCOOLPIX S50Cでは、IEEE 802.11b/g規格に準拠した無線LANを搭載しており、パソコンを介さず撮影した写真をサイトにアップロードできる。公衆無線LANスポットをなどを経由してインターネット接続し、サイトに画像を保存したり、写真を友人にメールで送ったりできるサービスだ。2Gバイトまで無料で使える「フリー」アカウントと月額350円で20Gバイトまで使える「ゴールド」が用意されている(2008年2月まで無料)。

COOLPIX

www.styleate.com | ルイヴィトン キヤノンは8月20日、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1Ds Mark III」を11月下旬より発売開始すると発表した。

 EOS-1Ds Mark IIIは、2004年11月に発売された「EOS-1Ds Mark II」の後継機種。CMOSセンサーが約1670万画素35mmフルサイズから約2110万画素35mmフルサイズへとブラッシュアップされた。常用設定できるISO感度は100~1600で、感度拡張機能によりISO50の「L」、ISO3200の「H」も選択できる。

 また、高性能映像エンジン「DIGIC III」を2個搭載したデュアル DIGIC III構成により、秒間約5コマの連写と、JPEGラージで約56枚、RAWで約12枚の連続撮影を実現している。さらに、高速・高精度な19点(F2.8対応)クロスセンサーと26点のアシストセンサーを備えたエリアAF、倍率約0.76倍を実現した新開発ファインダー、2種類のライブビュー撮影機能、3.0型大型液晶モニターの搭載なども大きな特徴だ。

 そのほか、作動耐久30万回のシャッター、防塵防滴性能を備えたEFレンズやアクセサリーで実現する撮影システム全体の防塵防滴化、総合的なセンサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System」への対応など、プロの過酷な撮影状況に適応する高い信頼性を確保している。使用レンズは、センサーサイズが35mmフィルムと同等のため、EF-Sレンズを除くすべてのEFレンズがそのままの画角で使用可能。なお、価格についてはオープン価格となっている。

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグAppleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は米国時間8月7日、米カリフォルニア州クパチーノにある同社本社で新しいiMacを発表した。

 新しいiMacは20インチと24インチ。製品の材質にはアルミニウムとガラスが使用されている。また、新しいキーボードも発表された。新しいキーボードとiMacはともに、旧製品より薄型となっている。

2つの20モデルと1つ24モデルで構成される新しいiMacシリーズは、直ちに提供開始となる。20インチモデルは、価格が1199ドルと1499ドル。24インチモデルの価格は1799ドルで、現行の24インチiMacより200ドル安くなっている。

またAppleは、同社マルチメディアアプリケーションスイート「iLife」が新しくなったことも発表した。同製品のバージョンは、「iLife '07」をとばして、「iLife '08」となる。Jobs氏は、最新版について、「同製品発表以来最大の進化」と表現した。

 Jobs氏がまず紹介したのは、写真管理アプリケーションの「iPhoto」。「iPhoto '08」での主な機能拡張としては、イベントごとでの並び替え機能がある。この機能を使うことで、写真を自動的に日付で並び替えでき、フォルダを開くことなく特定イベントの写真をプレビューできる。イベントは必要に応じて「統合」や「分割」が可能。

 「iPhoto '08」は、新しくなった「.Mac」サービスの一部と機能するように開発されている。「.Mac Web Gallery」では、iPhotoから直接写真をアップロードし、ウェブページに掲載できる。また、「iPhone」との同期が可能となっているため、iPhone上で写真を個別にまたはギャラリーの形式で共有できる。

 また、同ウェブギャラリーでは、iPhoto '08の閲覧機能を統合しているため、すべてのギャラリーを開くことなく、特定のイベントやアルバムごとに写真をプレビューできる。

Apple Store(Japan)

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグ パイオニアは8月2日、新ブランド名「KURO」採用のハイビジョンプラズマテレビ4機種を、9月上旬より順次発売すると発表した。

 今回発表されたのは、フルハイビジョンプラズマテレビが60V型の「PDP-6010HD」と50V型の「PDP-5010HD」、ハイビジョンプラズマテレビが50V型の「PDP-508HX」と42V型の「PDP-428HX」で、合計4機種のラインアップとなる。今回はこれらの新世代プラズマテレビに対し、圧倒的な「黒」の表現力という特徴を端的かつ力強く表現するため、新ブランド名「KURO」が掲げられた。

 4機種ともに黒の表現力に優れた新開発高画質パネルを採用しており、PDP-6010HDとPDP-5010HDは2万対1、PDP-508HXとPDP-428HXでは1万6000対1の暗コントラストを実現。部屋の明るさや映り込みなど、視聴環境の外的影響を低減する新世代「ダイレクトカラーフィルター」も搭載されている。解像度はPDP-6010HDとPDP-5010HDが1920×1080、PDP-508HXが1365×768、PDP-428HXが1024×768。そのほか、パネルの性能をフルに発揮させる新開発フルデジタル画像処理回路、17W+17Wデジタルアンプやスピーカーユニットによるクリアで立体感のあるサウンドなども特徴だ。

 希望小売価格は、PDP-6010HDが99万円、PDP-5010HDが72万円、PDP-508HXが56万円、PDP-428HXが45万円。発売時期についてはPDP-6010HDとPDP-5010HDが10月上旬、PDP-508HXとPDP-428HXが9月上旬を予定している。


パイオニア プラズマテレビ

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグ KDDIと沖縄セルラーは8月1日、515万画素の手ブレ補正機能付きカメラを搭載した「EXILIMケータイ W53CA」を、8月2日から順次販売開始すると発表した。

 今回発売されるEXILIMケータイ W53CAは、有効画素数515万画素のカメラ機能を搭載したカシオ計算機製の携帯電話端末。デジタルカメラ「EXILIM」の技術を応用した画像処理プロセッサ「EXILIMエンジン for Mobile」に加え、オートフォーカスや6軸手ブレ補正機能を採用し、美しい写真撮影が可能となっている。また、撮影や再生時の視認性に優れた約2.8インチワイド VGA液晶と2軸スタイルも特徴となっている。

 販売開始日は、沖縄エリアが8月2日、北海道エリアが8月3日、北陸、中国、四国エリアが8月4日、東北および関西エリアが8月8日、関東、中部、九州エリアでは8月9日を予定している。


 高級ブティックの店内を歩けば、人は、洋服、靴、バッグ、さらには化粧品まで、有名デザイナーが手がけたありとあらゆる品物に取り巻かれる。これだけいろいろな誘惑があってもまだ足りないのか、世界的ファッションブランドのArmaniが、韓国のサムスン電子と共同で、世界中のArmaniファンを魅了する携帯電話をデザインすることになったという。
 電話取材ではArmaniからの正式な声明は得られなかったが、「Korea Herald」紙の報道によると、匿名のサムスン電子関係者が、計画は進行中で、製品は2007年10月にヨーロッパで発売されることになるだろう、と語っているそうだ。しかし、「両社はまだ、契約書にサインしていない」と記事は伝えている。

Armaniの携帯電話は、「専用コンテンツ」機能を備えた美しいデザインのものになるようだ。しかし、Pradaが出した「プラダケータイ」のように650ドル近い値段だとしたら、500~600ドルで買えるAppleの「iPhone」にした方がいいのではないか?

www.styleate.com ルイヴィトン バッグ
Samsungは以前にもBang & Olufsenとのコラボモデルを手がけている
それでも、世界的なオーディオ専門メーカーBang & Olufsenとコラボレーションした経験のあるサムスン電子と手を結ぼうというのは、Armaniにとっては賢い戦略になるかもしれない。Korea Herald紙の記事には、Armaniとサムスン電子が携帯電話以外に、シックなデザインでありながらハイテク好きの心もくすぐるようなテレビを計画中との噂もある、と書かれている。

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月18日、直感的な操作性を実現したコンパクトフォトプリンタ「HP Photosmart A628 Compact Photo Printer」を8月2日から発売すると発表した。

 今回発売されるA628は、4.8インチタッチスクリーンを搭載したコンパクト・フォトプリンタ。大型カラー液晶に4枚までの写真を同時表示できるだけでなく、写真の左右には必要なボタンが適宜表示される独自の「Magic Frame」を採用、直感的な操作性を実現している。

 また、大容量のSDHCカードを含む一般的なメモリカードすべてに対応したメモリカードスロットを備えるほか、最新世代iPodからの写真プリントや、PictBridgeに対応したデジタルカメラからのダイレクトプリントも可能。別売のワイヤレスプリンタアダプタを使えば、Bluetooth対応の携帯電話などからもワイヤレスプリントできる。

 そのほか、80種類のフレームや93種類のクリップアート、写真を自在にレイアウトできる31種類のアルバムなど、計204種類のデザインテンプレートを収録。人物写真を実物よりスマートに加工するスリミング、付属のタッチペンで文字や絵を書き込める手書き機能、ライティングの失敗を最適に自動補正する機能、赤目を任意に自動補正する機能なども搭載している。

 価格は2万4990円で、同社のオンラインストア、HP Directplusコールセンターにて販売される予定だ。

HPオンラインショップ

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ
「Wii Sports」でゲームプレーヤーがソファーに座らず立ち上がるようになってから、「wii」は健康指向のゲーマーの大きな注目を集めるようになった。Wiiリモコンのモーション検出機能は、各種ゲームのなかの振り回す、振り下ろす、回転させるといったさまざまな動きでプレーヤーを活動的にさせる。今回、任天堂は次の一歩を踏みだしてwiiをフィットネス機器に仕上げてきた。しかも、wiiリモコンを使わずにだ。

 任天堂は、米国時間7月11日の記者会見で「Wii Fit」を発表した。その名前が示すように、Wii FitはWii用のフィットネスゲームとなっている。Nintendo DSで「脳トレ」が頭の運動になったのと同じように、Wii Fitはwiiを使って体の運動を行う。エアロビクスからバランスゲームまで、搭載されるゲームは40種類あり、体の健康維持を助けるようになっている。脳トレやWii Sports同様、Wii Fitもさまざまな運動データを記録およびトラッキングするため、時間の経過に伴う進歩状況を監視できる。

 驚いたことに、Wii FitはWiiリモコンではなく、「Wii Balance Board」(WBB)という全く新しいコントローラを使う。WBBは床に敷き、Wiiリモコンのようにwiiにワイヤレス接続して使うようになっている。ボード上に立てば体重やバランスも計測され、立ち方、寄りかかり方、体重の移動、あるいは体の移動までゲームがトラッキングする。ちょうどWiiリモコンと「Dance Dance Revolution」のパッドを組み合わせたような感じだ。

 任天堂は発売日を発表していないが、Wii Fitはおそらく「Mario Kart Wii」など、任天堂のほかの主力ゲームの出荷が予定される2008年第1四半期までには店頭に並ぶものと思われる。

wii

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ 
ソフトバンクモバイル
は7月11日、携帯電話端末「SoftBank 814T」を7月14日から全国で発売すると発表した。

SoftBank 814Tは東芝製の端末で、折りたたみタイプの本体上部表面にチタン素材を採用していることが特徴だ。これにより、約12.9mmで約97gという薄型軽量化を行いながら高い強度も保持している。キー部分は1枚のシートキーだが、大きなキーとクリック感で押しやすさを追求。おサイフケータイ機能を搭載しており、対応アプリとして「ANA全日空」、「JAL日本航空」、「トクトクポケット」がプリインストールされている。また、セキュリティ機能として顔認証機能やICカードロック機能も搭載されている。

 メインカメラは196万画素のオートフォーカス機能付きで、ディスプレイは光の乱反射を抑えた2.4インチクリアスクリーン液晶。カラーバリエーションはチタンシルバー、ライトブルー、ローズピンク、ブラウン、ネイビーの5種類だが、このうちチタンシルバーとブラウン、ネイビーの3種類を7月14日に発売し、残り2種類については準備が整い次第順次発売される予定だ。

オンラインショップ

styleate.com | ルイヴィトンのバッグ バーテックスリンクは6月29日、キャラクターフィギュアにUSBメモリを組み込んだデスクトップマスコット「Memory BE@RBRICK」シリーズを発売した。

Memory BE@RBRICKは、メディコム・トイの人気キャラクターフィギュア「BE@RBRICK」にUSBメモリを内蔵した製品だ。BE@RBRICKの質感そのままに、オリジナルデザインのカラーリングが施されている。容量は512Mバイトで、カラーバリエーションはレッド、イエロー、ブルーの3種類。初回は各色2000台ずつ合計6000台の限定販売となっており、価格はオープン価格。店頭推奨価格は4980円となっている。

 バーテックスリンクでは今後、同デザインの再生産を行わないワンロットごとの完全限定品として、各ジャンル著名人やブランド企業とのコラボレーション限定モデルの販売を予定している。

メディコム・トイ
BE@RBRICK

www.styleate.com|ルイヴィトンのバッグ メディコム・トイは6月23日より、渋谷「パルコミュージアム」(渋谷パルコパート3・7階、TEL 03-3477-5873)で新作展示会「MEDICOM TOY EXHIBITION 2007」を開催する。

 クマ型フィギュア「BE@RBRICK(ベアブリック)」などの人気商品を企画・製造するメディコム・トイ。会期中はニューアイテムを一堂に展示し、今年から来年にかけて発売予定の新商品サンプルを先行公開する。

 展示するのは、各国の企業やアーティストとのコラボレーションを展開してきたブロックタイプフィギュア「KUBRICK(キューブリック)」や「BE@RBRICK」の最新作に加え、映画やアニメ、コミックなどのヒーローを12インチ(約30センチ)のサイズでリアルに作り込む「REAL ACTION HEROES」シリーズ、NYの著名アーティストKAWSと共同プロデュースする「OriginalFake」の新作など。

 会場では、「スターウォーズ」キャラクターとのコラボレーションアイテムなどの同展記念商品も先行発売する。ショップのみの利用はできず、商品によっては一人あたりの購入個数制限も行う。入場料は一般=300円。7月2日まで。

メディコム・トイ

www.styleate.com|sony バイオ 本機はノートブック型VAIO 「type F」シリーズの最新モデルである。FZシリーズは海外で先行発表されていたが、今回、国内でも発売される運びとなった。中級モデルという位置づけだが、新開発の15.4型ワイド「クリアブラック液晶(ピュアカラー90)」や、Blu-rayディスク記録再生ドライブ、HDMI端子などを装備し、ハイビジョンコンテンツに対応している。

 従来のVAIOシリーズの場合、Blu-rayドライブなどは最上位ノートである「type A」クラスのスペックだったが、ハイビジョン映像を手軽に楽しめるホームプレミアムノート、というコンセプトの元に、中級モデルであるtype Fシリーズにも、本機のようなハイビジョン対応モデルが用意された。デジタルテレビチューナーや録画機能などは装備しておらず、いわゆるテレビ録画PCではないが、Blu-ray映画ディスクやHDV/AVCHDカメラ、高画素デジカメなどと連携して、ハイビジョンコンテンツを手軽に楽しむことが可能だ。

 外見は、家庭内で移動して使う省スペースノートブック機としてはスリムで持ち運びやすい。15.4型ワイド液晶機としては最薄を実現し、さらにマザーボートのレイアウトを見直すことで、 type F〔FEシリーズ〕体積比で約90%のコンパクト化が図られている。

 Blu-rayドライブモデルは、キーボードの黒に、シルバーのパネルがアクセントになっている。スリムでシンプルなデザインには、リビングやダイニングに置いても違和感のない都会的なスタイリッシュさが感じられる。液晶下のAVコントロールパネルでAV機能をダイレクトに操作が可能だ。AV機器のような凝った操作ボタンではなく、さりげなくAV機能を使えるシンプルさがtype Fらしい。

VAIO type F TV

www.styleate.com|ルイヴィトンバッグ 松下電器産業は6月13日、Panasonic PCの直販サイト「レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」」にて、モバイルノートPC「レッツノート」のR6シリーズの限定生産モデル「ジェットブラックモデル」の予約開始。7月14日から販売を開始する。

 限定生産モデルのベースとなったR6シリーズ(CF-R6A)は、10.4型XGA液晶搭載で約940g(メモリー1Gバイト、HDD160Gバイト)の本体に、キーボード全面防滴、動作時76cm落下試験実施、駆動時間は約7.5時間特長としている。

バッテリまで黒というジェットブラックモデル  今回松下では、個性化へのニーズに対応するためとし、R6シリーズをベースに、従来からユーザーより要望の多かった、ブラック仕様にしたモデルを、ジェットブラックモデルとして製品化した。

 ジェットブラックモデルは、天板からボディ全体、本体背面の銘板、バッテリまでブラック仕様。リングもガンメタリックでコーディネイトし、従来のシルバーベースと異なる、個性的なテイストを実現したとしている。構成も、オンボードメモリー1Gバイト、HDD160Gバイトを搭載した上位仕様となっている。価格は23万9450円からとなっている。

松下電器

www.styleate.com|ルイヴィトン海外旅行
 ビクターは6月8日、110V型のフルハイビジョン対応プロジェクションテレビ「HD-110MH80」を、7月から受注開始すると発表した。

 HD-110MH80はビックスクリーンEXEシリーズの新製品だ。110V型と大画面サイズながら、消費電力は同社の37V型液晶テレビと同程度で、家庭用のコンセントで使用可能となっている。D-ILAデバイスを3枚使用し、89%の高開口率と高反射率を実現、明るく滑らかな映像表現を可能にしたのも特徴だ。また、高画質映像技術「GENESSA」や、低域の音質を向上させる「MaxxBass」なども搭載している。

 販売は受注生産で行うため、注文後3カ月以上要する場合があるという。また、設置にあたっては床の補強工事等も必要となる。価格はオープン価格だ。

www.styleate.com|海外旅行www.styleate.com|海外旅行
 ウィルコムは、「W-ZERO3」シリーズの新製品として、W-SIMに対応したWindows Mobile 6搭載の「Advanced/W-ZERO3[es](アドバンスト ダブリューゼロスリー エス、型番WS011SH)」を発表した。7月中旬に発売予定で、新規加入時の価格はウィルコムストアで29,800円(ウィルコム定額プラン+データ定額を同時契約の場合)。

 Advanced/W-ZERO3[es]は、マイクロソフトが6月6日に発表した「Windows Mobile 6」日本語版のClassic Editionを採用したシャープ製のPHS端末で、同社の「W-ZERO3[es]の後継モデル。ウィルコムでは4月の「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」で同製品を2007年夏に投入すると明らかにしていたほか、ティザーサイトによる告知も行なっていた。

 通信の高速・安定化を図ったPHS高度化通信規格「W-OAM」に対応し、8xパケット方式の場合で最大408kbpsの通信が可能。W-ZERO3[es]と同様にスライド型QWERTYキーボードと携帯電話型のダイヤルキーを備えるほか、ジョグ機能内蔵カーソルキー“Xcrawl(エクスクロール)”を搭載する。

 プロセッサはMarvell PXA270-520MHzを搭載。ディスプレイはタッチ操作が可能な3インチワイドVGA(480×800)高精細モバイルASV液晶を採用した。カメラも搭載し、有効画素数は130万画素。名刺リーダーやバーコードリーダーといったカメラ機能にも対応する。通信機能はPHSのほかにIEEE 802.11b/g準拠の無線LAN、赤外線通信をサポート。ワンセグにもオプションで対応する。本体サイズは幅50mm、厚17.9mm(最薄部)、重量157g。

 外部メモリはmicroSDに対応し、USB miniAコネクタ、平型イヤフォン端子も搭載。連続待受時間は約500時間(ランプ消灯時)、約300時間(ランプ点灯時)で、連続通話時間は約7時間。

 Windows Mobile 6がサポートする「Windows Live for Windows Mobile」に対応しており、Windows Liveサービスの利用が可能。Webブラウザは「Internet Explorer Mobile」と「Opera Mobile」を標準で搭載し、また、「Windows Media Player Mobile」やOfficeファイルの閲覧機能、日本語入力システム「ATOK」「Microsoft IME」なども用意する。

ウィルコムストア

www.styleate.com|ルイヴィトンクロエ沖縄 1995年からスタートした、MG(マスターグレード)シリーズが、「ターンAガンダム」でとうとう100作目に到達。80年の7月の誕生以来、実に累計3億8千万個という製造数をほこる「ガンプラ」。
静岡市にあるバンダイホビーセンターでは、今日もまた、ガンプラが続々と製造されていく。この主役といえるのが、センターにある、射出成形機。24時間稼動で、1日約7万枚のランナー部品がここから生み出されていく。まさに、「バンダイ、脅威のメカニズム」。

この成形機、週刊誌の取材でセンターを訪れた際に実物を見せてもらったことがあるのだが、トリコロールに塗り分けられ、スタッフの手による、「DANGER」などのガンプラ風マーキングも施されていて、「ホワイトベースの何か」としか思えなさそうな、ガンダム感、漂いまくるもの。見ていると、「ここからあのガンプラたちが……」という感慨に包まれたことを思い出す。

株式会社バンダイが、ガンプラではなく、その「ガンプラを作る機械」、それそのものをなんとプラモデル化しちゃったのである。
「1/60 バンダイホビーセンターオリジナル電動式4色射出成形機」。パーツ数約20、色プラで、スナップフィット(接着剤不要)という仕様で、価格は500円。

このプラモデル、すでに静岡で開催された「ガンプラEXPO」で先行販売され、好評を得たが、「バンダイホビーサイト」にて、期間限定での通信販売が開始される。

ガンダム

ルイヴィトンクロエグッチ通販|海外旅行
 Nokiaのハイエンド向け携帯電話「Nokia 8600」。3Gに対応する携帯電話で、200万画素のカメラを搭載する。ボディには金属とガラスが使用されている。今四半期中に発売される予定だ。

ルイヴィトンクロエグッチ通販|海外旅行
 「Nokia 6500 Classic」は3Gに対応する。Nokiaの携帯電話では最薄のうちの1つで、厚さ9.5mmとなっている。Micro-USBコネクタを搭載する。

ルイヴィトンクロエグッチ通販|海外旅行
「Nokia 6500 Slide」は320万画素のカメラを搭載し、ボディにはステンレスを採用している。第3四半期にリリースが予定されている。

ノキア・ジャパン株式会社

www.styleate.com||ニンテンドーDS   www.styleate.com||ニンテンドーDS
 任天堂は、ニンテンドーDSの新色2色「グロスシルバー」と「メタリックロゼ」の本体写真を公開した。

 今回追加されるのは、落ち着いた雰囲気の「グロスシルバー」と、美しい「メタリックロゼ」の2色。どちらも2007年6月23日に発売予定。価格はこれまでどおり1万6800円(税込)となる。

ニンテンドーDS

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエ旅行
 MicrosoftのSurface Computing部門でマーケティングディレクターを務めるMark Bolger氏は、同社の新しいテーブル型PC「Microsoft Surface」(開発コード名:Milan)をサンフランシスコで開催されたブリーフィングで披露した。Surfaceはマウスやキーボードを必要とせず、すべてタッチすることで操作可能になっている。Microsoftがハードウェア、ソフトウェアの両面で開発を進めてきた。

今後、この商品がどう活用されていくのか注目したい。

www.styleate.com||旅行情報ハワイ沖縄
 ソニーは5月24日、世界で初めて有機薄膜トランジスタ(有機TFT)によるフルカラー有機ELディスプレイの駆動に成功したと発表した。

 通常の有機ELディスプレイは、硬いガラス基板の上にシリコン半導体材料を用いたTFTを形成し、その上に有機ELの発光素子を積層させる構造になっている。しかし、今回開発された技術は、プラスチックフィルム上に有機薄膜トランジスタと有機EL素子を集積化するというもの。

 これにより、0.3mmと極薄で軽量、しかも曲げることが可能なディスプレイを実現している。実際に作製された有機TFT駆動有機ELディスプレイは画面サイズが対角2.5インチで、世界初のフルカラー表示に対応。ピクセル数は160×120画素、ピクセルサイズは318ナノメートル×318ナノメートル、解像度は80ppiとなっており、曲げた状態でのフルカラー動画表示も行える。

 なお、今回の研究成果は5月22日から25日にかけて米国カリフォルニア州ロングビーチで開催されるディスプレイ関連学会「SID(Society for Information Display)2007 International Symposium」に採択、5月25日に発表されるという。

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエ旅行情報
ソニーが5月17日、新たに発表したラインアップの中で、ひときわ力が入っているのがモバイルノートPC VAIO「type T」だ。2005年9月以来、1年半以上ぶりの大きなモデルチェンジとなる。特に今回はVAIO 10周年ということで、1997年登場の初代505のデザインを意識、液晶のヒンジ部分に装着した円筒風バッテリーを採用するデザインとなっている。Core2 Duoや2.5インチHDD、32Gバイト FLASHメモリ搭載モデルを用意するなど、中身も大きく進化しているのである。写真は、高級感のある4つのカラーラインアップ。

ソニースタイル

www.styleate.com|旅行情報ハワイ沖縄 米Motorolaは5月15日、RAZR2を含む2007年モデルを一挙に発表した。RAZR2の発売は7月の予定で、MOTO Z8、MOTO Q 9、ROKR Z6は、6月に欧州およびアジアで出荷開始の予定。

 RAZR2 V8はGSM、同V9は3G HSDPA、同V9mはEVDO CDMA対応。いずれも従来のRAZRより2ミリ薄く、CrystalTalk技術により通話音質が向上した。デジタル音楽の記録・再生が可能で、メモリ容量は最高2Gバイト。V9ではほかのユーザーにリアルタイムで動画を配信する新機能がついた。V8では、電話を閉じた状態でも事前に作成したテキストメッセージを送信できる。

www.styleate.com|ルイヴィトングッチクロエ MOTO Z8はHSDPA対応、音楽を3.6Mbpsでダウンロードできる。メモリを最高32Gバイトまで拡張できる。2時間の映画でも12本分、音楽なら70時間分取り込める。動画は30フレーム毎秒で撮影、再生が可能だ。またCNN、BSkyBなどのモバイルテレビの視聴が可能。Z8は、Universal Picturesの映画「ボーン・アイデンティティー」入りの512MバイトmicroSDカードつきで出荷される予定。

「MOTO Q」の後継機種であるMOTO Q 9は、Windows Mobile 6.0、QWERTYキーボードを搭載。今週中にまずイタリアで発売となる。

 音楽携帯ROKR Z6はスライド式で、電話機能と音楽再生機能をボタン1つでスイッチできる。音楽ライブラリへのアクセスは、専用キーとナビゲーションホイールで行う。Windows Media Player搭載により、PCで購入した音楽の転送が容易に行え、またPCに接続している最中でも通話することができる。Bluetooth対応ヘッドセットを使えば、ワイヤレスで音楽を楽しむことが可能。

www.styleate.com|ワインコスメエステwww.styleate.com|ルイヴィトンハワイ
またMotorolaはNapsterと新たなマーケティング契約を締結、MotorolaユーザーはNapsterにアクセスし、ROKR Z6を含むROKR携帯に音楽コンテンツをダウンロード購入できるようになるという。

www.styleate.com|クロエコーチルイヴィトン
 KDDIと沖縄セルラーは5月14日、au携帯電話端末「MEDIA SKIN」のスペシャルカラー・エディションとなる「PASTEL BLUE」を、特設サイト上で限定販売すると発表した。

 この製品は、3月23日から4月19日にかけて同社が実施した、オンライン投票で選ばれたスペシャルカラーエディション。購入者には、デザイナーである吉岡徳仁がデザインした特製ビニールバッグおよびシリアルナンバー入り特製ストラップが特典としてプレゼントされる。

 販売数は3000台限定で、auのウェブサイト上からアクセスできる特設ページのみで抽選販売する予定。予約受付期間は5月22日午前10時から6月11日午後18時までとなっており、抽選結果は7月2日から7月末にかけて当選者にメールで通知される。価格は税込2万6250円で送料は無料。auプレミアムメンバーズ会員の場合は5250円が割り引かれる。

www.styleate.com|ルイヴィトングッチクロエ ソニーは5月14日、有効画素数1210万画素のCCDなどを搭載したWシリーズの最上位機種「サイバーショット DSC-W200」を、6月1日より発売すると発表した。

 今回発売されるDSC-W200は、同クラスで世界初となる有効画素数1210万画素の1/1.7型Super HAD CCDを採用。カール ツァイスの「バリオ・テッサー」レンズや新開発の画像処理エンジン「BIONZ」によって「美しい画像表現を可能としている」(ソニー)。

「サイバーショット DSC-W200」  また、手ブレを抑える「光学式手ブレ補正」機能や、撮影状況に応じて自動で最大ISO6400までの高感度撮影が可能な「EX高感度モード」も装備。そのほか、1920×1080画素のハイビジョンに対応した静止画出力機能、音楽付きスライドショー機能「音フォト」、人物の表情が美しく撮れる顔検出機能「顔キメ」、画質劣化の少ないスマートズームなども特徴だ。

 カラーはシルバーのみで、価格はオープン。市場推定価格は5万円前後となっている。

ソニースタイル

styleate.com|ルイヴィトングッチ
 今回投入された「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」は、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の個人向けノートPCにおいてメインストリームに位置付けられる製品で、15.4インチのワイド液晶ディスプレイ(1280×800ドット)を搭載したインテルプラットフォーム機「dv6200/CT」の後継モデルに当たる。1モデルでの展開となるが、従来通り同社の直販サイト「HP Directplus」での仕様変更が可能だ。なお、AMDプラットフォーム機の「dv6205/CT」は継続して販売される。

 最大の特徴は、インテルから発表されたばかりの次世代プラットフォーム「Santa Rosa(開発コード名)」を採用したことだ。チップセットは統合型のIntel GM965 Expressを搭載し、CPUにはFSB 800MHz対応のCore 2 Duo T7300(2.0GHz/L2キャッシュ4Mバイト)と同T7100(1.8GHz/L2キャッシュ2Mバイト)が用意されている。無線LANはIEEE 802.11nをサポートした「Intel Wireless Link 4965AGN」(開発コード名:Kedron)ではなく、IEEE802.11a/g/b対応の「PRO/Wireless 3945ABG」+Bluetooth 2.0を内蔵する。

 現時点でNAND型フラッシュメモリを使った「Turbo Memory」のオプションはなく、グラフィックス機能もチップセット内蔵のIntel Graphics Media Accelerator X3100のみだ。ちなみに、メモリは1024Mバイトか2048Mバイト(PC2-5300)から、HDDは80/120/160Gバイト(いずれも5400rpm)からの選択となる。

 もう1つの見どころは、液晶ディスプレイの背面とパームレストに新デザインの「ZEN-Design Shizuku(雫)」を導入したことだ。これまでは、禅寺の石庭をイメージした「ZEN-Design Samon(砂紋)」を継続採用していたが、新しいパターンが早速登場した。もちろん、HP Imprintと呼ばれる光沢感のある表面塗装は健在で、見ためのよさとキズのつきにくさを兼ね備えている。
www.styleate.com|ルイヴィトンクロエ
 OSはWindows Vista Home Premiumで、dv6200/CTと異なり前面の光デジタル音声出力機能が省かれたほか、オプションのWebカメラの画素数が1.3メガから0.3メガにダウンした。一方、新たに指紋認証ユニットがBTOメニューに加わり、選択時は右パームレスト上部(カーソルキー下)にユニットが内蔵される。価格はWebカメラとのセットでプラス3990円だ。なお、ExpressCardスロットに収納可能なHPモバイルリモートコントローラは標準で付属する。

 発売は5月10日から行われ、最小構成価格は12万9990円となる予定だ。

HP Pavilion Notebook PC

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエグッチ 今回紹介する「YP-K5AB」は、本体をスライドさせると、スピーカーが現れる独特なデザインのデジタルプレイヤーだ。販売はサムスンダイレクトショップのみとなる。

 本体に音楽を転送したり、充電をする際は、USBケーブルでPCと接続する。電源ケーブルは付属せず、充電をする際はPCとの接続が必須となる。

 黒の鏡面仕上げが施されたプレイヤー本体は、ブルーライトの操作パッドとシンプルな画面表示で、デザイン性が高い。欧米では“デザインのサムスン”というイメージが浸透してるのも理解できる。サイズは厚さ18.1mm、長さ47.5mmと折りたたみタイプの携帯電話と同等で持ちやすい。

 操作はタッチパネル方式を採用しているためか、上、左、その間にあるバックボタンと、それぞれ位置が近く、押し間違えることも。ブラインド操作をするまでには慣れが必要だろう。

 なお、本体取り出し時などにタッチパッドの誤操作を防ぐため、操作を終了後は、プレイヤー上部のホールドスイッチを常に入れておいた方がいいだろう。

サムスンダイレクト

www.styleate.com || ルイヴィトンクロエグッチ
 玩具メーカー大手のMattelが、バービー人形をデザインに取り入れたMP3プレーヤー「Barbie Girls」を発表した。Mattelは、この新しい玩具で、MGA Entertainmentの人形「Bratz」や、Ganzの提供するオンラインとの連携が可能なぬいぐるみ「Webkinz」など、いま米国のローティーンたちの間で人気となっているグッズや、Appleの「iPod」に対抗したい意向だ。このデバイスは少女向けのオンライン仮想コミュニティー「BarbieGirls.com」と連携可能になっている。7月に発売する計画で、価格は約60ドルになる予定。大きさは4.5インチ(約11cm)。512Mバイトのメモリと最大2GバイトのminiSDカードを搭載することができる。

www.styleate.com||グッチルイヴィトンクロエ 松下電器産業は4月25日、モバイルノート「Let's note」3シリーズの新製品を5月18日より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、10.4型液晶を搭載した「Rシリーズ(CF-R6)」、12.1型液晶を搭載した「Tシリーズ(CF-T5)」、12.1型液晶およびスーパーマルチドライブを内蔵した「Wシリーズ(CF-W5)」の3シリーズ。いずれもCore 2 Duo U7500や1Gバイトメモリ、80GバイトのHDDを採用し、従来モデルと比べ大幅な基本スペックの向上が図られている。

 本体重量についてはCF-R6が約940g、CF-T5およびCF-W5が約1270gと軽量設計を踏襲。標準バッテリーでの駆動時間は約7.5時間、約13時間、約10時間と、外出先でも安心して使える仕様となっている。また、落下試験や加圧振動試験に耐えるタフネス設計、CF-R6のキーボード全面防滴なども特徴だ。

Let's note

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエグッチ
 オーディオテクニカは、全6色のカラーバリエーションを揃えたインナーイヤー型ヘッドフォン「ATH-CK1」を発売する。発売は5月25日より。価格は各2520円となる。

 同梱のイヤーピースにはS、Mに加え、XSを付属しているため、耳の小さな人向き。インナーイヤータイプのため音漏れしづらく、コードも1.2mと、ロングタイプが採用されており、外出先での使用を考慮された設計だ。

 カラーバリエーションはグリーン、オレンジ、ピンク、パープル、ホワイト、イエローの全6色。どれもシャイニーな質感だ。カラーバリエーションに合わせ、キャリングケースも全6色が用意されており、カラーに合わせた花のモチーフが施されている。

www.styleate.com||ルイヴィトングッチクロエ ソニーは4月23日、楽曲の保存やウォークマンなどへの高速転送が可能なHDDオーディオレコーダー「NAC-HD1」を、5月21日より発売すると発表した。

 今回発売されるNAC-HD1は250GバイトのHDDを内蔵しており、CDはもちろんFMおよびAMラジオ、音楽配信、外部音源などさまざまなソースから楽曲を録音できるHDDオーディオレコーダーだ。録音と再生はCDと同じ非圧縮のリニアPCMに対応し、スピーカーやアンプと組み合わせれば高音質で楽曲を楽しむことができる。

「NAC-HD1」  250GバイトのHDDには、CDで約380枚相当を録音可能。また、CDからHDDへ最大約16倍速での高速録音、デジタルやアナログ音源の波形データからの解析ができる音楽タイトルの自動取得機能、気分や時間帯に合わせて楽曲を自動再生する「おまかせチャンネル」機能など、多彩な便利機能を装備しているのも特徴だ。

 さらに、USB端子に接続して転送ボタンを押すだけで、ウォークマン、PSP、携帯電話、USBストレージなど各種機器への高速転送が行えるのも見逃せないポイント。ちなみにウォークマンの場合は最大約50倍速の転送が可能だ。なお、希望小売価格は税込11万250円となっている。

ソニースタイル

www.styleate.com||ルイヴィトン/グッチ/クロエ オンキヨーは4月20日、本格ホームシアターに必要な設定を自動化した7.1ch対応のAVアンプ「TX-SA505」を、5月18日より発売すると発表した。

 今回発売されるTX-SA505は、エントリークラスながら充実の機能を備えた7.1ch対応の高品位AVアンプだ。スピーカーの距離や数から最適な視聴エリアを自動設定するオートスピーカーセットアップ「Audyssey 2EQ機能」に加え、臨場感あふれるバーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensional」、ジャンルに応じて選べる7種類のオリジナルサラウンドモードなどを搭載し、初心者への操作性も考慮されている。

「TX-SA505」  また、ブルーレイおよびHD DVDプレーヤーとの接続が可能な7.1ch音声入力端子を標準装備するほか、iPodをリモコンで手軽に操作できる別売オプション「DS-A1」にも対応。音質面については、デジタル機器特有のノイズを完全に除去する特許技術「VLSC(Vector Linear ShapingCircuitry)」などにより、高度なサウンド環境を実現している。

 なお、予定希望小売価格は税込5万400円となっている。

オンキヨー

www.styleate.com || ルイヴィトン/クロエ/グッチ
 株式会社タカラトミーが、1984年の誕生から全世界累計出荷数3億個以上を誇る、世界で最も有名なロボット「トランスフォーマー」と、株式会社ナイキジャパンが誇る、人間の足の研究技術と成果を集積した最新モデルシューズ「NIKE FREE 7.0」を、『トランスフォーム(変形)』というテーマでコラボレートした新商品、 正義の司令官コンボイに変形する「TRANSFORMERS SPORTS LABEL CONVOY feat. NIKE FREE 7.0」(赤/白)と、悪の破壊大帝メガトロンに変形する「TRANSFORMERS SPORTS LABEL MEGATRON feat. NIKE FREE 7.0」(黒/グレー)を2007年4月26日より、各2,625円(税込)で発売する。

 NIKEの完全監修のもと、今春発売の最新モデルシューズ「NIKE FREE 7.0」の細部のディテールまで完全に再現し、サイズは27センチの1/2スケールで、11段階のステップを踏んでシューズからトランスフォーマーに変形する。

www.styleate.com||ルイヴィトン,クロエ,グッチ ソニーは4月10日、VAIOシリーズの夏モデルを発表した。大画面ノートタイプでは、Type N、Type F、type Cの店頭販売モデルを4月21日より発売を開始する。HDDの容量やCPUを強化したマイナーチェンジモデルだ。VAIOオーナーメードモデル(CTO)は春モデルを継続するという。

type Uに続くフラッシュメモリ搭載PC  モバイル向けPCとしては、Type Gに32Gバイトのフラッシュメモリを搭載したVAIOオーナーメードモデルが加わった。ソニーとしては、小型モバイルPC type Uに続くフラッシュメモリ搭載PCになる。発売は4月10日。価格は22万9800円~。

 フラッシュメモリを搭載することで、HDD搭載モデル(約898g)から40g近く軽い、約859gになった。12.1型搭載のノートPCとしては、世界最軽量という。またフラッシュメモリの特性から、起動も同社の同じtype GのHDD搭載モデルとフラッシュメモリモデルを比較した場合、起動時間が100GバイトHDDで約23秒。40GバイトHDDモデルと比較すると、約45秒程度高速化したという。

type L  このほか、デスクトップPCのラインアップとして、type LのVAIOオーナーメードモデルを4月10日より発売する。テレビなしが選択できるようになったほか、CPUやHDD容量などの基本スペックがアップした。店頭モデルは4月21日より発売を開始する。

ソニースタイル

www.styleate.com || ルイヴィトンハワイ沖縄 アイソニックは、米国で販売されているiPod用プライベートシアター「myvu」を4月12日に発売する。発売に先駆けて4月6日から予約を開始する。

 myvuは、サングラスのようなディスプレイユニットを掛けるだけで、2m先に27インチの画面が出現し、映像を視聴できるプライベートシアター。ディスプレイユニット約100g、バッテリーパック約250g、コントロールユニット約25gの構成となる。

 再生、停止、音量調整などは、すべてリモコンで操作可能。付属のバッテリーパックは、最大8時間稼働し、iPod本体と合わせると、10時間以上の動画再生ができる。

 画質は320×240、24ビットのフルサイズ画像で、iPodと同じ解像度。米myvuが特許を取得した光学技術、SolidOptex技術により、ディスプレイユニットの超薄型、軽量化を実現したとしている。

 販売希望価格は5万4800円。なお、「春のデジタル生活キャンペーン」として、4月6日開始の先行予約の先着100台に限り、特別価格4万9800円で予約を受け付ける。

Apple Storeへ

www.styleate.com[ルイヴィトン|グッチ|旅行情報|沖縄|ハワイ]  Microsoftは米国時間3月27日、アップグレード版である新しい「Xbox 360 ELITE」を発表した。120GバイトのハードドライブとHDMI端子を搭載する。ボディカラーはブラックで、価格は479ドルになる予定。

Xbox 360





www.styleate.com[ルイヴィトン@ハワイ@ワイン]
 Texas Instruments(TI)は、現在フロリダ州で開催中の「CTIA Wireless 2007」トレードショーにて、同社のデジタルライトプロセシング(DLP)技術をベースとした「超小型」プロジェクタの公開デモを実施している。同製品は、携帯電話に収まるほどの小さなビデオプロジェクタだ。左は、大画面テレビ等に搭載されている標準的なDLPチップ。右は、プロジェクタを搭載する携帯電話向けのDLPチップ。右のチップでもサイズは小さいが、かなり大きな画像を投影することができる。TIは、これらのチップを携帯電話に搭載することで、携帯電話を使用してより快適にビデオを見ることができるようにするとともに、当然ながら、より多くのチップの販売を狙っている。

 TIは、2007年の初めに開催された「Consumer Electronics Show(CES)」で、一部の記者に対して同製品のコンポーネントと試作品を披露した(CESでは、同社は試作品の写真撮影を禁止していたが、今回は許可されている)。携帯電話に実際に搭載されたプロジェクタの実物大の模型。電話部分は模型だが、プロジェクタは実際に機能する。当然ながら、今日市販されているプロジェクタのない一般的な携帯電話と比較して、多少サイズは大きい。

www.styleate.com
 「Ultra Mobile PC」(UMPC)が初めて披露されたのは2006年のCeBITだった。Microsoftが「Origami Project」という名でキャンペーンを展開していたこともあり、発表前からさまざまな憶測が飛びかっていた。最初のUMPCはサムスン電子の「Q1」だった。値段が高い割に性能が低く、バッテリ寿命も短いなど批判の声もあった。CeBIT 2007では、新しい第2世代目のUMPCが多く登場した。今回もサムスン電子が、「Windows Vista」に対応した「Q1 Ultra」で先行した。サムスン電子はQ1に対する不満点を解決する形で同デバイスを開発したようだ。

 Q1 Ultraの新しい工場出荷時オプションとしては、指紋センサー、デュアルモードカメラ(イメージキャプチャ時130万画素、ウェブカメラ時30万画素)。そのほか、ナビゲーションパック(車載用クレイドル、カーアダプタ、GPSレシーバ、マップ)と外部ドライブ、6セル拡張バッテリ。UltraはVista対応のため、1Gバイトのメモリを搭載する。Reutersによると価格は1200ユーロ(1580ドル)で5月から発売する予定だという。

www.styleate.com ウィルコムは3月19日、PHSの音声端末「9(nine)」に新色を追加、3月27日から販売開始すると発表した。

 nineは通信カード「W-SIM」に対応した音声端末で、高度化通信規格「W-OAM」に対応したW-SIMを利用できる端末だ。対応エリア内では最大204kbpsの速度でデータ通信を行うことができる。

 今回追加された新色はピンク。従来はモノトーンカラーでの展開のみだったが、大人の女性をターゲットにしたカラーとして追加された。販売は3月27日からだが、同社オンラインショップでは3月23日から予約を受け付ける。価格はオープン価格だが、同社オンラインショップでは「ウィルコム定額プラン」と「データ定額」に加入した新規契約の場合7800円となっている。

ウィルコム

www.styleate.com 日本人形の老舗・吉徳は、スターウォーズのダース・ベイダーをモデルにした鎧兜(よろいかぶと)の予約を、3月16日午前10時からネットで受け付ける。鎧床飾り(甲冑)が33万円(税別、以下同)、兜床飾り(兜のみ)が18万円で、受注生産限定。

 スターウォーズ30周年に合わせて製作した。仮面ライダーシリーズなどを手がけたフィギュア造型作家の竹谷隆之さんがデザインを考案。吉徳の人形職人が1体1体手作りする。グッチならwww.styleate.com

 サイズは、兜床飾りが80(高さ)×62(奥行き)×90(幅)センチ、鎧床飾りが70(高さ)×50(奥行き)×54(幅)センチ。ライトセイバーをイメージした赤いさやの刀と、赤い弓が附属する。

 初回予約は100体まで受け付け、引き渡しは受注の約2カ月後になる。「東京トイフェスティバル」(東京ビッグサイト、3月18日から)に出展して予約を受け付けるほか、5月に米国で行われるスターウォーズ30周年記念イベントにも出展する。

 同社は創業300年近い老舗だが「昔ながらの鎧を製作するだけでいいのだろうか?」と考えていたという。ダースベイダーは日本の鎧兜を参考にデザインされている上、今の新生児の父親はスターウォーズ世代ということもあり、ダースベイダーを甲冑にしようと決めた。

 五月人形の職人が製作するが「ダースベイダーは暗黒卿だからお節句にはふさわしくない」(同社)ため、端午の節句向けではない。

ダースベイダー鎧兜

海外旅行ならwww.styleate.com ラナは3月9日、ディズニーキャラクターをデザインしたMP3プレーヤー「mixstick」を発売すると発表した。

 mixstickは、ディズニーキャラクターのミッキーをイメージしたボタンにより、子供でも簡単に操作できるシンプルなMP3プレーヤーだ。インターフェースはUSB2.0で、内蔵メモリ512Mバイトのほか、最大1GバイトのSDメモリカード、MMCを利用できる。音楽再生フォーマットは MP3、WMA。PCのUSBポートに接続することで自動的に充電され、最大約8時間の連続再生が可能だ。

 カラーはシルバー、ホワイト、ミニーピンク、スティッチブルーの4色。価格は6279円が予定されており、ラナが運営するECサイトラナタウンおよびトイザラスにて、3月下旬より先行発売する。

グッチならwww.styleate.com 世界初のSideShow搭載ノートPCという「W5Fe」は、TFT LCD 2.8型QVGAのSideshowと12.1型のワイドTFT液晶を搭載。OSはWindows Vista Home Premium。CPUはIntel core Duo T2350で、DVDスーパーマルチドライブ、130万画素のカメラ、無線LANほかBluetoothも標準装備される。

 SideShowは、Windows Vistaのミニアプリケーション「SideShowガジェット」により、わざわざPCを起動しなくても、ノートPCを閉じたまま音楽を再生したり、 Outlook 2007に入れてあるスケジュールやメールをチェックしたりできるというものだ。

 マイクロソフトWindows本部コンシューマWindows製品部の森洋孝氏はSideShowについて「PCの補助ディスプレイで、PCをより便利に使うことを目的としたもの。PCだけでなく、リモコンや携帯電話をはじめ、SideShowだけでも独立したデバイスとして利用できる柔軟なもの」と話す。

 Sideshowは、Bluetoothで通信できるため、ノートPCのサブディスプレイとしての機能だけでなく、単体デバイスとしてもさまざまな可能性を持つ。CES 2007ではメールチェックも可能なデジタルフォトスタンドといったSideShow対応製品が登場している。

 ノキア・ジャパン、LVJグループ、セリュックス カンパニーは、GSM端末「Nokia 7360」の限定カラーとなる「Powder Pink」「「Black Chrome」を、ルイ・ヴィトン表参道ビル最上階にある会員向けサロン「CELUX」で3月1日~18日にかけて販売する。価格は32,340円。

ルイヴィトンならスタイレイト 「Nokia 7360」は、ノキアが展開するファッションブランド「L'Amour Collection」シリーズとして発売中のGSM端末。今回発売される「Powder Pink」「Black Chrome」は、国内ではCELUXのみで販売される。

 シンプルなストレート型だが、ディスプレイ周辺や背面のカメラ周辺に、植物をモチーフにした模様があしらわれている。128×160ピクセルのカラー液晶ディスプレイやFMラジオ機能、ボイスレコーダー機能、VGAサイズの静止画撮影が可能なカメラなどを備える。大きさは約46×105×18mm、重さは約94g。連続通話時間は最大3.5時間、連続待受時間は最大400時間。

 なお、GSM方式となるため国内では利用できない。海外で利用する場合は別途、SIMカードなどが必要。購入したユーザーには、1年間の製品保証、英語版取扱説明書、国内外からの質問受付といった特典が用意される。

ファッションブランドならスタイレイトグローバルな旅行鞄メーカー「サムソナイト」のプレミアムライン、「サムソナイト・ブラックレーベル」。今春トップデザイナー、アレキサンダー・マックイーンとのコラボレーションが実現、最新鋭の高級トラベルデザイン「サムソナイト・ブラックレーベル バイ アレキサンダー・マックイーン」が誕生しました。2月21日(水)に世界同時発売します。自然と最先端の科学技術が融合した、まったく新しいユニークなコレクション。スーツケースは、マックイーン自身の人生における経験や旅行から得られたインスピレーションを反映して、人間の胴体やクロコダイルスキンを大胆にデザイン。トラベルバッグコレクションは、流れるような曲線のフォルムで美しくデザインされたガーメントバッグや機内持込用バッグが揃います。流行の最先端と最高のクラフツマンシップを取り入れた革新的なコレクションは、旅慣れた旅行者をも魅了するはず。「キャリースーツケース」 全2型/高さ55cm。 価格:134,400円。カラー:ブラック、ボーン。ほか全8種。

サムソナイト

High-End Life Style オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は2月16日、水深10mまでの水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS μ 770SW」を3月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。カラーはダークシルバー、ディープブルー、モカブラウンの3色。

 「μ・SWシリーズ」の特徴である水や衝撃に強い構造をさらに強化。従来機種では水深5mまでだった防水機能をJIS0920保護等級8相当となる、水深10mまで向上させた。ホコリや汚れ対策として、JIS0920保護等級6相当の防塵機能も備える。また、カメラ内部や外装の素材を工夫することで、マイナス10度の温度でも使用できるようにした。

 折り曲げ光学式レンズユニット、ボディ内部用の衝撃吸収材、電気基板の浮遊化、耐久性の高い外装用素材を採用しており、高さ1.5mから落下しても正常に動作する。ボディ外周にはステンレスを使用し、100kgf(重量キログラム)の荷重にも耐えることができる。

 そのほか、「水圧」「標高」「気圧」を測定できる圧力センサーをはじめ、スーパーマクロモードでの撮影時、シャッターボタンを半押しするとライトが光って手ブレを抑える「スーパーマクロLED」、撮影時や電源オフの状態でメニューボタンを長押しすると、懐中電灯のようにライトが光るワンタッチライトといった機能を搭載する。

 CCDは有効710万画素で、35ミリフィルムカメラ換算で38-114mmの光学3倍ズームレンズを搭載。モニターは、従来よりも輝度・コントラストを約20%高め、上下左右約170度の広視野角を持つ2.5型のハイパークリスタル液晶を採用した。

 記録媒体にはxD-ピクチャーカードを使用し、約18MBのメモリも内蔵する。電源はリチウムイオン充電池で、約220枚の撮影が可能。本体サイズは幅91.8 ×高さ59.2×奥行き20.6mm。電池とカードを除く重さは155g。

OLYMPUS μ 770SW

High-End Life Style ヒビノは2月15日、米国の音響機器メーカーであるShureの高遮音性イヤホン「SE210」と「SE310」を、3月15日より順次発売すると発表した。

 今回発売されるSE210とSE310は、長時間の使用でも疲れにくい優れた装着感に加え、高い遮音性能を実現したイヤホンだ。密閉度の高いイヤパッドを耳の穴に入れて装着するインイヤ型のため、交通機関や街の雑踏など騒がしいシーンでも、快適なリスニング環境を得ることができる。2004年のバージニア工科大学による調査では、周囲の騒音を最大で93%まで低減できることが実証されているという。また、音量を過度に大きくする必要がないので耳への負担や音漏れを抑えられるほか、電子回路を使ったアクティブ方式のノイズキャンセリングより自然な音質が得られるのも特徴だ。

 ドライバには、小型軽量かつ音声信号の変化に俊敏に反応するバランスド・アーマチュア型を採用しており、微細な音までクリアに再生することが可能。SE310のドライバには、ドライバ周辺の空気の流れを改善して低音の豊かさを増す「チューンド・ベースポート」も搭載されている。また、材質や形状、サイズなどが異なる3種類、全7ペアものイヤパッドが標準で付属しているのもポイントだ。そのほか、91cmの延長ケーブル、持ち運びに便利なキャリングポーチ、クリーニングツールなども同梱される。

 カラーバリエーションは、SE210が「ホワイト×グレー」と「ブラック」、SE310が「パールホワイト×ブラック」と「ブラック」の各2種類をラインアップ。価格はオープン価格で、発売日はSE210が3月15日、SE310が4月下旬を予定している。

Shure

High-End Life Style 家具製造販売のイデー(世田谷区)は2月10日、青山に家具ショップやギャラリーを併設した直営店「イデーショップ エカルテ」(渋谷区神宮前5、TEL 03-3409-6581)をオープンした。

 同店は、昨年9月イデーが良品計画(豊島区)に対して行った事業譲渡から初めて開く直営店。骨董通り近くの旗艦店「イデーショップ本店」(港区南青山6)は昨年5月に閉店している。

 新店舗は1階と地階を売り場にした「隠れ家」風のショップで、店舗面積は約90坪。中庭が吹き抜けになった地階ではオリジナルのインテリア商材をメインに扱うほか、1階はインテリア雑貨や食器、アクセサリー、本などを扱うミュージアムショップとギャラリー、フラワーショップで構成する。家具はオリジナルが9割以上で、ミュージアムショップで扱う商品は7割~8割が買い付け・仕入れ品という。

 ギャラリーではオープン記念展として3つの企画を同時に展開。これまでにもイデーで家具デザイン・開発を手がけてきたという岡嶌要さんは、三角形のスケール(=うろこ)をさまざまな角度に連結させながら立体を作り上げていく独自の作品「ダイアモンドスケール」を披露。(写真奥)

 並んで展示したダイニングチェア(写真手前)は、建築家で家具デザイナーの長大作さんが1953年に発表した作品「ダイニングチェア」のオリジナルを忠実に再現した復刻版。会場では、「日本とスロヴァキアのカクテルグラス展」として、1910年の創業以来、文京区で3代続く老舗ガラスメーカー「木村硝子店」と、スロヴァキアの老舗「RONA.S.R.L」社によるハンドメードのカクテルグラスも展示・販売している。

イデー

High-End Life Style Royal Philips Electronicsの一部門であるPolymer Visionは来週、モバイル技術の展示会3GSM World Congress(3GSM)で、同社が世界初という「ロールアップディスプレイ」を搭載した携帯電話端末の発表を予定している。

 「Readius」と呼ばれるこの端末は、ロールアップ型のグレースケールスクリーンを搭載し、第3世代(3G)携帯電話に対応したPDA/電子書籍リーダー一体型機器だという。Telecom Italia Mobile(TIM)が通信事業者として初めて同機器をリリースする予定で、2007年末に発売する予定。Polymer Visionから、英国の事業者と交渉しているとの発表はまだ確認されていない。
High-End Life Style Polymer Visionによると、同機器に搭載されているタッチスクリーンは、本体から最大5インチ(約12.7cm)引き延ばすことが可能で、コントラスト、反射率ともに高く、「印刷物を読んでいるような読みやすさ」を提供するという。また将来的には、カラー表示機能や動画表示機能を盛り込むとしている。

 TIMの顧客は、自分のモバイルネットワークSIMカードを通じてReadius向けの新聞や電子書籍をダウンロード可能になる予定だ。Readiusはまた、Wi-Fi接続機能やmini USBポートを備え、「携帯電話用のモバイル機能(EDGE/UMTS方式)と、放送用のモバイル機能(DVB-Hを介したIPデータキャスティング)が最適な形で統合されている」とTIMは説明する。またReadiusは、音楽プレーヤーとしても使用可能だ。

 Polymer Visionによると、Readiusに搭載されている発光ダイオード(LED)スクリーンは消費電力が少ないため、Readiusは平均で10日に1度の充電で済むという。

 Polymer Visionのマーケティング担当バイスプレジデントであるThomas van der Zijden氏によると、Readiusの初期生産台数は「数十万台」になるという。同氏は、「モバイル業界の中では大変少ない数」としながらも「この数字はあくまで出発点で、必要ならば生産台数を拡大する」としている。

Readius

High-End Life Style
 リアル・フリート(渋谷区神宮前6)は家電ブランド「アマダナ(amadana)」から新製品となる冷蔵庫2機種(260Lタイプ、410Lタイプ)を発表した。同ブランド直営店などで3月30日より、順次販売を開始する。

 冷蔵庫「ZR-241」(260Lタイプ=写真)は、上下2段式でシングルドアのスタンダードタイプ。シンプルなボディーに「削り出し」の技法で作る2段式でシングルドアのスタンダードタイプ。シンプルなボディーに「削り出し」の技法で作る強化木のハンドルを取り付けたデザインが特徴で、上段には冷蔵室、下段にはケース収納式のフリーザーをそれぞれ配置した。

 ZR-241のサイズは、外形寸法(ミリ)=幅555×縦1,610×奥行き635、質量=55キロ。カラーは、ブラック(BK)、ホワイト(WH)の2種類を用意する。価格は147,000円。

 冷蔵庫「ZR-141」(410Lタイプ)は、上下左右に扉を設けた大容量タイプ。スタンダードタイプと同様、ブラック・ホワイトの2カラーを用意した同タイプは、細部にも同一色を使用し全体のトーンを統一し、インテリアを選ばないデザインを採用。青色、オレンジ色のLEDを搭載した高湿度の「野菜室」では、ラップをかけずに野菜を保存することができるという。

 サイズは、外形寸法=幅685×縦1,798×奥行き639、質量=87キロ。価格は231,000円。大型の同タイプには、スライダーで高さを調節できる可動棚を付属として付ける。BALS STORE中目黒店、表参道ヒルズ店などのブランド直営店と公式サイト、全国のパートナーショップで販売する。

アマダナ(amadana)

amadana

High-End Life Style 米バッグメーカー、サムソナイト・コーポレーション(本社=コロラド州)の日本法人「サムソナイト・ジャパン」(港区)は、主力の「サムソナイト」コレクションのみを扱う日本初の店舗を恵比寿三越(渋谷区恵比寿4)内にオープンする。

 スーツケースやビジネスバッグ、キッズ向けバッグなどフルラインに近い品ぞろえを誇る直営店として、新作や限定商品を随時投入、サムソナイトブランドの「発信基地」に位置づける。出店場所は恵比寿三越2階で、店名は「サムソナイト 恵比寿 三越店」(TEL 03-5423-1111=代表)。白を基調にベージュや木目のパーツを差し込んだ内装は、各国のサムソナイトストアの内装も手がける「ギヨ+アーキテクツ(G+a)」がデザインを担当する。店舗面積は約10坪。

 取り扱うのは、軽量でカラーバリーエションも多い定番スーツケース「エアリス」(2万円台~)や、米本社CEOが自ら企画したというナイロン素材のビジネスライン「プロ・ディーエルエックス」(2万円台~5万円台)、強度で軽量、モダンなデザインが特徴の「グラヴィトン」シリーズの定番商品(4万円台~5万円台)など。「ペンギン」「タイガー」などのモチーフが特徴的な子供向けのスクールバッグ「サミーズ」シリーズには、新作が登場。店内では、女性向けのビジネスコレクション「ヴィリア」などの限定商品や、オリジナルシューズも販売する。

サムソナイト

High-End Life Style
アップルがフラッシュメモリプレーヤー「iPod shuffle」にカラーバリエーションモデルを追加。既存のシルバーをあわせて5色展開に。

 アップルは1月30日、フラッシュメモリプレーヤー「iPod shuffle」にカラーバリエーションモデルを追加、同日より販売を開始した。価格は既存製品(シルバー)と変わらず1Gバイトのメモリを搭載し、 9800円。販売はオンラインの「Apple Store」ならびに各直営店、各種販売店で行われる。

 追加されたのは、ピンク/グリーン/ブルー/オレンジの4色で、既存のシルバーを加えて、全5色の展開となった。ちなみに、iPod nanoはシルバー/ピンク/ピンク/グリーン/ブルー/ブラックの5色と、RED Special Editionの合計6色展開。

 「これからは5つの鮮やかな色から好きなものをお選びいただけます。もちろん5色全部揃えるのもいいでしょう。」とは、同社ワールドワイドiPodプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントのグレッグ・ジョズウィアック氏。

 カラー以外は既存製品と変わらず、41.2(幅)×27.3(高さ)×10.5(厚さ、クリップ部を除く)・約15グラムのアルミ製ボディにはクリップが一体化しており、エリやカバンへ気軽に装着できる。液晶は搭載しておらず、バッテリーの駆動時間は12時間。充電及びiTuensとのシンクは、専用の「iPod shuffle Dock」のUSBケーブルを介してパソコンまたは電源アダプタから行う。

High-End Life Style
タカラトミーは、ハイスペックで低価格な二足歩行ヒューマノイド型ロボット『Omnibot2007 i-SOBOT』(オムニボット2007アイソボット)を開発、7月に発売すると発表した。身長165mm、組み立て済みで予価3万1290円。

小型のサーボモータを独自開発することにより、世界最小(タカラトミー)とされる小型化と低価格化を実現した。サーボモータは17カ所に組み込まれ、ジャイロセンサーによりバランスをとりながら多彩でスムーズなアクションを行う。

5種類のアクションモード:リモートコントロール、プログラム、スペシャルアクション、ボイスコントロール、ダンスの搭載を予定している。音声命令(ボイスコントロール)とダンス機能は他社の2足歩行ホビーロボットには搭載されていない、タカラトミーの独自機能。

また、本体にはスピーカーが内蔵されており、言葉や効果音、音楽などを出しながらアクションを行なう。

High-End Life Style ASUSTeK Computerは、イタリア自動車メーカーのLamborghini(ランボルギーニ)と共同で開発されたハイエンドノートPCの最新モデル「VX2」を発表した。正式な販売価格やスペックなどの詳細は明らかにされていない。

すでに同社は、ランボルギーニとの初のコラボレーション開発モデル「VX1」を販売中。ノートPCの本体ボディにはアルミニウム合金が採用されており、48時間かけた4層塗装のカラーリングにより、高級車イメージを醸し出すデザインにこだわった仕上がりを見せているという。また、本体底面には、特製ロゴ入りのシリアルナンバー銘板が装備され、生産台数限定のオリジナルモデルとなっているようだ。

新たに発表されたVX2は、OSにWindows Vistaを標準採用。詳細スペックは明らかにされていないものの、Intel Centrino Duo Mobile Technologyの最新プラットフォームが搭載されるという。VX1と同様に、ブラックカラーおよびイエローカラーの2モデルが用意され、ランボルギーニ車内のインテリア感覚を再現する、ブラック/イエローのツートンカラーで革張りのパームレストエリアなど、VX1より一層のデザイン性向上が図られたとされる。

ランボルギーニCEO兼社長のステファン・ヴィンケルマン氏は「デザインとテクノロジーの両面で多大の努力が払われて、ASUS・ランボルギーニのコラボレーションによるノートPCの新モデルが誕生した。VX2が、ボディおよびスピリッツの両面で、忠実にランボルギーニを再現して仕上がっていると評価することができるのは、大変喜ばしいことだ」とコメントしている。

Lamborghini
ASUSTeK Computer

High-End Life Style ソニーは1月16日、1366×768ドット表示の11.1インチワイド液晶ディスプレイを備えた2スピンドルモバイルノートPC「VAIO type T」のVista搭載モデルを発表した。従来2台あった店頭販売モデルの数をワンセグ対応の1台に減らす一方、直販のVAIO・OWNER・MADEモデルはカラーバリエーションを6色に増やし、CTOメニューを充実させている。価格はオープン、発売は1月30日からの予定だ。

 店頭販売モデル「VGN-TX73B/B」は、ブラックカラーを採用する。Windows Vista Home Premium、Office 2007 Personalを搭載した構成で、実売予想価格は24万円前後だ。従来機と比較して、CPUをCeleron M 423(1.06GHz)からCeleron M 433(1.2GHz)に、メモリを512Mバイトから1024Mバイトに強化している。80GバイトのHDDや2層対応のDVDスーパーマルチドライブは従来通りだ。

 ボディの形状やインタフェースに変更はない。本体サイズは272.4(幅)×195.1(奥行き)×21~28.5(高さ)ミリ、重量は約1.27キロとなっている。バッテリ駆動時間は約7時間だ。指紋センサーとTPMセキュリティチップによるセキュリティ機能、100BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11a/g/bの無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、FAXモデムを網羅した通信機能、FeliCaポートやワンセグチューナーの搭載も継承している。

 VAIO・OWNER・MADEモデルは、CPUのCore Solo U1500(1.33)をはじめ、メモリやHDDのCTOメニューがアップグレードした。Windows Vistaのエディションは、Home Premium、Home Basic、Businesssから選択できる。カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、カッパーの3色に加えて、プレミアムカラーとしてボルドー、グリーン、ロゼの3色が+5000円で選べるようになった。

 type Tの採用するマルチレイヤーカーボンは素材の色が黒なので、通常の塗装では色調を再現しにくい。そのため、これまではモノトーンやダーク系の色が多かったが、今回採用したプレミアムカラーの3色は天板に特殊塗装を施してから、職人による手吹き作業で着色を行い、艶のある色と質感を実現したという。

VAIO type T

High-End Life Style ソニーの薄型軽量モバイルノートPC「VAIO type G」は、ビジネス向けモデルらしくVista Businessを採用。1000台限定カラーも用意される。

店頭販売の1スピンドルモデルVGN-G1LBN。カラーはシルバーを採用している VAIO type Gは、1024×768ドット表示の12.1インチ液晶ディスプレイを搭載した薄型軽量のモバイルノートPCだ。店頭販売モデルは、従来同様2台を用意。1スピンドルモデルの「VGN-G1LBN」と2スピンドルモデルの「VGN-G1KBN」が2月17日より発売される予定だ。価格はオープン、実売予想価格はVGN-G1LBNが23万5000円前後、VGN-G1KBNが25万5000円前後。OSはいずれもWindows Vista Businessを搭載する。

 VGN-G1KBNが2層対応のDVDスーパーマルチドライブを内蔵することを除けば、基本スペックはほぼ共通化されている。従来機と比べて、CPUはCore Solo U1300(1.06GHz)からCore Solo U1400(1.2GHz)に、メモリは512Mバイトから1Gバイトに増強された。ただし、VGN-G1LBNはオンボードで1Gバイトを実装しているのに対して、VGN-G1KBNは512Mバイトのオンボードメモリと512Mバイトのメモリモジュールの合計で1Gバイトを実現している。そのため、VGN-G1KBNはメモリスロットに空きがなく、メモリの最大容量がVGN-G1LBNより512Mバイト小さい1536Mバイトになる。

VAIOラインアップ

High-End Life Style auは、携帯電話の2007年春モデルを発表。ワンセグ視聴に対応した7モデルを含むWIN端末10機種を1月下旬以降に順次発売する。価格はオープンプライス。

 16日に発表された新ラインナップは、全機種が「au LISTEN MOBILE SERVICE」(LISMO)に対応。ワンセグは7機種が対応で、うち東芝の「W52T」、「W51T」、シャープ「W51SH」はデジタルラジオの受信も可能。

 そのほか、2.4型/26万色の有機ELを備えた「MEDIA SKIN」や、ワンセグ連続視聴時間が5時間30分の「W51CA」、FMトランスミッタ内蔵の「W51SA」も用意。IPS液晶を3モデルが装備するほか、全10機種にヤマハの音質補正技術「DBEX」を搭載する。

 ある市場調査会社のレポートによると、2006年のゲーム市場成長率は19%だったという。また12月単月の売り上げは37億ドルに達した。

 次世代家庭用ゲーム機もようやく出揃い、変遷の多かった2006年についても、時代の波を業界がどうとらえたのかという話題くらいしか残すところがなくなった。市場調査会社NPD Groupは米国時間1月11日、2006年12月と2006年通年における米国の小売向け販売実績を公表した。レポートによると、2006年の売り上げは記録的なものとなり、ほぼすべての分野に成長が見られたという。

 ハードウェア、ソフトウェア、周辺機器の売り上げを合計すると、米国のゲーム市場は年間125億ドル規模になり、米国市場としては過去最高であった2005年の105億ドルから19%成長した。2006年12月単月では37億ドルの売り上げがあり、2005年12月の29億ドルから27.8%増加している。資料には、パソコン用ゲーム、パソコン用オンラインゲームの利用料、ダウンロードコンテンツの売り上げは含まれていない。

 2006年12月のゲーム小売市場におけるゲームソフトの売り上げは17億ドルで、2005年12月と比べて5.4%の伸びであった。最近発売された「Wii」と「PLAYSTATION 3」(PS3)向けのゲームソフトが加わったにも関わらず、コンソール型ゲーム向けのソフト全体の売り上げは2005年からほとんど変化しておらず、0.5%の微増となった。一方、2006年12月の携帯型ゲームソフトの売り上げは2005年12月から大きく伸び、累積で18.8%増えて5億2160万ドルとなった。

 2006年12月のゲーム機販売台数は、Nintendo DSが160万台で首位、140万台のPlayStation 2と110万台のXbox 360がそれに続く。

 新しく投入された機種はアナリストの予想よりもやや勢いに欠け、2006年12月の販売台数は、Wiiが60万4200台、PS3が49万700台であった。2006年11月の販売も合算すると、米国内での2006年末までの販売台数は、Wiiが110万台、ソニーのPS3が68万7300台だった。

Wii
PS3
Xbox 360

 デル(ジム・メリット社長)は1月10日、個人向けPC「XPS」シリーズで、放熱性能に優れる「H2Cハイブリッド冷却システム」を搭載したデスクトップPC「XPS 710 H2C エディション」を発売した。価格は37万5060円から。

 同社製デスクトップPCで初めて、液体ラジエータと熱交換器の2段階で放熱する「H2Cハイブリッド冷却システム」を採用。優れた放熱性能による冷却効率の大幅な向上と、静音化を実現した。負荷の高いアプリケーションを使用する際も、発熱や騒音を気にせず使えるという。

 CPU はクアッドコアの「Core 2 Extreme QX6700(2.66GHz)」、グラフィックボードには「NVIDIA GeForce 7950 GTX 1GB」2枚などを搭載可能。メモリは最大4GB、HDDは最大2.25TB(750GB×3)まで増設可能で、合計7つのPCI/PCI Expressスロットを装備するなど高い拡張性を持つ。

 きょう体は「XPS 710」と同じくアルミ製で、前傾に傾くシャープなデザインはそのままに、専用の「オールブラックカラー」を採用することでハイエンドモデルに相応しいプレミアム感を演出した。「Core 2 Extreme QX6700」を選択したベーシック構成の価格は38万6610円。

XPS 710 H2C

 ゲーム情報誌を出版するエンターブレイン(東京都千代田区)は9日、任天堂の新型家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の国内販売台数が、昨年12月2日の発売からほぼ1カ月で100万台を突破したとの推計を発表した。

 ライバルのソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)3」は昨年末で約46万台にとどまっており、序盤ではWiiが大きくリードした。

 Wiiは、コントローラーをラケットやバットのように振り回して遊ぶなど、ユニークな操作方法を採用したのが特徴。PS3は画質や音質の高さを売りに、昨年11月11日に国内で発売された。任天堂とSCEは、昨年末までの国内出荷目標としていずれも100万台を掲げていた。

 Wiiが好調な理由について、エンターブレインの浜村弘一社長は「新しい遊び方の提案や豊富なソフトが受け入れられたのでは」と分析。

 販売台数は国内3500店の販売データを基にエンターブレインが推計した。

High-End Life Style 米Appleは、iPodと同様に音楽や映像の再生が可能で、OS Xが動作するGSM/EDGE対応の携帯電話「iPhone」を6月に北米向けに発売する。Cingular Wirelessとの2年契約が必要で、価格は4GBモデルが499ドル、8GBモデルが599ドル。CingularかAppleの販売店/通販サイトで販売する。なお、同社は現地時間の9日から、社名を従来のApple ComputerからAppleに変更した。
 欧州では2007年第4四半期、アジアでは2008年に発売される予定。なお、Quad-band(850/900/1800/1900MHz)GSM/EDGE対応の端末となっているため、日本ではそのまま携帯電話として利用することはできない。IEEE 802.11b/gやBluetooth 2.0もサポートする。
High-End Life Style OS Xが動作する携帯電話で、iPod機能も内蔵。3.5インチのタッチセンサー内蔵液晶ディスプレイを搭載し、解像度は320×480ドット。電話用に縦方向に持った際の前面上部にスピーカー、下部にマイクを内蔵している。外形寸法は115×61×11.6mm(縦×横×厚さ)で、重量は135g。

 前面に数字ボタンなどはなく、ディスプレイに表示されるアイコンや数字ボタンにタッチして操作可能。QWERTY配列のソフトウェアキーボードも備えている。音楽再生時の項目スクロールや、アルバムジャケットを使ったライブラリ表示メニューの選択なども、すべて指先のタッチで行なえる。同社ではこれを「Multi-touch」と呼んでいる。

 ビデオ再生iPodと同様に、音楽や動画の再生が可能。Mac OS X v10.4.8以降、もしくはWindows 2000/XPを搭載したパソコンと連携でき、iTunes 7からの同期も可能。Bluetooth 2.0もサポートしており、Bluetoothヘッドセットもアクセサリとして用意。上部にイヤフォン端子、下部にiPod Dock端子を備えている。

セットトップ・ボックス「Apple TV」(開発コード名は「iTV」)を発表した。「iTunes Store」からダウンロードしてパソコンに格納しているビデオ・コンテンツをテレビのワイドスクリーンで再生することが可能。価格は299ドルで,2月に出荷を開始する予定。

High-End Life Style 又、AppleはApple TVを発表。Apple TVは40Gバイトのハード・ディスクを内蔵し,「動画なら最大50時間,音楽なら最大9000曲,写真なら最大2万5000枚を保存できる」(同社)。HD 720pの再生にも対応する。ワイドスクリーン・テレビやホーム・シアターに接続できるほか,HDMI,コンポーネント・ビデオ,アナログ,光オーディオ端子に対応する。

 最大5台のコンピュータからコンテンツをストリーミング可能(オートシンクの場合は1台のみ)。無線LAN規格802.11nをサポートする。

Apple TV
Apple Store

High-End Life STyle
 PC販売のBrule(ブルレー)は1月9日、WindowsXP搭載の世界最小PC「OQO Model 01」の後継機「OQO Model 02」を、2月中旬に発売すると発表した。

 Model 02は、以前の機種よりも性能をグレードアップしながら、高さ84mm×幅142mm×奥行き25mm、450g以下の小型ボディを実現している。今回は全3モデルが発売される。

 一つは、CPUに1.2GHz VIA C7M ULVを採用し512Mバイトのメモリと30Gバイトのハードディスク(HDD)を搭載したモデル「OQO-02/30」。OSはWindows XP Homeを搭載している。

 二つめがCPUに1.5GHz VIA C7M ULVを採用し、1Gバイトのメモリと60GバイトのHDDを搭載したモデル「OQO-02/60/XPP」。OSにはWindows XP Proとなっている。

 そして、02/60/XPPと同じハードウェアにOSとしてWindows XP Tablet Editionを搭載した「OQO-02/60/TAB」。なお、搭載されているOSはすべて日本語版。

 価格は同社オンラインショップの価格でOQO-02/30が26万9800円、OQO-02/60/XPPが31万9800円、OQO-02/60/TABが33万9800円となっている。

High-End life Style
 シャープは、Consumer Electronics Show(CES)開幕前夜の米国時間1月7日に記者会見を開き、世界最大の108V型液晶テレビを披露した。

 このような巨大画面テレビの市場は小さいが、価格は時間の経過に伴って低下するし、懐疑的な見方のあったほかの大画面テレビも顧客を獲得している、とシャープ幹部らは指摘する。今回披露された108V型液晶テレビの発売は今夏で、価格は未定。

 Sharp Electronics AmericaのシニアバイスプレジデントBob Scaglione氏は、「65V型液晶テレビを発売したときは、これを疑問視する声が多かった」と明かした。このようなテレビは民生機でも売れる、と同氏は述べている。

 さらに重要なことは、このテレビが、プラズマテレビ業界と競合液晶メーカー各社に対する挑戦状である点だ。108インチの液晶は、既に発表済みの現在最大のプラズマテレビより大きいと、シャープの最高経営責任者(CEO)藤本俊彦氏は指摘している(プラズマテレビの最大サイズは約105インチ)。同テレビはまた、プラズマテレビより解像度が高く消費電力は低いという。こうちた大型テレビで採用されている技術は、いずれ小型の量産モデルにも投入されていくようになる。

 サムスン電子が、裏表の両面に異なる画像を表示できる、液晶ディスプレイ(LCD)パネルを世界で初めて開発したと発表した。

 サムスン電子は米国時間1月4日、新型のダブルスクリーンLCDでは、1枚のパネルの裏表同時に別々の画像やビジュアルデータを表示できると述べた。新型LCDは、(米国ラスベガスで8日から開催される)「2007 International CES」で披露される。

 新型LCDは、ディスプレイ両面の液晶表示を個別に制御可能なピクセルデザインを採用することによって実現した。個々のピクセルはLCDの駆動に必要な信号を送るゲート2対(回路のオンオフを制御するために電圧をかけられるトランジスタエレメント)を使って制御される。

 片面だけに画像が表示される通常のLCDの場合、1つのピクセルを映し出すのに必要なゲートは1対だけである。サムスン電子のダブルスクリーンLCDではピクセル1つ当たり2対のゲートを持っているため、1つのピクセルで2つのスクリーンに画像を映し出すことができる。スクリーンは2つともバックライトを光源に利用するが、片方は外光をより多く使用する。

 サムスン電子が開発したのは2.22インチのモバイル端末用画面。従来のモバイル端末に搭載されていた2枚のパネルを1枚で代用できるようになり、端末が少なくとも1mmは薄くなると同社は述べる。

 ダブルスクリーンLCDの利用例として想定されているのが、折りたたみ式の携帯電話だ。現在の携帯電話は、電話を折りたたんだ状態のときに利用する外部表示用のものと、電話を開いて利用する大きめのものと2枚のLCDを搭載する。これをダブルスクリーンLCD1枚で代用するようになれば、携帯電話は薄くなる。

 サムスン電子のLCD Businessでバイスプレジデントを務めるYun Jin-hyuk氏は声明で「われわれはモバイル製品の薄型化を促進する、先進的な技術を顧客に提供したいと考えている。新型のダブルスクリーンLCDは、その意欲の裏付けとなるものである。2007年前半には量産を開始する予定でおり、大きな需要を見込んでいる」と述べた。

 2つの画面を搭載する携帯端末用の技術としては、2004年2月に三菱電機が、裏表両面に画像を表示可能なディスプレイを発表していた。

 有機ポリマーを用いる、巻き取り収納が可能なディスプレイ技術も先頃より脚光を浴び始めている。3日にはPlastic Logicが、電子ペーパー用のコンポーネントを製造する工場をドイツのドレスデンで2008年に開設すると発表した。

 2006年にはHD DVDとBlu-ray Discという、いわゆる次世代DVDのハードとソフトが本格的に発売された年となった。2007年これらのDVDのシェア争いはさらに活発になると見られる。

 東芝はハードディスクドライブ(HDD)内蔵のHD DVDレコーダーを2006年7月に発売し、さらに2006年12月には5万円以下の低価格を実現した第2世代のHD DVDプレーヤーを発売し、これに対して松下電器産業からは2006年4月に、ソニーは12月に第2世代のHDD内蔵のBlu-ray Discレコーダーを発売した。

 松下は容量50Gバイトの片面2層ディスクへの記録および再生が可能なモデルを発売したのに対し、ソニーは片面2層ディスクには対応できなかったこともあり、ハードの性能を比較して松下がリードしている感は否めなかったが、松下とソニーがともに2006年中に第2世代機のハードの発売は間に合わせた。現在はHD DVDとBD両陣営は一歩も引かない構えで拡販に力を入れている。

 また、次世代DVDはゲーム機業界にも勢力争いを持ち込んでいる。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が2006年11月に発売したPLAYSTATION 3(PS3)にはBlu-ray Discの再生機能がある。これでHDD容量20Gバイトモデルの価格が5万円以下というのだから現時点では超格安と言える。一方マイクロソフトはXbox360のオプションとして2006年11月にHD DVDプレイヤーの「Xbox 360 HD DVDプレーヤー」を1万9800円で発売した。Xbox360のゲーム機を持っていれば、こちらもプレーヤーとしては格安だ。

 もちろん現状ではHD DVD、Blu-ray Discともにソフトの発売タイトル数はまだまだ少ないだけに、今すぐゲーム機で次世代DVDのソフトを観るということではなく、1年後、2年後、将来のソフトの充実に期待して次世代DVD再生機能のあるゲーム機を買ったというユーザーも多いが、ともかくこれで映画などの高画質コンテンツを観る環境は整ったと見て良いだろう。

High-End Life Style

High-End Life Style 
 MacPerfectは12月29日、iPod 5G(30Gバイト)用のプロテクターケース「iSkin Vibes for iPod 5G」を発表した。8モデルをラインアップ。価格はいずれも3980円となっている。

 ニューヨークで人気のイタリアンプランド「tokidoki」とのコラボレーション。ケースはシリコン製で、クリアインナーレイヤーの上に装着する仕組み。衝撃や傷からiPodを2重に保護するという。しかも、「目立って、楽しめること間違いなし」(同社)。

High-End Life Style レノボ・ジャパンは12月27日、個人ユーザー向けタブレットPC「ThinkPad X60 Tablet」の販売を開始したと発表した。12月5日に発表済みの法人向けモデルと同製品。価格は22万9950円。

 ThinkPad X60 Tabletは12インチのコンバーチブル型タブレットPC。デジタイザ・ペンまたは指で入力操作ができる。本体の向きを変えると画面の向きが自動的に変わるアクティブ・ローテーション機能を備える。

 主なスペックは、Core Duoプロセッサ L2500(1.83GHz)、512MBのPC2-5300 DDR2のメモリ、80GBの2.5インチハードディスク搭載など。バッテリ駆動時間は標準で3.1時間。無線LANにIEEE802.11a/b/g MIMO対応モジュールを搭載するほか、Bluetooth V2.0をサポートする。

ThinkPad X60 Tablet

High-End Life Style 世界的に有名なスイスの腕時計ブランドである「OMEGA(オメガ)」が、全国のマルイ各店及び4DOT WATCH各店舗(マルイの時計専門店)にて、1月1日(月)から1月31日(水)まで、「オメガフェア」を開催。

 充実したコレクションに加え、リニューアルしたNASAの公認クロノグラフ「スピードマスター オートマティック」シリーズの4 DOT WATCH限定モデル(336,000円)ほか、魅惑の時計たちが多数登場。

 何といっても注目は、映画『007』にオメガが着用されたのを記念した『シーマスター プロダイバーズ 007限定モデル』。当モデルは、シリーズ第17作目となる『007ゴールデンアイ』以降、ジェームス・ボンドの腕に光るダイバーズ・ウォッチとして知られているものです。ぜひこの機会に、ハリウッド俳優やスポーツ界を虜にするオメガの世界を覗いてみては。

オメガを購入

High-End Life Style KFE JAPANはMPEG-4での録画が可能なデジタルビデオカメラ「EXEMODE DV572」を発売する。有効509万画素のCMOSセンサーを搭載しながらも直販価格は1万4800円とリーズナブル。

 KFE JAPANは12月26日、有効509万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルビデオカメラ「EXEMODE DV572」を12月28日より販売開始すると発表した。価格は1万4800円で、直販サイト「EXEMODE E-SHOP」ならび「ネットプライス」にて販売される。

EXEMODE DV572
 新製品は1/1.8インチの有効509万画素のCMOSセンサーを搭載し、内蔵メモリ(32Mバイト)もしくはSDメモリーカード(別売)にMPEG-4での録画が行えるデジタルビデオカメラ。

 動画の保存形式はASF/AVI(音声はWAV)で、640×480ピクセルもしくは320×240ピクセルでの記録が可能(フレームレートはいずれも30fps)。JPEG形式での静止画撮影も可能で、静止画のサイズは4048×3040/2608×1952/1600×1200ピクセル。レンズは35ミリ換算で44ミリの単焦点レンズだが、最大4倍のデジタルズームを備える。

 2インチのTFTカラー液晶モニタを備えるほか、PC/Webカメラとしての利用も可能。フラッシュも搭載する。電源には単三形アルカリ乾電池を4本使用し、動画撮影時で約6時間56分、静止画撮影時で約620枚(CIPA基準)の撮影画行える。本体サイズは43.5(幅)×70(高さ)×120(奥行き)ミリ、約185グラム(電池除く)。

High-End Life Style オーディオテクニカは、超極細のヘッドバンドを採用したポータブルヘッドフォン「ATH-ON3」を発表した。発売は1月26日より。価格は2520円。

 ATH-ON3は、ワイヤーのように細いヘッドバンドを採用することにより、頭部へのストレスを軽減させた点がポイントだ。ヘッドバンドは長さの調節が行えるほか、イヤーパッド部をフラットに折りたたむことができる。

 イヤーパッド部はブラック、ライムグリーン、ペールグレー、セピアブラウン、ホワイトの全5色を用意。コードは鞄の中にデジタルオーディオプレーヤーを入れておいても操作しやすい1.2mを採用している。

e61000s.jpg ノキア・ジャパンは、フルキーボードを搭載したスマートフォン「E61」の国内出荷を開始したと発表した。Nokia Store、Nokia Online shop、ノキアの販売代理店で販売され、オンラインショップでの価格は57,540円。

 「E61」は、W-CDMAおよびGSM 850/900/1800/1900に対応したスマートフォン。802.11b/gの無線LAN機能もサポートし、Eメールクライアントやフルブラウザを搭載。プッシュ型メールやIP電話などオフィスでの無線LANを利用したソリューションにも対応する。WordやExcel、PowerPointは閲覧・編集ができるほか、PDFファイルの閲覧に対応。

 ディスプレイには2.8インチ、320×240ドット(QVGA)、約1,600万色表示の液晶を搭載。法人向けの機密管理をサポートする観点からカメラは非搭載としている。メモリは128MBで、ユーザーメモリは64MB。RAMは最大20MB。外部メモリとして2GBまでのminiSDカードをサポートし、64MBのminiSDカードがパッケージに同梱される。USB 2.0、赤外線通信、Bluetoothに対応する。

 連続待受時間はW-CDMA時で456時間、W-CDMAと無線LAN使用時で288時間。連続通話時間はW-CDMA時で300分、VoIP時で276分。ボディはケース内部・外部ともにマグネシウム合金を採用し堅牢性を高めている。大きさは117×69.7×14mmで、重さは144g。

S7_render02.jpg iriver japan(浅野樹美社長)は12月22日、記念切手大の超小型携帯オーディオ「Sシリーズ」の新モデル「S7シリーズ」を12月28日に発売すると発表した。同社オンラインショップ「iriver eストア」で先行予約受付を開始し、直販価格は9980円。「iriver eストア」とマウスコンピューターダイレクトショップ内の「アイリバーゾーン」限定で販売する。

 音楽再生機能とFMチューナー機能のみを搭載し「聴くだけ」の機能に絞ったプレーヤー。内蔵メモリは1GBで、本体カラーは前面がアイボリー、背面はブラウン。重さは15gと、首からかけていることを忘れてしまうほど超軽量。可愛らしいイラストが描かれた4つの操作ボタンには独自の「iriver D-Click System」インターフェイスを採用し、初心者でも直感的に操作することができる。

 マルチコーデックに対応し、MP3、WMA、OGGなどのファイル形式の再生が可能。3Dサウンド技術「SRS WOW HD」も搭載し、SRS、FOCUS、TRUBASS、BOOSTなど重低音とサラウンドサウンドの設定を調整して好みに合った音質を楽しむことができる。

2007年1月に米国で開催されるConsumer Electronics Show(CES)で、Microsoftは再び小型コンピュータを発表する計画だ。この最新タブレットは、最新OSの「Windows Vista」を搭載していることから「Vistagami」という開発コード名を持つ。Vistagamiは、キーボード搭載型のものを含め、いくつかの機種が登場するようだ。CESで基調講演を行うことになっているMicrosoftの最高経営責任者(CEO)Bill Gates氏は、オールインワン型のPCから奇抜なデザインのものまで、Vistaを搭載した新しいタイプのコンピュータについて話をすることになっており、スピーチの中、このVistagamiも紹介することになっている。

 だが、新しいデバイスが、このカテゴリの2大要件である価格とバッテリ持続時間を満たすかどうかは定かではない。

 Intelが発表した最新プラットフォーム「McCaslin」は電力効率の良いチップを提供することを狙っているが、登場は2007年の半ばを待たなければならない。この分野では、台湾のチップメーカー、VIA Technologiesも取り組んでおり、成果が期待されている。

 VIAのコーポレートマーケティング担当バイスプレジデント、Richard Brown氏は、「いま現在、VIAは低消費電力、小さなフォームファクタの2つでトップだ」と述べる。そして、VIAのチップに乗り換えたサムスン電子は、タブレット「Q1B」でバッテリ持続時間5時間を実現したことに触れた。これは、Intel製チップをベースとしたオリジナルのQ1と比べると2倍の持続時間という。

 店頭からHDD-DVDレコーダーのアナログモデルが徐々に姿を消し始めた。11月には地上デジタル放送(地デジ)対応率が67.2%と7割近くまで高まり、9割に達している薄型テレビの「地デジ化率」を追いかける。デジタル対応となると、ハイビジョンコンテンツの録画も増え、売れ筋の傾向にも影響を与えそうだ。さらに薄型テレビなどとの接続を簡単にする「リンク機能」など、HDD-DVDレコーダーに求められる機能が少しずつ変化している。そこで、この年末商戦を「BCNランキング」の12月速報値で切り出し、最新動向をまとめた。

●地デジ対応モデルが7割でアナログ機はフェードアウトか  
12 月は、例年HDD-DVDレコーダーをはじめとするAV機器が1年でもっとも売れる季節。今回は直近の動きを見るため、12月第1週(11月27日 -12月3日)から12月第3週(11-17日)までの3週間分を、12月の速報として集計。さらに対象も、本体にHDDを内蔵する、現在主流のタイプに絞って動向を探った。

 年末商戦の売れ筋第1位は、松下の「DMR-XW30」が獲得した。販売台数シェアは8.8%。2位には、1位とわずか0.5%差で、同じ松下のエントリーモデル「DMR-XP10」がランクインした。3位・4位はシャープの新旧2製品7.3%で「DV -AC32」、6.9%で「DV-ARW22」が続く。ここまではすべてデジタルチューナーを内蔵した地デジ対応モデルが占めた。5位にようやく、地上アナログ・BSアナログチューナー内蔵のアナログ専用モデル「RDR-VH85」がシェア5.1%で登場する。上位10位以内のアナログレコーダーは、ソニーのこの1機種のみ。注目の次世代機は、松下のBD レコーダー「DMR-BW200」の34位、0.8%が最高位。今のところ出足は鈍い。

High-End Life StyleKDDI、沖縄セルラーは、2006年12月21日、コンセプター坂井直樹氏プロデュースによるアールデコ調のエレガントなデザインを採用した新モデル「DRAPE」を翌22日より全国で販売開始すると発表した。

「DRAPE」は、「テレビ電話」、「デコレーションメール」などのコミュニケーションや LISMO「ビデオクリップ」などの音楽・映像サービス、最新ニュース・天気を自動的に受信して待受画面に表示できる「EZ ニュースフラッシュ」などに対応、324万画素カメラを内蔵する。

東北、関東、中部、北陸、中国、四国、沖縄の各エリアでは12月22日、北海道、関西、九州の各エリアでは12月23日に発売となる。

任天堂がOpera Softwareと提携し、「Opera」を「Wii」の公式ブラウザにすることにした。両社が19日に発表したところでは、試用版は任天堂の「Wii Shop Channel」で米国時間12月22日から無償でダウンロードできるようになるという。同ブラウザは、いずれ「Nintendo DS」にも対応する予定。

 WiiでOperaをダウンロードすると、「Internet Channel」が使えるようになり、テレビからインターネットを閲覧できるようになる。Operaと任天堂はそれぞれ、Wii用Operaの正式版発売が2007年3月になることを発表した(Operaはリンク先にあるようなマンガも発表している)。任天堂によると、正式版は3月から6月までの間は無償で提供されるものの、その後はWii Shop Channelで500 Wiiポイント(およそ5ドル)で購入する必要があるという。Operaは、PCやOS版に加え、スマートホン向けの「Opera Mobile」や携帯電話向けの「Opera Mini」など、既にポータブルデバイス向けのバージョンを提供している。

Wiiを購入  PS3を購入  Xbox360を購入

ついに「iPhone」がリリースされた!といっても、あのiPhoneではない。なんとCisco Systemsが発表したのである。

 CiscoのLinksys部門が、iPhoneと名付けられたハンドセットを含むVoIPデバイス製品ラインを新たに立ち上げた。

 この一報は、Apple Computerの携帯電話端末が登場するのを今か今かと待ち受けていたMac愛好者を悲嘆の底に突き落とした。噂では、Appleは「Macworld」カンファレンスでiPhoneを発表するとのことだった。しかし、さまざまなガジェットを紹介している「Gizmodo」ブログが、米国時間12月18日にiPhoneがリリースされると断言する記事を掲載し、Mac愛好者たちを騒然とさせる。結局は、このiPhoneとはLinksysのデバイスであることがわかったという顛末だ。

レノボ・ジャパンは12月15日、ノートPC「ThinkPad T」シリーズに同社初となる15.4インチワイド液晶搭載の新機種を追加、販売を開始したと発表した。

 15.4インチワイド液晶モデルが追加されたのは、A4スリムモバイル「ThinkPad T60」と、A4スリムモバイルワークステーション「ThinkPad T60p」の2製品。Tシリーズの革新性と性能はそのままに、重さ2.53kgとなっている。従来の15インチ液晶搭載モデルより、最薄部で2mm以上のコンパクト化が図られているのもポイントだ。

 CPUには両製品ともにインテルのCore 2 Duoを採用しパフォーマンスを向上。安定した通信を行えるThinkPad IEEE 802.11 a/b/g MIMO対応ワイヤレスLAN内蔵モデルもラインアップされている。そのほか、全モデルに高度なセキュリティ環境を実現する指紋センサーを標準装備している。

 価格は、T60が22万500円、T60pが39万7950円からとなっている。

High-End Life Style High-End Life Style
「S6F Leather Collection」は、11.1型WXGA(1.366×768ドット)液晶搭載の本革張りノートPCだ。一般の樹脂や金属だけで作られたノートPCと異なり、本体天板やパームレストに本革を張り込むことで、使えば使うほど風合いを得られる製品となっている。価格はオープン、実勢価格は289,800円前後。

米Googleは16日、「Google Earth 4」の新ベータ版をリリースしたことを明らかにした。Windows版とMac版が新たに公開されている。また、17日にはGoogle Earthのデータが更新され、各地で高解像度の画像が提供されていることも明らかにされた。

 16日に公開されたのはWindows版がバージョン「4.0.2693」、Mac版が「4.0.2694」である。以前のバージョンの「4.0.2416」からのマイナーバージョンアップとなる。このバージョンの新機能として、モデルやリンクをダウンロードする際にプログレスバーが表示されるようになったこと、GPSの標準規格NMEAをリアルタイムで使用できるなったこと、3Dテクスチャモデル表示のパフォーマンスが大幅に向上したこと、Mac版のムービーメーカーが新たな圧縮フォーマットをサポートしたこと──などだ。

 また、修正されたバグとして、ATIグラフィックカードで共有メモリアーキテクチャを古いドライバで使用している場合の互換性問題、不安定な接続状況におけるログインの成功率向上、GPS関係の複数のバグが修正されたことなどがある。

 なお、これらの改良点は英語版のリリースノートにしか記述がなく、日本語版のリリースノートは今回更新されなかった。Google Earth 4を日本語モードで使用している場合、ソフトからは新しい更新があることを確認できないため、新バージョンを利用したい場合には改めてGoogle EarthのWebサイトから最新バージョンをダウンロードしてインストールする必要がある。

Google Earth4

20061214709sc.jpgソフトバンクモバイルは12月14日、高速データ通信サービス「3Gハイスピード」に対応した携帯電話端末「SoftBank 709SC」を12月下旬以降に発売すると発表した。

 709SCはサムスン電子製の端末で、HSDPA方式に準拠した高速データ通信サービスである3Gハイスピードに対応している。下り最大1.8Mbpsのベストエフォート通信が可能となっている。Bluetooth機能を搭載しているほか、英和と和英に対応した辞書機能、英語、中国語、韓国語の例文翻訳および読み上げ機能を搭載している。

 本体デザインはスライドタイプで、約12.9mmの薄型だ。ディスプレイは2.1インチ、カメラ機能は有効画素数200万画素で、最大約8倍のデジタルズーム機能付きとなっている。カラーバリエーションはパープル、シルバー、ホワイト、レッドの4種類。

High-End Life StyleAdafruit Laser Servicesという新興企業がマンハッタンでレーザーエッチング技術を使用して、電子機器に好きな模様を刻印するビジネスを展開している。レーザーエッチング技術を使って電子機器をパーソナライズすることが可能だ。共同創業者の一人であるPhil Torrone氏のノートPCには、技術関連書籍で有名なO'Reillyのキャラクターが刻まれている。

モトローラ株式会社は、2006年12月12日、世界的な大ヒットモデル「MOTORAZR(モトレーザー)」をベースに開発した FOMA 端末「M702iS」を、NTT ドコモへ納入開始すると発表した。M702iS は、2006年12月14日より NTT ドコモから販売される。20061212motorazr.jpg
M702iS は、薄型・スリムなスタイルと無駄のないソリッドなフォルム、メタリック素材を活かした高い質感で評価を得た MOTORAZR のコンセプトを継承する FOMA 端末。

MOTORAZR は、世界中で5,000万台以上の出荷台数を記録し、グローバルなデザインアイコンとして、市場を越えたヒット端末となっている。携帯電話の枠に留まらず、世界的なセレブリティや著名人の「マストアイテム」として数多くのファッション誌にも紹介されるなど、多方面で話題となっている。

M702iS は、現行の FOMA 端末としては、最薄の厚さ14.9mm の超スリムボディを実現、外側はメタリックなアルミボディ、内側のキーパッドは薄い1枚のメタル素材のシートにレーザーカットを施し、あらゆる角度から高い質感を追求。

コンパクトサイズでありながら、2.2インチの TFT 液晶メインディスプレイ、1.3メガピクセルカメラ、音楽再生機能、オプションの外部メモリなどを搭載、国際ローミングサービス「WORLD WING」に対応。また、Bluetooth を搭載する。

MOTORAZR の代表的なカラーである Hot pink のほか、Neo black、Cool silver の3色のカラーバリエーションで展開される。

Dellは米国時間12月11日、同社のノートPC「M1710」にBlu-ray Discドライブを搭載すると発表した。Blu-rayドライブが搭載されるのは、同ノートPCの最上位機種(3699ドル)のみ。同ドライブの搭載により、高品位(HD)映画の鑑賞や最大50Gバイトのデータ書き込みが可能となる。

 Dellは、ソニー、Apple Computer、Disney、松下電器産業などとともにBlu-ray Disc Associationを設立したメンバーの一員であるため、Blu-ray対HD-DVD規格の戦いにおける同社の立場は明らかである。Hewlett-Packardなどのように両方の技術をサポートすると決めた企業もあれば、MicrosoftやIntelのようにHD-DVD規格のみを支持する企業もある。

High-End Life StyleNASAは地球から月へ、そしてさらに遠く彼方へまで人類の足跡を残そうしている。NASAは月面に基地を建設し、2024年には基地の中に居住空間を作る計画を発表した。2020年頃から宇宙飛行士4人が基地で作業することを計画している。1回の滞在期間は1週間程度だという。このプロジェクトの主要目的の1つは、宇宙探査や火星探査の出発点を築くことだ。

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL、坂村健代表)と住友大阪セメント(渡邊穰社長)は、UNLのユビキタス・コンピューティング技術「ucode(ユーコード)」を利用した、世界初のしゃべるコンクリート「電脳コンクリート」を開発した。

 「電脳コンクリート」はコンクリートのサンプルにICタグを埋め込み、専用リーダーをかざすことで記録した固有データを読み取れるようにしたもの。これまでサンプルの品質管理などは人の手で行ってきたが、「ucode」タグで管理することで、サンプルのトレーサビリティを確立し、強度などのテストの効率化と正確性を目指すことができる。

 また住友大阪セメントは、「電脳コンクリート」の技術を活かし、「品質」「製造方法」「生産年月日」など、各製品固有のデータを購入者も確認できる「コンクリート製品トレーサビリティシステム」を構築する。

 このほか、ビルやマンションなどに利用されるパネル形状の電脳コンクリート「ICTコンクリートパネル」に装着した「ucode」タグにより、住宅、建築物の品質に対するユーザーの不安を解消し、知りたい情報をいつでも提供できる「建築物トレーサビリティシステム」へと進化させていく計画。

 UNLでは、国土交通省の協力を得て「自律移動支援システム」の開発を進めており、「電脳コンクリート」の開発によって、既設の施設に後から「ucode」タグを貼付するのではなく、建築物や構造物に当初から「ucode」タグが貼られていることで、生活者の利便性を向上できるとしている。

high-end life styleあの「悪魔のケース」こと「DIABLO for iPod nano」にカラフルな新バージョンが登場した。その名も「DIABLO Spectrum」。ブルー、ピンク、オレンジといった鮮やかな色がまぶしい、“小悪魔”ケースだ。左のツノにはイヤリングが付き、新iPod nanoに対応。クリックホイールにはカラフルなプロテクターが付いた。
 面白いのは各色(キャラクター?)ごとに細かいストーリーが設定されている点。製品ページの右側にあるリンクをたどると、キャラクター設定を見られる。例えばブラックなら、本当の名前は「B. Tenacious船長」で、年齢は64歳。かつては名うての海賊だったが船が難破し、台湾沖で結婚。現在はハリウッドで海賊映画のコンサルタントとして雇われているそうだ。ほかの色にもかなり詳細で、ぶっ飛んだ設定が用意されているので、読むだけで楽しめる。
high-end life style 用意されるカラーはブラック、ライムグリーン、スカイブルー、ピンク、オレンジ、レッドの全6色。対応iPodは第2世代のiPod nanoとなっている。価格はオープンだが、販売元であるカット・アンド・ペーストの直販サイトでは2980円で販売している。せっかくカラフルになった2G iPod nano。こんなカラフルなケースを合わせてみては?

 カリフォルニアに拠点を置くInnespace Productionsという企業が手作りの一人乗り用イルカ型ボートを開発した。水上と水中を自在に移動することが可能だ。回転したり、水上ジャンプしたりすることもできる。
High-End Style このイルカ型ボートは、水上では時速30マイル(約48km)、水中では時速20マイル(約32km)で移動可能。現在潜水できる水深は数フィートに限られていて、潜水時間も15秒が限界となっているが、圧搾空気を追加で搭載することで、より深くまで潜れるようになるという。

STYLEロサンゼルスには、世界中の大手自動車メーカーのデザインスタジオが集まっている。各社のデザインスタジオは現在、2006年の自動車デザインカンファレンス「Design Los Angeles」に向けて、環境へ配慮した自動車の設計に取り組んでいる。写真は、Volkswagen/Audi Design Center Californiaの「Audi Dynamic Space Frame」。従来のドライブシャフトやサスペンションから、全く新しい設計になっている。

◆参照記事
CNET

sonyplaza.jpg
2006年ソニープラザのクリスマスは“ファンタジー”がテーマ。“恋が実りますように”、“大切な家族が幸せでありますように” 夢や幸せを象徴するビッグなピンクツリーに思い思いの願いを込めて。大人になったって、サンタクロースを信じてる。“120%Christmas”。そう、今年のクリスマスは家族や恋人といつもよりもっと楽しく、もっとハッピーに過ごしたい!



ヤフーは10日、インターネット上でのクリエイティブ表現の可能性を追求し、インターネットの世界を発展させることを目的として今年からスタートさせたYahoo! JAPAN「インターネット クリエイティブアワード」の贈賞式を開催、各賞受賞作品を発表した。

 「インターネット クリエイティブアワード」は、一般の個人・団体が制作したインターネットクリエイティブ作品を応募する「一般の部」と、広告主がYahoo! JAPANに掲載した広告から作品を応募する「企業の部」で構成されている。今年は、「一般の部」に309作品、「企業の部」には267作品の応募があった。

◆左:グランプリ 【まる。てん.てん・=ほし★】(。.・=★)

PS3

1113-1a.jpg11月11日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」が発売された。ネット通販サイトのアマゾン ジャパンでは、事前予約分が受け付け開始から20分もたたないうちに完売。予約を受け付けた店の多くが同じ状況で、当日販売を行う量販店などに多くのファンが殺到し、店頭でも「品切れ」の文字が目立っていた。

 とはいえこれをもって、PS3を「ヒット」と結論つけることはできない。品切れ続出の背景には、出荷台数が極端に少ないという事情があるからだ。量産の遅れから、日本で初日に投入されたのはわずか10万台程度。11月17日に発売される米国でも40万台程度とみられる。欧州に至っては発売が3月に延期され、待ちわびていたファンから不満の声が漏れている。

出荷遅れの主因は、PS3に搭載されるブルーレイ・ディスク(BD)ドライブに使う基幹部品、青紫色レーザーダイオードの量産が間に合わなかったためとされる。高性能PCをはるかにしのぐCPUを備え、まだ市場に投入されたばかりの次世代光ディスク「BD」をメディアに採用したPS3。ソニーの戦略商品は、ある意味その技術の高さゆえに出だしでつまづいた。

 現行のゲーム機よりソフト1本当たりの開発コストが大幅に上がることもあり、発売時に用意されたソフトのラインアップも少なめだ。価格も5万円からとゲーム機としては割高で、BDプレーヤーとしても利用できるとはいえ、コアなゲームファン以外に普及させられるかどうかは予断を許さない。

ZUNEMicrosoftが250ドルで米国時間11月14日から販売を始めたZuneは、同社初の音楽プレーヤーであり、Apple Computerの勢力をそぐために長年にわたって仕掛けてきた戦略の最新の成果でもある。これまでは多くのパートナーを介して、Appleとの戦いを繰り広げてきたMicrosoftだが、今回は同社との直接対決に踏み切った。
 MicrosoftのZune担当製品管理ディレクターScott Erickson氏は、「このたびのリリースは、ひとえに土台を作りのためだ」と話している。Erickson氏は、年末商戦期に見込んでいるZuneの販売台数については詳細を明かさなかったが、同デバイスの購入希望者が確実に現物を入手できるよう、十分な数を生産するつもりだと語った。

◆参照記事
CNET

Styleate Reccomendリアル・フリート(渋谷区神宮前6)は10月20日、オリジナル家電ブランド「amadana(アマダナ)」の新製品として「こたつ」を発売した。
 こたつはダークブラウンの「ウォールナット」とベージュの「ナラ(楢)」の2色を用意した。サイズは、幅=約120センチ、奥行き=約80センチの「大」と、幅・奥行きとも約80センチの「小」で、高さは両サイズとも33センチ。発熱体には、遠赤外線と近赤外線の2種類の放射熱を採用している。温度は、ダイヤル式のコントローラーで7段階の調節ができる。
 「こたつ布団」は、ブランドのロゴである「雲」をステッチした中綿のキルティング素材で、色はブラック、ブラウン、グレーの3色。布団カバーは、アマダナ・コラボレーション第1弾として、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」による刺繍柄3種類を展開する。
 テーブルには、シーズンオフに対応する「仕掛け」も。次の冬まで不要となるコードとコントローラーは、やぐらの一部に収納できるほか、テーブル本体と天板は、布団を挟む冬場を除き、専用の「ネジ」で固定できるという。
 価格は、こたつ(本体)=99,750円〜173,250円、こたつ布団(掛け布団、敷布団のセット)=47,250円(小)、57,750円(大)、こたつカバー=44,100円〜73,500円。3点同時購入で1万円の割り引きがある。販売場所は、表参道ヒルズ、BALS STORE中目黒店の各直営店舗と公式オンラインサイト、全国のパートナーショップ。

◆参照記事
Livedoor
◆参考サイト
amadana

wii.jpg
まず、Xbox 360やPLAYSTATION 3と大きく違う点から挙げよう。1つはWiiはハイビジョン画質に対応しないという点だ。これはPlayStationから始まった一連の「ゲーム機は高性能AV機器でもある」という発想ではなく、最先端の技術を大胆なプレースタイルの変革や、消費電力の低減といった今までになかった方向に使うという任天堂らしい考え方といえるだろう。ただ、ゲームキューブと同様にプログレッシブ出力(D2品質)には対応しており、加えて16:9のワイド画面を想定して制作されるゲームも多い。ちなみに、WiiはBlu-ray DiscやHD DVDはもちろんのこと、DVD-Videoの再生にも今のところ対応していない。

◆参照記事
CNET

01.jpg
Nokiaが2005年11月に発表し、2006年半ばに販売を開始するとしていた同社初のDVB-H対応テレビ携帯電話「N92」が、まもなくベトナム、インドネシアで発売される。両国では、無線通信会社が、携帯電話からテレビ放送を受信することを可能にするモバイルテレビ規格DVB-Hを使ったサービスを提供する計画。

◆参照記事
CNET

Styleate Recommend
KDDI は、2006年10月31日より東京・原宿の「KDDI デザイニングスタジオ」3F にて、au design project の新しいコンセプトモデル3作品を展示している。展示は2006年11月16日までとなっており、同時に「INFOBAR2」の展示も行われている。
この3作品は「Torilogy 展」として展示されており、au design project のコンセプトモデル「MACHINA」などを手がけた、ウォーターデザインスコープ・坂井直樹氏がコンセプターとして参加、3人のクリエーターが思い描く携帯電話のフューチャービジョンを表現したもの。
◆参照記事
au design project

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com