THE WHIP
クラクソンズやシミアン・モバイル・ディスコらと並んで人気コンピレーション・シリーズ『Kitsune Maison』に楽曲が収録されて注目を集めたマンチェスター出身のエレクトロ・ロック・バンド、ウィップがデビュー・アルバム『X Marks Destination』をリリースする。
 
 これまでにアークティック・モンキーズやカサビアンなどを手掛けてきた大物プロデューサーのジム・アビスを迎えて制作された本作は、近年のインディ/エレクトロ・クロスオーヴァーの流れを感じさせるサウンドながらも、同郷のニュー・オーダーやストーン・ローゼズにも通じる歌心を持ち合わせた奥行きのある作品となっている様子。〈Fuji Rock Festival 07〉でのステージや昨年12月の単独来日公演でも高い評価を得てきた彼らだけに、本作のリリースの期に更なる話題を集めることになるのは間違いなさそうだ。『X Marks Destination』の日本盤は、3月19日にリリースの予定。

SCENARIO ROCK
ヒップホップやニューウェイヴ、そしてスケートボード・カルチャーなどからの影響を織り交ぜたユニークなスタイルで人気を博しているフレンチ・デュオ、シナリオ・ロックがニュー・アルバムをリリースすることが明らかになった。
 
 『Histrionics』と名付けられたこの作品は、2005年にリリースされた『Endless Season』以来、約2年ぶり2枚目となるフル・アルバム。ジャスティスの最新シングル“D.V.N.O.”にヴォーカルのDVNOことメーディ・パンソンが参加したことで彼らに注目が集まっている今、本作がこれまで以上に大きな話題を集めることは間違いなさそうだ。『Histrionics』の日本盤は、2月20日にリリースの予定。

セルジオ・メンデス
ブラジル音楽を代表するヴェテラン・アーティスト、セルジオ・メンデスが2年ぶりとなるニュー・アルバム『Morning In Rio』を2月27日に日本盤でリリース!
 
 多彩なゲストが参加して話題となった前作『Timeless』に引き続き、ウィル・アイ・アムを共同プロデューサーに迎えた本作は、ファーギーやナタリー・コール、ファネス、カルリーニョス・ブラウン、サイーダ・ギャレット、ヴァネッサ・ダ・マタなどジャンルを超えた豪華メンツが結集。しかもA&M時代の盟友ハーブ・アルバートやラニ・ホールといった、ゆかりあるアーティストとの嬉しいコラボも実現しており、全曲がハイライトといった趣きの、カラフルかつポップな作品に仕上がっている模様。
 
 また、同日には旧譜の一挙リイシュー&最新ベストのリリースも予定されている。

iriver「Mplayer スワロフスキーモデル」
iriver japanは11月16日、ミッキーマウス形のデジタルオーディオプレーヤー「Mplayer」にスワロフスキーの装飾を施した限定モデルを追加、本日より限定販売を開始したと発表した。

 11月1日より発売されているMplayerは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約により実現した、球体を3つ組み合わせたミッキーマウス形のデザインが愛らしいデジタルオーディオプレーヤーだ。

 軽量ボディと付属のネックレスタイプイヤホンで手軽に音楽を楽しめるほか、ストラップを取り付ければアクセサリーとしても使うことが可能。操作方法は、ミッキーマウスの耳にあたる左右の球体を回すというユニークな方式を採用している。

 今回500台限定で発売された「Mplayer スワロフスキーモデル」は、この耳の部分に約170粒のスワロフスキー社製フラットバックラインストーンを用いて、美しい装飾を施したもの。

 デザインは“Horics” Artistic InnovationのトップデザイナーMIHOが担当し、アクセサリとしての魅力をさらに引き出している。スペックは通常モデルと同様、容量が1Gバイトで、約9時間の連続再生が可能だ。

 Mplayer スワロフスキーモデルのカラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ホワイト、ブルー、ピンクの5種類を用意。販売は同社オンラインショップ「iriver eストア」および、iriverダイレクト・楽天市場店で行われ、直販価格は税込1万6800円となっている。

Soul Designer:エヴォリューショニズム あのマッド・マイクをして〈白いUR〉とまで言わしめた男=ファブリス・リグが、ソウル・デザイナー名義で久々の新作をリリース。

ベルギー出身でありながらもケヴィン・サンダーソンやカール・クレイグらデトロイトの本家から認められる存在として知られてきたファブリスだけに、今作も期待どおりデトロイティッシュでメロディアスなトラックがズラリと並んだ素晴しい仕上がり! 

跳ねるビートにファンキーなベースが絡むリズム・セクションだけでも十分踊れるが、そこに乗っかるシンセ・フレーズがさらに曲のテンションを上げてくる! さらには日本のテクノ・ゴッドことKEN ISHIIも参加。

ハービー・ハンコックの名曲“Rockit”のカヴァーも涙物です。

Soul Designer

orange pekoeジャズ、ブラジル音楽、ソウルなどを消化し、独自の音楽を聴かせる2人組ユニット〈orange pekoe〉が、2年ぶりとなるフル・アルバム『Wild Flowers』を11月21日に発売する9月には先行シングル“キラキラ”が、そして10月10日には二枚目俳優にしてフランスを代表する歌手でもあるピエール・バルーとの共演で参加した、アントニオ・カルロス・ジョビン生誕80周年記念トリビュート・アルバム『ジョビニアーナ ~愛と微笑みと花』が発売されたばかり。
 
今回の作品は、生のグルーヴを追い求め、ジャズ、ブラジル、ソウル、レゲエなど多彩な表情を湛える、音楽の〈パワースポット世界旅行〉。ハープやタブラ、管楽器、ストリングスなどの楽器をフィーチャーした、パワフルなアコースティック・サウンドが堪能できそうだ。初回生産限定盤は、“キラキラ”と“Joyful World”のプロモーション・ビデオを収録したDVD付き。

orange pekoe

www.styleate.com ルイヴィトン
2枚組の『Both Sides Of The Gun』から1年半、昨今のベン・ハーパーにしてみれば短いスパンで届けられた新作。しかもツアー中に1週間で完成させたというから、現在のノリの良さが窺えるだろう。

今回はお馴染みのバック・バンドを前面に押し出し、チームとしての一体感を大いにアピール。また、アナログ機材のみでレコーディングしたことで、メンバーの息遣いまで聞こえてきそうな生々しいサウンドがギュッと凝縮されているのだ。そこにいつになくラフなベンの声が乗ると……これ以上は何も言いますまい。

ゴスペルも、カントリーも、ブルースも、すべてのアメリカン・ルーツ音楽がベンのもとに集結し、新たな輝きを得た一枚。

Ben Harper

www.styleate.com | ルイヴィトン
1992年8月30日、レディング・フェスにて行われたニルヴァーナのパフォーマンスが待望のDVD化。『At Reading Festival』(輸入限定盤)として、9月15日に日本発売される。“Drain You”~“Aneurysm”といった定番に始まり、“Smells Like Teen Spirit”“In Bloom”などなど名曲をもれなく網羅。もちろん演奏後の恒例ドラムセットぶっ壊しもじっくり見ることができる。全24曲92分ノンストップの壮絶な記録。その目に留めておきたい人は、お早めに。

NIRVANAのCD/DVD

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグルパンや峰不二子などの個性的なキャラで、常に高い人気を誇る国民的アニメ〈ルパン三世〉。その誕生40周年&テーマ曲の誕生30周年を記念し、女性ヴォーカリスト達によるコンピレーション・アルバム『THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD〈DIVA FROM LUPIN THE THIRD〉』のリリースが決定した。カヒミ・カリィ、DOUBLEらが過去に発表したルパン三世関連の楽曲のほか、今井美樹による“ルパン三世 愛のテーマ”も初収録。発売日は8月22日。

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ
デビュー以来、破竹の勢いでヒット曲を連発しまくる米・アトランタ出身のR&Bディーヴァ、シアラの来日公演が決定!

最新作『Ciara : The Evolution』ではこれまで以上にフューチャリスティックかつポップなサウンドで、R&Bの更なる可能性を切り拓いてくれた彼女ですが、その本領はライヴにあるといっても過言ではありません!

本公演は、圧倒的な歌唱力と類まれなるダンス・スキル、そしてセクシー&キュートなルックスをナマで堪能できる絶好とチャンスとなっていますよ。日程は以下の通り。

〈CIARA JAPAN TOUR '07〉
 
10月16日(火)東京・新木場スタジオコースト
開場 18:30 / 開演 19:30
前売り:1F立見 7,000円/2F指定席 9,000円
当日券(1F立見):8,000円
お問い合わせ:ポジティブプロダクション横浜 045-505-0010 
 
10月20日(土)神奈川・横浜ベイホール
開場 18:30 / 開演 20:00
前売り(全立見):7,000円 当日券:8,000円
お問い合わせ:ポジティブプロダクション横浜 045-505-0010

CIARAのディスコグラフィ

公式サイト

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグ
 8月11日・12日に東京と大阪で同時開催される都市型フェス〈SUMMER SONIC 2007〉の出演アーティスト第15弾が発表された。

テムズビートの代表格、ホロウェイズが東京、大阪両公演に登場。
また、フランス出身のシンガー・ソング・ライターのジェロアークティック・モンキーズとも親交の深いレヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ、叙情的な日本語ロックを奏でる音速ラインの3組が、東京公演のみに出演する。

チケット予約

タワレコで出演アーティストのCDをチェック!

 20年以上にわたって第一線で活躍を続ける米オルタナ・ロックの重鎮、ソニック・ユース。彼らが1988年に発表したロック史上に燦然と輝く名盤『Daydream Nation』が2枚組仕様のデラックス・エディション『Daydream Nation: Deluxe Edition』として6月18日に輸入盤でリイシューされることが決定しました(日本盤は7月18日のリリース予定)! マスター・テープからの音源にリマスタリングを施したオリジナル・リリース時の楽曲に“Eric's Trip”のデモ・ヴァージョンを加えたDisc-1、そして、当時のライヴ音源を中心にビートルズ“Within You Without You”やニール・ヤング“Computer Age”のカヴァーなどのレア音源をたっぷり収録したDisc-2と、コアなファンも納得の充実リイシューとなっています。これを最後にメジャー・レーベルへと移籍するなど、バンドのターニング・ポイントとしても非常に重要な本作、まだ未聴のかたはこの機会に手にしてみてはいかがでしょうか?
SONIC YOUTHのCD
オフィシャル・ホームページ

 ニーヨの大ヒットで勢いに乗るデフ・ジャムが送る期待の新人女性シンガー、クリセット・ミッシェルがデビュー・アルバム『I Am』を6月19日にUSでリリースします(日本盤のリリースは未定)。すでにジェイ・Z“Lost Ones”やナズ“Can't Forget About You”といった楽曲にフィーチャーされて注目を集めていた彼女、待望のアルバムとなる今作は御大ベイビーフェイスを筆頭に豪華アーティストがバックアップ。どこかアンニュイながらもパンチの効いた、ジャズ・シンガーのような歌い口が味わい深いソウルフルな作品に仕上がっている模様です。現在、彼女のMySpaceページにて、先行シングル予定の“Like A Dream”をはじめとした新曲の数々を試聴できるので、気になる方はぜひともチェックしてみてください。

クリセット・ミッシェル

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエグッチ 今回紹介する「YP-K5AB」は、本体をスライドさせると、スピーカーが現れる独特なデザインのデジタルプレイヤーだ。販売はサムスンダイレクトショップのみとなる。

 本体に音楽を転送したり、充電をする際は、USBケーブルでPCと接続する。電源ケーブルは付属せず、充電をする際はPCとの接続が必須となる。

 黒の鏡面仕上げが施されたプレイヤー本体は、ブルーライトの操作パッドとシンプルな画面表示で、デザイン性が高い。欧米では“デザインのサムスン”というイメージが浸透してるのも理解できる。サイズは厚さ18.1mm、長さ47.5mmと折りたたみタイプの携帯電話と同等で持ちやすい。

 操作はタッチパネル方式を採用しているためか、上、左、その間にあるバックボタンと、それぞれ位置が近く、押し間違えることも。ブラインド操作をするまでには慣れが必要だろう。

 なお、本体取り出し時などにタッチパッドの誤操作を防ぐため、操作を終了後は、プレイヤー上部のホールドスイッチを常に入れておいた方がいいだろう。

サムスンダイレクト

 87年にDJ活動をスタートしたトルコ生まれのパリ育ち、ディミトリ・フロム・パリス。フランスのダンス・ミュージック・シーンにハウス・ミュージックを流布させ、いくつもの世界的なヒット放ち、フレンチ・ハウスの第一人者として君臨する彼が、久々のミックスCD『presents Cocktail Disco』を6月13日に発売する。今までに数十枚ものオリジナル作品やミックスCDをリリースしてきたベテランの彼が、今回テーマに選んだのは〈カクテル・ディスコ〉。つまり、パリの気品漂うエキゾティックなカクテル・ラウンジ・サウンドとディスコの融合だ。ハウス・ミュージックだけでなくディスコ/サルサ/ファンク/ジャズ/エレクトロなど様々なルーツ・ミュージックに造詣の深い彼だからこそ選曲&ミックスしえた本作は、フロアだけではなくリスニングCDとしても十分通用するウィットにとんだ内容になっている。さらに、本人の手によるリミックス・ヴァージョンがいくつか収録されているというサプライズ付き。世界中でプレイし、各地のフロアを熱くしてきたディミトリによる極上のDJミックスをたっぷり堪能することができる一枚。

DIMITRI FROM PARISのCD

www.styleate.com || ルイヴィトンクロエグッチ
 玩具メーカー大手のMattelが、バービー人形をデザインに取り入れたMP3プレーヤー「Barbie Girls」を発表した。Mattelは、この新しい玩具で、MGA Entertainmentの人形「Bratz」や、Ganzの提供するオンラインとの連携が可能なぬいぐるみ「Webkinz」など、いま米国のローティーンたちの間で人気となっているグッズや、Appleの「iPod」に対抗したい意向だ。このデバイスは少女向けのオンライン仮想コミュニティー「BarbieGirls.com」と連携可能になっている。7月に発売する計画で、価格は約60ドルになる予定。大きさは4.5インチ(約11cm)。512Mバイトのメモリと最大2GバイトのminiSDカードを搭載することができる。

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエグッチ
 オーディオテクニカは、全6色のカラーバリエーションを揃えたインナーイヤー型ヘッドフォン「ATH-CK1」を発売する。発売は5月25日より。価格は各2520円となる。

 同梱のイヤーピースにはS、Mに加え、XSを付属しているため、耳の小さな人向き。インナーイヤータイプのため音漏れしづらく、コードも1.2mと、ロングタイプが採用されており、外出先での使用を考慮された設計だ。

 カラーバリエーションはグリーン、オレンジ、ピンク、パープル、ホワイト、イエローの全6色。どれもシャイニーな質感だ。カラーバリエーションに合わせ、キャリングケースも全6色が用意されており、カラーに合わせた花のモチーフが施されている。

www.styleate.com||ルイヴィトングッチクロエ ソニーは4月23日、楽曲の保存やウォークマンなどへの高速転送が可能なHDDオーディオレコーダー「NAC-HD1」を、5月21日より発売すると発表した。

 今回発売されるNAC-HD1は250GバイトのHDDを内蔵しており、CDはもちろんFMおよびAMラジオ、音楽配信、外部音源などさまざまなソースから楽曲を録音できるHDDオーディオレコーダーだ。録音と再生はCDと同じ非圧縮のリニアPCMに対応し、スピーカーやアンプと組み合わせれば高音質で楽曲を楽しむことができる。

「NAC-HD1」  250GバイトのHDDには、CDで約380枚相当を録音可能。また、CDからHDDへ最大約16倍速での高速録音、デジタルやアナログ音源の波形データからの解析ができる音楽タイトルの自動取得機能、気分や時間帯に合わせて楽曲を自動再生する「おまかせチャンネル」機能など、多彩な便利機能を装備しているのも特徴だ。

 さらに、USB端子に接続して転送ボタンを押すだけで、ウォークマン、PSP、携帯電話、USBストレージなど各種機器への高速転送が行えるのも見逃せないポイント。ちなみにウォークマンの場合は最大約50倍速の転送が可能だ。なお、希望小売価格は税込11万250円となっている。

ソニースタイル

www.styleate.com||ルイヴィトン・クロエ
 孤高のフォークシンガー、高田渡の長男……などという枕詞も今や不要なマルチ弦楽器奏者、高田漣。彼が2002~04年にリリースした3枚のアルバムからセレクトしたベスト盤(タイトル未定)が、5月30日に発売される。セレクトを担当したのは、SAKEROCKの星野源。アルバムには、彼によるライナーのほか、未発表ライブ音源を収録したボーナスディスクもついており、高田漣の素顔をたっぷり堪能できる内容となっている。ほっと安らぐひとときをプレゼントしてくれる作品になりそうだ。
 
 そして、高田漣のほか、小山田圭吾やゴンチチ、曽我部恵一ら錚々たるアーティストが出演している、エビス〈ザ・ホップ〉のCMにも注目を。

高田漣のCD
オフィシャルサイト

スカパラ [www.styleate.com ルイヴィトン]
日本が誇る屈指のライブバンド、東京スカパラダイスオーケストラ。12枚目となるオリジナルアルバム「WILD PEACE」をリリースした彼らは半年で70本を超える壮絶なツアーをスタートさせる。このツアーを中心とした半年間を“戦う映像作家”牧野耕一が追う。

公式サイト
SMILE 人が人を愛する旅チケット予約
東京スカパラダイスオーケストラのCD

海外旅行ならwww.styleate.com ラナは3月9日、ディズニーキャラクターをデザインしたMP3プレーヤー「mixstick」を発売すると発表した。

 mixstickは、ディズニーキャラクターのミッキーをイメージしたボタンにより、子供でも簡単に操作できるシンプルなMP3プレーヤーだ。インターフェースはUSB2.0で、内蔵メモリ512Mバイトのほか、最大1GバイトのSDメモリカード、MMCを利用できる。音楽再生フォーマットは MP3、WMA。PCのUSBポートに接続することで自動的に充電され、最大約8時間の連続再生が可能だ。

 カラーはシルバー、ホワイト、ミニーピンク、スティッチブルーの4色。価格は6279円が予定されており、ラナが運営するECサイトラナタウンおよびトイザラスにて、3月下旬より先行発売する。

www.styleate.com ファッションブランド 〈BBCNEWS"SOUND OF 2007"〉をはじめ、あらゆる海外メディアで〈今年最も注目すべきアーティスト〉に選ばれている2007年大本命のバンド、エンター・シカリが3月14 日、遂にデビュー・アルバム『Take To The Skies』を日本でリリースする。2003年にバンドを結成して以来、これまでにシングル1枚を自主リリースしただけにも関わらず(メジャー・レーベル数社のオファーを蹴ったからなのだが)、ツアーは軒並みソールド・アウト。今春のヘッドライン・ツアーの日程が発表された時には、チケット会社のウェブサイトをダウンさせるほどのアクセスが集中した。そして、ライブではオーディエンスのあまりの盛り上がりのため、毎回のように救急車が出動するという〈異常事態〉である。平均年齢なんと20歳という彼らがこれほどまでに人気がある理由はハードコアやメタルのエネルギーとトランスやレイヴといったダンス・ミュージックの高揚感を融合した独特なサウンドと常軌を逸したライヴ・パフォーマンスにある。今回のデビュー・アルバムはそれらが十二分に詰まった内容となっている。全17曲、日本盤はDVD付きでリリースされる予定なので気になる方は是非。

ENTER SHIKARI オフィシャルサイト
Enter ShikariのCD

 2004年のアルバム『Let It Die』のヒットで世界的な注目を集めたカナダ出身のフランス系女性シンガー・ソングライター、ファイストがニュー・アルバム『The Reminder』を4月23日にヨーロッパ盤でリリースします!ジェーン・ヴァーキンらとのデュエット曲やリミックスを集めた編集盤『Open Season』のリリースをはさんで3年ぶりのオリジナル・アルバムとなる今作には、“So Sorry”や“I Feel It All”など、すでにライヴでもおなじみの楽曲を含む全13曲を収録予定。バート・バカラックなども引き合いに出される美しいメロディ・センスと、柔らかなハスキー・ヴォイスが一体となった、歌心に溢れた力作に仕上がっていそうです。現在、彼女のオフィシャル・サイトでは先行シングル“My Moon My Man”のプレヴュー音源が聴けるので、そちらもぜひチェック!

FEIST オフィシャル・サイト
FEISTのCDを購入

High-End Life Style ヒビノは2月15日、米国の音響機器メーカーであるShureの高遮音性イヤホン「SE210」と「SE310」を、3月15日より順次発売すると発表した。

 今回発売されるSE210とSE310は、長時間の使用でも疲れにくい優れた装着感に加え、高い遮音性能を実現したイヤホンだ。密閉度の高いイヤパッドを耳の穴に入れて装着するインイヤ型のため、交通機関や街の雑踏など騒がしいシーンでも、快適なリスニング環境を得ることができる。2004年のバージニア工科大学による調査では、周囲の騒音を最大で93%まで低減できることが実証されているという。また、音量を過度に大きくする必要がないので耳への負担や音漏れを抑えられるほか、電子回路を使ったアクティブ方式のノイズキャンセリングより自然な音質が得られるのも特徴だ。

 ドライバには、小型軽量かつ音声信号の変化に俊敏に反応するバランスド・アーマチュア型を採用しており、微細な音までクリアに再生することが可能。SE310のドライバには、ドライバ周辺の空気の流れを改善して低音の豊かさを増す「チューンド・ベースポート」も搭載されている。また、材質や形状、サイズなどが異なる3種類、全7ペアものイヤパッドが標準で付属しているのもポイントだ。そのほか、91cmの延長ケーブル、持ち運びに便利なキャリングポーチ、クリーニングツールなども同梱される。

 カラーバリエーションは、SE210が「ホワイト×グレー」と「ブラック」、SE310が「パールホワイト×ブラック」と「ブラック」の各2種類をラインアップ。価格はオープン価格で、発売日はSE210が3月15日、SE310が4月下旬を予定している。

Shure

 先日、『Confessions on a Dance Floor』で第49回グラミー賞の〈最優秀ダンス・アルバム〉を受賞した世界的なポップ・スター、マドンナのトリビュート・アルバムが発売となる。『Through The Wilderness: A Tribute To Madonna』と名付けられた本作は、売り上げの全利益がアフリカのエイズ対策に使われるというチャリティー・アルバム。気になる参加メンバーは、フリー・フォークの旗手であるディヴェンドラ・バンハートや、そのディヴェンドラから見い出され、RADIOHEADのトム・ヨークからも高い評価を受けているバット・フォー・ラッシーズ、そしてバーズやビーチ・ボーイズとも比較されることがあるLA出身のバンド、タイドなど。フリー・フォーク、ダウンテンポ、チルアウト系のサウンドを得意とする彼らが、マドンナの華やかなポップ・ソングをどう料理するのか、注目が集まりそうだ。
 
 『Through The Wilderness: A Tribute To Madonna』は、今年の秋に発売予定。収録曲等の詳細は、まだ明らかになっていない。

MADONNAのCDをチェック。

 Apple Inc.と、1968年に設立されたThe BEATLESのレコードレーベルApple Corps Ltd.が、「Apple」の名称とロゴの使用に関して和解した。

 米国時間2月5日付けの発表によると、今回の合意により、Apple Inc.(旧Apple Computer)が「Apple」に関連したすべての登録商標とロゴを所有し、Apple Corps Ltd.はライセンス供与を受けながらこれらを使用することになったという。

 Appleという語を企業名に使う両社が長年繰り広げてきた争いがようやく終結する。今回の合意は、両社が交わした1991年の契約に取って代わるものとなる。従来の契約では、Apple Inc.がCDやカセットテープなどの物理メディアを使って楽曲を配布することが禁じられていた。もっとも、これはデジタル音楽市場が出現する以前のことだった。Apple Inc.によると、これまでの訴訟費用はそれぞれが負担するという。

 Apple Inc.の最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は声明で「われわれはThe Beatlesの大ファンだ。商標を巡って(Apple Corpsとの)関係が悪化していくことには心を痛めていた」と述べた。Jobs氏はさらに「建設的な方向に話を進め、今後の争いを避けられるような方法で問題を解決でき、非常にうれしく思っている」と加えた。

 和解を受け、今後Apple Inc.のiTunes StoreがThe Beatlesのアルバムを扱い始めるのか否かについては明らかにされていない。The Beatlesの楽曲は、合法的なデジタルダウンロードサービスではまだ発売されていない。

 トウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツ(渋谷区神宮前5)は1月30日、世界のクラブミュージックを配信する音楽ダウンロードサイト「WASABEAT(ワサビート)」を正式オープンした。

 グローバル版「WASABEAT.COM」と日本語版「WASABEAT.JP」を同時オープンし、両サイトのコンテンツを共用。世界で知られるクラブミュージックをはじめ、これまでアナログでしか購入できなかった音源や日本未入荷の楽曲も取りそろえ、「良質でアンダーグラウンドなダンスミュージックが好きな音楽ファン」(同社)の利用を見込むという。

 楽曲のジャンルは、ハウス、テクノ、ヒップホップ、レゲエ、エレクトロニカ、ドラムンベースなどクラブミュージック全般。サイト開設当初は約15,000曲をリリースし、2008年までに10万曲まで増やす予定。ファイル形式は、「wav」「mp3」の2形式に対応。「CDと同じ音質」というwavフォーマットは、クラブなど大きな空間で流す大音量にも適しているという。

 配信楽曲は、新譜であれば8週間以内のものにはレーベル指定の「ニューリリース価格」を適応。1曲あたり230円~360円の割高価格となるが、8週目以降はリリース価格よりそれぞれ30円安い通常価格になる仕組み。wav形式でダウンロードする場合は、各楽曲につき100円加算される。

WASABEAT.JP

High-End Life Style
アップルがフラッシュメモリプレーヤー「iPod shuffle」にカラーバリエーションモデルを追加。既存のシルバーをあわせて5色展開に。

 アップルは1月30日、フラッシュメモリプレーヤー「iPod shuffle」にカラーバリエーションモデルを追加、同日より販売を開始した。価格は既存製品(シルバー)と変わらず1Gバイトのメモリを搭載し、 9800円。販売はオンラインの「Apple Store」ならびに各直営店、各種販売店で行われる。

 追加されたのは、ピンク/グリーン/ブルー/オレンジの4色で、既存のシルバーを加えて、全5色の展開となった。ちなみに、iPod nanoはシルバー/ピンク/ピンク/グリーン/ブルー/ブラックの5色と、RED Special Editionの合計6色展開。

 「これからは5つの鮮やかな色から好きなものをお選びいただけます。もちろん5色全部揃えるのもいいでしょう。」とは、同社ワールドワイドiPodプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントのグレッグ・ジョズウィアック氏。

 カラー以外は既存製品と変わらず、41.2(幅)×27.3(高さ)×10.5(厚さ、クリップ部を除く)・約15グラムのアルミ製ボディにはクリップが一体化しており、エリやカバンへ気軽に装着できる。液晶は搭載しておらず、バッテリーの駆動時間は12時間。充電及びiTuensとのシンクは、専用の「iPod shuffle Dock」のUSBケーブルを介してパソコンまたは電源アダプタから行う。

High-End Life Style 過去にリリースされた作品が全世界で2,000万枚以上のセールスを記録。歌手、女優の他にも本国アメリカにて自ら立ち上げたブランド会社のCEOに就任するなど、全米セレブリティの中でもひときわ輝きを増すヒラリー・ダフが、通算4枚目のアルバムを3月28日にリリースする。雑誌〈ELLE〉の表紙も飾り、大人な女性へと変貌した彼女が新作ではどのようなアプローチを見せてくれるのか気になるところです。初回生産限定盤はDVD付き、スリーブケース仕様&フォトブック封入予定となっております。

Hilary Duffの作品。

Hilary Duff オフィシャル・サイト

自ら主演を演じた自伝的映画「Get Rich Or Die Tryin'」が大ヒットを記録、さらに自身の率いるクルー=G・ユニット勢の活動も好調と、USヒップホップ・シーンの中心人物として圧倒的な存在感を顕示するラッパ−、50セントが待望のニュー・アルバム『Before I Self Destruct』を3月20日にUSでリリースします(日本盤は3月21日にリリース予定)!前作『The Massacre』以来2年ぶりのオリジナル・アルバムとなる今作、なんと1年前にはほぼ完成していたものの、あまりの制作ペースの早さにエミネムから一旦ストップの指示がなされたという代物!現時点で参加アーティストの詳細は明らかになっていませんが、これまでに報じられたニュースを総合すると、ドクター・ドレ−やエミネム、G・ユニット勢らファミリーの面々をはじめ、ティンバランド、スコット・ストーチ、ジョナサン・ロッテムら最前線プロデューサーたちの参加が確実視されています。また50は、同時期にリリースされるLL・クール・Jのニュー・アルバム『Todd Smith Pt.2 : Back To Cool』のエグゼクティヴ・プロデューサーも担当。さらにその後も、昨年から延期が続くヤング・バックの最新作『Buck The World』、そしてG・ユニット期待の新鋭=ヤング・ホット・ロッドのデビュー・アルバムと、関連作のリリースを次々と予定。2007年も50セントからは目が離せません!

50 CENT オフィシャル・サイト
50centの商品

 AOLは米国時間1月12日、音楽サービス会社Napsterと同社のオンライン音楽配信サービス「AOL Music Now」に関する提携を発表した。今後はNapsterが同サービスのサブスクリプションプロバイダーとなる。Napsterの音楽配信サービスをAOL Musicに統合し、AOL Music NowはNapsterに置き換えられる予定。AOL Music Now加入者35万人には、希望しない場合を除き、アカウントが自動的にNapsterに移行されることを通知する。AOLの声明によると、移行はシームレスに行われる見通しで、Music Nowの既存ユーザーは従来のユーザー名とパスワードを使い続けることが可能だという。

 AOLは、2005年後半にCircuit Cityから「MusicNow」を買収し、Music Nowサービスの提供を開始した。AOLでは、Music NowからNapsterへの移行は60日以内に完了する、との見通しだ。さらに、Time Warner傘下のAOLは、Napsterがメンバーの既存の楽曲ライブラリを残すことを明言している。

 2005年のデビュー作『Bluestars』からのシングル“Grind With Me”が大ヒットを記録し、本国アメリカでは絶大な人気を集める2シンガー+2MC編成による若手R&Bグループ、プリティ・リッキーがニュー・アルバム『Late Night Special』を1月23日にUSでリリースします(日本盤のリリースは2月7日予定)。
 セカンド・アルバムとなる今作でも、彼らの特色であるサウス・ヒップホップ色の濃厚なプロダクションは健在で、そこに絡む美声ハーモニーとハードなラップが現行のシーンにバッチリはまった力作に仕上がっています!先行シングルとなる美メロ・ナンバー“On The Hotline”もじわじわと話題になっており、ここ日本でのブレイクも期待される。
PRETTY RICKY関連
PRETTY RICKY オフィシャル・サイト

 作曲家モーツァルト(1756~91)の初期の作品とみられるピアノ曲が18世紀の楽譜集の中から新たに見つかった。オーストリアの地元放送局ORFが27日報じた。作品は29日、モーツァルトが生まれ育ったザルツブルクで演奏される。世界各地で様々なイベントが行われたモーツァルト生誕250周年の今年は、未発表作品の発見、初公演で締めくくることになりそうだ。

 ORFなどによると、楽譜集は、モーツァルトの父レオポルトとゆかりがあったピアノ教師ら2人が本にまとめた。数カ月前に、所有者からザルツブルク大司教区の資料管理責任者エルンスト・ヒンターマイアー氏に提供されたという。

 同氏はピアノ小曲118作品を含む本の中に「ウォルフガング・モーツァルトのアレグロ」と書かれた楽譜を発見。「アマデウス」の名を使う以前の1760年代前半の作品と推定され、モーツァルトが8~9歳ごろに作曲した可能性が高いという。また、楽譜集には、モーツァルト作の可能性がある作品がもう1曲あるとしている。

 frank_zappa.jpg
1966年のデビュー以来、今もなおカルト的人気を誇る奇才、故フランク・ザッパ。

彼が82年のツアーをキャンセルした代わりにリリースした、約90分に及ぶ映像作品が日本盤DVD『Frank Zappa/Dub Room Special』として2月21日に復活します! 2005年のアメリカ盤DVDがリージョン・フリーでなかったために涙をのんだファンも多かったであろうこの作品。81年のニューヨーク、パラディウム・シアターでのハロウィーン・ショウと、74年のTVスペシャル〈ア・トークン・オブ・ヒズ・エクストリーム〉のためのスタジオ・ライブを収録した内容で、“Uncle Meat”から“Flakes”まで代表作が目白押し。

 若き日のスティーヴ・ヴァイ(ギター)、ルース・アンダーウッド(パーカッション)ほか、凄腕ぞろいのメンバーも見どころです。さらに、特典映像として短いドキュメンタリー「Valley Girl Documentary」も収録。DVD「Baby Snakes」でもお馴染み、ブルース・ビックフォードのクレイ・アニメーションも随所に挿入され、映像作品としても完成度の高いファン必携の一枚。

High-End Life Style
日本の年越しに欠かせない「第九交響曲」をはじめ、「エリーゼのために」、「運命」などベートーヴェンの曲を知らない、聴いたことがないという人はまずいないだろう。そんな世界中の人々に愛され続けている偉大なる音楽家の晩年、“第九”の生まれた背景を描いた映画が『敬愛なるベートーヴェン』だ。

監督はレオナルド・ディカプリオ主演『太陽と月に背いて』のアグニエシュカ・ホランド。ベートーヴェンを演じるのは彼女と20年来の友人であり、今回が『ワルシャワの悲劇/神父暗殺』、『奇蹟の詩 サード・ミラクル』に続く3度目のタッグとなるエド・ハリス。ピアノ、指揮、写譜を身に着け、狂気とも言える音楽への情熱、難聴がもたらした苦悩、愛を成就できなかった孤独な生涯──心身共にベートーヴェンを演じきった。最大の見せ場である「第九」の演奏シーンは圧巻の一言!

 今年7月にソロ・アルバム『The Eraser』をリリースしたレディオヘッドのフロントマン、トム・ヨーク。彼が自身のブログにて、ファンに向けて未発表曲を無料配信することを発表。 
 日本時間の12月11日深夜より、アルバム『The Eraser』のオフィシャルサイトにて配信がスタートした。現在配信されている音源は、前述のソロ作に収録されていた“The Clock”と“Analyse”、それぞれのリミックス・ヴァージョン。“The Clock”のリミックスは、テクノ界屈指のミニマリスト、サージョンが担当している。配信期間は1週間のみとのことなので、ダウンロードはお早めに!

 なお、トム・ヨークは現在、『The Eraser』全曲のリミックス作業に取り掛かっているとのことなので、今後の展開にも注目しておきましょう。また、日本未発売のシングルB面曲や、アナログ盤のみに収録されたレア・トラックなどを集めた日本企画EP『Spitting Feathers』も先ごろ発売されたばかりなので、こちらもお見逃しなく。


コーネリアス 5年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース。

シングルのタイトル・トラック「Music」「Breezin'」、ドライヴするギター・サウンドに、細かくチョップされたヴォーカルがパーカッシヴに配置される先鋭的なトラック「Gum」(ボーダフォンCMソング)などを含むコーネリアスならではのサウンド・マジック全開の作品です。

タイトルの“sensuous”とは
・感覚の、感覚的な;感覚に訴える、感覚を喜ばせる
・感覚の鋭敏な、敏感な
という意味。「ファンタズマ」以降、コーネリアスが表現してきた音楽性を端的に表している言葉ではないでしょうか!?
WARNER cornelius
www.cornelius-sound.com

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com