森山大道
東京都写真美術館は5月13日より、写真家、森山大道さんの個展「i.レトロスペクティヴ1965-2005/ii.ハワイ」を開催する。

 森山さんは、1963年にフリーの写真家として活動をスタート。モノクロ写真を軸に横須賀、熱海、新宿、浅草などで撮影を進める中、「写真よさようなら」(1972年)、「犬の記憶」(1984年)、「新宿」(2002年)など数々の写真集を発表し、昨年は「ハワイ」「KAGERO&COLORS」などの作品を続けて刊行した。

 同展では、森山さんのこれまでの「足跡」と、現在の活動にスポットを当てた「今」の2部構成で作品を展示する。「i.レトロスペクティヴ1965-2005」では、1965年~2005年までの作品に未発表作を加えた約200点を紹介。一方の「ii.ハワイ」は、美術館での展示は初となる最新作「ハワイ」をはじめ、大型プリントも多数公開する。3年の歳月を費やし、ハワイ島、オアフ島を舞台に、自然、街並み、人々をモノクロームでとらえた。

 同展に合わせて、写真評論家や小説家、美術家など各界著名人の評論を集めた論評集「森山大道論」(2,400円、淡交社刊)を販売。森山さんと多彩なゲストによるトークイベント「森山大道連続対論」(23日、24日、30日)なども行う。

 会場は、「i.レトロスペクティヴ1965-2005」=3階展示室、「ii.ハワイ」=2階展示室。開場は10時~18時(木曜・金曜は20時まで)。月曜休館(5月5日を除く)。入場料は、一般=1,100円、学生=900円ほか。6月29日まで。

ビンテージ絵本展
 渋谷・ロゴスギャラリーは4月18日より、海外のビンテージ絵本を集めた展覧会「海の向こうのふる~い絵本-ヴィンテージ絵本の魅力-」を開催する。

 同展では、1930年以降に出版され絶版となった絵本や有名絵本作家の作品の展示・販売を行う。会場には、1930年代~1970年代にアメリカで発表された絵本を中心に、約200冊のビンテージ絵本や絵本作家によるビンテージポスターが並ぶ。

 絵本は、フランスの絵本作家、トミー・アンゲラーさんのキリンとネズミを題材にした「Mr TALL AND Mr SMALL」のほか、日本でも「ロバのロバちゃん」というタイトルの翻訳版が出版されたロジャー・デュボアザンの絵本「DONKEY DONKEY」など。両名とも、最も優れた絵本に贈られる米「コルデコット賞」を受賞しており、絵本作家としてその名をはせた。

 開催時間は10時~21時(最終日は17時閉場)。入場無料。4月30日まで。

SoLaDo(ソラド)原宿
 原宿・竹下通りに4月11日、ファッション店舗やフードコードなどが集積した新商業施設「SoLaDo(ソラド)原宿」が開業する。

最上階にはスイーツバイキングで若者にも人気の「スイーツパラダイス」がテラス付きで出店するなど、話題も多い「新名所」が竹下通りに登場。施設2階にはハンディーピザやジュースバーなどが集まるフードコートもオープンし、人気を集めそうだ。

 施設は、不動産コンサルティング、企画・開発などを手がけるワールドクリエイトが開発型特定目的会社(SPC)などを通じ開業した。コンセプトは、「ゆったりと快適にショッピングや食事を楽しめるファッション&フードスペース」。施設名は「Solar(太陽)」の下で「Do(行動する)」という造語に由来する。

 明治通り近くの竹下通りに面するビルは、地下1階・地上3階、延べ床面積=2,189.97平方メートル。大きな窓を多数採用するなど、太陽光も多く取り込む「明るい」空間設計が特徴。スイーツパラダイスが入る3階にはウッドテラスも設けた。

 1階は「ファッション&グッズ」。ティーンズ向けレディスセレクトショップ「ピンクラテ」、南国風ファッションや雑貨を扱う「ロコネイル」、レディスシューズ「キーラ」や、人気アクセサリーチェーン「クレアーズ」、シューズセレクト「ラッシュ」など10店が出店する。

 全13店舗が集まる2階フードコートは、イエローをアクセントにした飲食スペース。大型たこ焼きで知られる「ばくだん焼本舗」、コーン型のハンディーピザとホットドッグの「ほっと ふらうわぁー」、激辛ラーメンと石焼ビビンバの「麺屋 韓辛」などのファストフードをはじめ、マイナス30度の鉄板でアイスを練り固める「マジックアイス」、花びら型のどら焼きサンドスイーツ「イキ」など、スイーツ系も充実させる。

 ユニークな業態では、犬キャラクター「お茶犬」をモチーフにしたメニューを提供する「お茶犬cafe」や、野菜・果物ジュースに好みのビタミンなどを追加できる「オーダーメード」タイプのジュースバー「Juice Beauty(ジュースビューティー)」などが登場する。

 地下1階に大型店を出店する古着店「ウィゴー」に加え、1フロアすべてを使い営業するのが、行列のできる人気スイーツバイキング店「スイーツパラダイス」。原宿進出となる竹下通り店は、同店の特徴でもある赤を基調に、テラス席も設けた新空間。バイキング時間70分(料金=大人1480円ほか)で、ケーキなどの洋菓子を提供する。

ニューヨーク
 代官山「MONKEY GALLERYで4月6日より、ニューヨークの地下鉄に掲出された著名アーティストのポスター展が開催されている。

 一堂に並ぶポスターはすべて、NYの老舗芸術大学「スクール・オブ・ビジュアル・アーツ(SVA)」の広告ビジュアルとして発表されたもの。同大は、地下鉄構内に広告を出すアイデアも画期的だった1950年代から例年著名アーティストによるポスターを掲出。大学のPRだけでなく、近年ではアートの力や9.11テロ以降のNY「再生」をアピールするメッセージとしても表現が多様化してきた。

 日本初の本格的な展示となる今回、会場にはオリジナル作品13点を含む41点が並ぶ。デザインを担当したイラストレーターやグラフィックアーティストはいずれも同大で講師として生徒に教える著名アーティストの面々。ポスター展示が始まった1950年代の初期作品をはじめ、80年代以前の貴重なポスターも多数展示する。

 実際に使われたオリジナルポスターは、同大50周年を記念し、1996年に制作された「ART IS」キャンペーンの作品が中心。9.11テロが起きた2001年以降からは、NYで創設され50年以上の歴史を持つ同大ならではのメッセージ性のある作品も増える。

 「I LOVE NY」(LOEVはハートマーク)のロゴデザインも手がけたグラフィックデザイナーのミルトン・グレイザーさんは2001年、「I LOVE NY」のデザインをベースに、9.11テロに対し「I LOVE NY MORE THAN EVER」というメッセージを追加したポスターを発表。続く2002年のケビン・オキャロハンさんの作品でも、ツインタワーが室内の植木に見立てられ、NYからのメッセージがくみ取れるデザインになっている。

 営業時間は12時~19時。入場無料。4月13日まで。

UKストリートアート
覆面芸術家「バンクシー」ら、ロンドン(UK)ストリートアートの第一線で活躍する作家の作品を一堂に集めた企画展「We didn’t do it」が3月23日、ラフォーレミュージアム原宿(渋谷区神宮前1、ラフォーレ原宿6階)で始まった。

 アート、ファッション、音楽など英国のクリエーティブシーンが国内外で盛り上がりを見せる中、時に神出鬼没で反体制的なメッセージを訴えかけてきたUKストリートアートも、その独自の地位を確立しつつある。

 UKストリートアーティストの代表格で、自らの正体を明かさず覆面アーティストとして活動するバンクシーも、シーンの最前線を担う1人。2005年、ニューヨーク近代美術館など各国の有名美術館に自身の作品を「無断展示」し脚光を浴びたバンクシーは、アイロニカルなメッセージをポップなグラフィティー作品などで表現。オークションでも作品が高値で落札されるなど、世界的評価も高い。

 同展では、バンクシーの作品を中心に、著名ブランドのアートワークやレコードジャケットなども手がけるポール・インセクトさん、マンガや日本の街頭をモチーフにした作品でも知られるアントニー・ミカレフさんら総勢28人のアーティスト作品を展示する。

 会場は入り組んだ什器でロンドンのストリート感を出した。バンクシーは、15点以上のシルクスクリーン作品を紹介。各作家とも大型の作品はないものの、独特のカラーセンスやポップ感覚あふれるタッチからUKストリートアートシーンの「今」が垣間見られる内容となっている。

マリオ・ジャコメッリ
 東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス、TEL 03-3280-0099)は3月15日より、イタリア人写真家、マリオ・ジャコメッリ(1925-2000)の大規模な写真展「知られざる鬼才、マリオ・ジャコメッリ展」を開催している。

 ジャコメッリは、イタリア中部の小さな街、セニガリアの生まれ。10代半ばから地元の印刷屋で働き始め、生涯この職業に従事する。そのかたわらカメラに興味を持ったジャコメッリは、1950年代から写真を撮り始める。

 作品は、「黒」と「白」のハイコントラストを特徴とし、その強烈なコントラストは「生」と「死」になぞらえられることも。地元セニガリアでアマチュア写真家として活動するジャコメッリは、母親の働くホスピスにカメラを持ち込み、「生」と「死」をテーマにした撮影などを行う。この作品は後に「ホスピス」シリーズとして、代表作のひとつに挙げられる。

 同展では、1954年から1983年にかけて撮影された「ホスピス」シリーズをはじめ、黒い伝統衣装をまとった人々が行き交うローマの村、スカンノで撮った「スカンノ」シリーズ(1957-1959)、修道院の司祭たちが戯れる日常のひとときをとらえた「若き司祭たち」シリーズ(1961-1963)などの代表シリーズを展示。

 死の年まで撮り続けた、植物や農作物をはぐくむ大地に生と死を見いだした「風景」シリーズ(1955-2000)や、セルフタイマーで撮られた遺作「この憶い出を君たちへ」シリーズ(1998-2000)など、晩年のシリーズなども幅広く紹介している。

 開場は10時~18時(木曜・金曜は20時まで)。月曜休館。入場料は、一般=1,000円、学生=800円ほか。5月6日まで。

ポワン エフェメール当たり前に思っている「物」の価値観に新たな視点を生み出す3人のアーティスト、大西康明さん、大和由佳さん、大舩真言さんらの作品を展示する「ポワン エフェメール」展が2月15日より、Bunkamuraギャラリーで開催される。

タイトルの「ポワン エフェメール」は「一瞬の点」を意味する。同展では、見えなかったものを見たときの「一瞬」、気付かなかったことに気付いたときの「一瞬」の驚きを、3人のアーティストの作品から探る。

大西さんは、第10回岡本太郎記念現代芸術賞展(2007年)で岡本太郎賞を受賞した新進アーティスト。同展では、光の中で呼吸するビニールや、新作ドローイング(デッサン)の作品を出展する。大和さんは、ドローイングやオブジェクト、インスタレーションなどのスタイルで活動。作品は、鳥の姿を切り抜いたカーペットを使い、切り抜いたところに貝粉や墨粉などを埋め込んで作られたインスタレーションなど。大舩さんは、建築やアートの可能性の探求などをテーマに、ヨーロッパ各地で精力的に展覧会を開く。自身のWAVE(=光、空気、水、音、心などの振動)シリーズの新作を展示する。

開館時間は10時~19時30分。入館無料。今月24日まで。23日15時からギャラリー・トークを開催予定。

GranTokyo South Tower(グラン・トウキョウ・サウスタワー)」
「東京駅が、街になる」をキャッチフレーズに史上空前の開発が進められてきた「TOKYO STATION CITY」プロジェクト。東京駅構内、丸の内口、日本橋口、そして八重洲口を交通、ビジネス、商業が複合したひとつの街として再生させる構想だが、そのひとつとして「GranTokyo South Tower(グラン・トウキョウ・サウスタワー)」がいよいよ完成、11月6日に開業する。地上42階、地下4階、高さ200メートルの超高層タワー。地下1階から地上2階が店舗、地上5階から41階がオフィスとなる。

この「GranTokyo South Tower」地下1階、「GranAge(グランアージュ)」に、恵比寿「Q」、渋谷「P」、西麻布「A」「D」、中目黒「S」といったスタイリッシュな人気立ち飲みバーや辛味噌ホルモンの「MANGIN」などを展開している株式会社デュアルウェーブがプロデュースした、パテと各種ワインをグラスで楽しめるビストロ「麻布十番 パテ屋」をオープンする。この「麻布十番 パテ屋」は、昨年の10月27日オープンの麻布十番店に続く2号店。経営は静岡で「ピザーラ」などを展開するメガフランチャイジーの株式会社セント・リングス。デュアルウェーブは店舗プロデュースと運営を請け負う。

「麻布十番 パテ屋」のコンセプトは“パテ×ワイン”を提供する新しいビストロ。これまでワインにはチーズが定番だったが、それに代わるアイテムとして“パテ”を合わせる。様々なパテやテリーヌが常時10種以上揃う(テイクアウト可)。その他、季節料理や魚介、惣菜、煮込み料理も用意。ランチはパテサンド、ハンバーグ、パスタ、スープなども取り揃える。ワインもグラスで仏・伊・カリフォルニアなどの銘柄を多数揃えた。

デュアルウェーブ・井上氏は『東京カレンダー』とのプロジェクトにより「Q」「P」「A」「S」などをプロデュースし、業界で注目を集めてきた。11月6日にはやはり“カレンダープロジェクト”の「A」(串揚げ立ち飲み)2号店を新宿三丁目にオープンするほか、12月下旬には六本木に4階建て1棟の飲食店ビルをオープンする予定。

11月6日にグランドオープンする「GranTokyo South Tower」地下の商業施設「GranAge(グランアージュ)」には「麻布十番 パテ屋」のほか、「すし 京辰」「讃岐うどん 野らぼー」「創作茶漬け こめらく」「浅草 銀鯱」「餃子舗 ミンミン」がオープンする。隣の「PCPビル」の地下1階、1~2階の既存店舗を含め、八重洲地下街と直結した商業施設「GranAge(グランアージュ)」と総称、JR東日本グループの株式会社鉄道会館が運営する。

ジェフリー・フルビマーリ
世界的に活躍するファッションイラストレーターのジェフリー・フルビマーリが、新宿タカシマヤ内のバス雑貨店「内野」で来日記念イベントを行う。

コケティッシュでキュート、色彩鮮やかな独特のイラストで、バーニーズニューヨーク、ルイ・ヴィトン、マドンナなど世界のトップブランド、セレブリティとのコラボレーションを実現してきたトップアーティスト。’99年~は自身の雑貨ブランド「Jeffrey Fulvimari」も展開している。今回のイベントでは、「ライブペインティング・サイン会」やグッズ販売の他、抽選でジェフリー本人から似顔絵をかいてもらえるという貴重な企画もある。

styleate.com | ルイヴィトン
現代アート販売のアーティフェックスは9月1日、恵比寿三越(恵比寿4)2階にアート作品と家電を同空間で扱う新型のギャラリー「アーティフェックス ギャラリー」(TEL 03-6415-8651)を開設した。

 家電ではリアル・フリート(神宮前6)と提携し、同社の自社ブランド「アマダナ」の商品を販売。家電やインテリア、アートを「インテリア・コンテンツ」として提案し、「高まりつつあるアート需要に対応する」(同社)という。店舗面積は約14坪。

 ギャラリーでは、伊藤桂司さん、那須香おりさんら広告や音楽関連などの商業デザイナーとしても活躍するアーティストの作品を取りそろえる。アーティフェックスの山木秀文社長は「世に出回る広告やCDジャケットにもデータ入稿する前の『原画』があることに目を付けた」と話す。普段市場には出にくいアーティストの原画や版画を紹介する一方で、すぐ横にはアマダナの家電が並ぶ。

 「都市に生活する人向けの『インテリア』としてアマダナの商品も併せて提案していきたい」と同社長。アマダナの商品はフルラインに近い品ぞろえ。ほかに、アーティストTシャツや雑貨なども販売する。今後はギャラリー内で順次自主企画展なども開催していく予定。営業時間は11時~20時。

アマダナ

www.styleate.com | ルイヴィトン
デザインタイド実行委員会は8月10日、今秋の開催に向けて準備を進める複合デザインイベント「Design Tide in Tokyo 2007」のメーン会場に国立霞ヶ丘競技場(以下「国立競技場」)が決定したことを明らかにした。

 2004年に終了した「東京デザイナーズブロック」の流れを受け継ぎ、国内インテリア業界の中心人物が集まり始まった同イベントは今年で3年目。メーンエキシビションやマーケットが開かれるメーン会場は、「国連大学ビル」(2005年)、明治通り沿いの空きビル「東洋ビル」(2006年)と年ごとに場所を変えてきた。

 今年は神宮外苑中央広場で同時期に開催されるデザイン見本市「東京デザイナーズウィーク」の会場からも近い国立競技場へと拠点を移し、国内外のアーティストやブランド、ショップなどがインスタレーションやアートワークを披露する。今年のベーステーマは「デザインを楽しもう」という空気感を込めた「PLAY」。

 メーン会場は、各国からデザイナーやメーカー、バイヤーなどが集まる「Tide EXHIBITION」、デザイナー自らが出店するミュージアムショップ「Tide MARKET」、今年のテーマに沿って打ち出す企画展「Tide THINK」の3区画で構成。会期中は、青山・原宿・渋谷・六本木エリアにある40~50カ所のショップやギャラリー、カフェなどでも展示イベントを開催する。

 同実行委員会では、参加デザイナーを8月下旬にも発表するという。

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ
「Wii Sports」でゲームプレーヤーがソファーに座らず立ち上がるようになってから、「wii」は健康指向のゲーマーの大きな注目を集めるようになった。Wiiリモコンのモーション検出機能は、各種ゲームのなかの振り回す、振り下ろす、回転させるといったさまざまな動きでプレーヤーを活動的にさせる。今回、任天堂は次の一歩を踏みだしてwiiをフィットネス機器に仕上げてきた。しかも、wiiリモコンを使わずにだ。

 任天堂は、米国時間7月11日の記者会見で「Wii Fit」を発表した。その名前が示すように、Wii FitはWii用のフィットネスゲームとなっている。Nintendo DSで「脳トレ」が頭の運動になったのと同じように、Wii Fitはwiiを使って体の運動を行う。エアロビクスからバランスゲームまで、搭載されるゲームは40種類あり、体の健康維持を助けるようになっている。脳トレやWii Sports同様、Wii Fitもさまざまな運動データを記録およびトラッキングするため、時間の経過に伴う進歩状況を監視できる。

 驚いたことに、Wii FitはWiiリモコンではなく、「Wii Balance Board」(WBB)という全く新しいコントローラを使う。WBBは床に敷き、Wiiリモコンのようにwiiにワイヤレス接続して使うようになっている。ボード上に立てば体重やバランスも計測され、立ち方、寄りかかり方、体重の移動、あるいは体の移動までゲームがトラッキングする。ちょうどWiiリモコンと「Dance Dance Revolution」のパッドを組み合わせたような感じだ。

 任天堂は発売日を発表していないが、Wii Fitはおそらく「Mario Kart Wii」など、任天堂のほかの主力ゲームの出荷が予定される2008年第1四半期までには店頭に並ぶものと思われる。

wii

www.styleate.com | ルイヴィトンのバッグ 東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内、TEL 03-3280-0099、以下「写美」)は7月7日より、英国人写真家マーティン・パーさんの個展「FASHION MAGAZINE」を開催する。

 1952年生まれのパーさんは、マンチェスターのスクールで写真を学び、その後フリーの写真家として頭角を表すまでは写真関連の教育機関にも携わった。ユニークなコンセプトから繰り出される作品は、社会を捉えるシニカルな視点にも評価が集まり、2004年にはロンドンで大回顧展も行われた。

 アートフォトブック分野の専門家としても知られるパーさんが2005年に発表した写真集「FASHION MAGAGINE」は、華やかなファッションの世界をテーマにしながらも、ユニークな構図や「毒」の効いた演出が随所に散りばめられたパーさんの代表作ともいえる作品。日本初の大規模な個展となる同展では、同作の写真を中心に新作を加えた約110点を展示する。

 「FASHION MAGAZINE」の中から紹介されるのは、ファッションショーのバックステージを写した「クチュール・キス」(2005年)シリーズや、美しい靴の数々をユニークなシチュエーションと対比させた「代償」(1997~2005年)、ビーチリゾートを彩るカラフルな人々やファッションを大胆な構図で捉えた「海辺のカラー」(1999~2004年)シリーズなど。

 新作「ポール・スミス2007年秋冬コレクション」は、英ファッションブランド「ポール・スミス」とのコラボレーションで同展のために撮り下ろした新作。神宮前の「ポール・スミス スペース」3階ギャラリーでも、同13日から9月2日まで写真展を開催する。

 写美では7月14日にパーさん本人によるトークイベントを開催。展示会場は2階展示室。入場料は一般=1,000円、学生=800円ほか。8月26日まで(月曜休館)。

www.styleate.com | ルイヴィトン バッグ
 8月11日・12日に東京と大阪で同時開催される都市型フェス〈SUMMER SONIC 2007〉の出演アーティスト第15弾が発表された。

テムズビートの代表格、ホロウェイズが東京、大阪両公演に登場。
また、フランス出身のシンガー・ソング・ライターのジェロアークティック・モンキーズとも親交の深いレヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ、叙情的な日本語ロックを奏でる音速ラインの3組が、東京公演のみに出演する。

チケット予約

タワレコで出演アーティストのCDをチェック!

www.styleate.com|ルイヴィトンのバッグ メディコム・トイは6月23日より、渋谷「パルコミュージアム」(渋谷パルコパート3・7階、TEL 03-3477-5873)で新作展示会「MEDICOM TOY EXHIBITION 2007」を開催する。

 クマ型フィギュア「BE@RBRICK(ベアブリック)」などの人気商品を企画・製造するメディコム・トイ。会期中はニューアイテムを一堂に展示し、今年から来年にかけて発売予定の新商品サンプルを先行公開する。

 展示するのは、各国の企業やアーティストとのコラボレーションを展開してきたブロックタイプフィギュア「KUBRICK(キューブリック)」や「BE@RBRICK」の最新作に加え、映画やアニメ、コミックなどのヒーローを12インチ(約30センチ)のサイズでリアルに作り込む「REAL ACTION HEROES」シリーズ、NYの著名アーティストKAWSと共同プロデュースする「OriginalFake」の新作など。

 会場では、「スターウォーズ」キャラクターとのコラボレーションアイテムなどの同展記念商品も先行発売する。ショップのみの利用はできず、商品によっては一人あたりの購入個数制限も行う。入場料は一般=300円。7月2日まで。

メディコム・トイ

www.styleate.com||ニンテンドーDS   www.styleate.com||ニンテンドーDS
 任天堂は、ニンテンドーDSの新色2色「グロスシルバー」と「メタリックロゼ」の本体写真を公開した。

 今回追加されるのは、落ち着いた雰囲気の「グロスシルバー」と、美しい「メタリックロゼ」の2色。どちらも2007年6月23日に発売予定。価格はこれまでどおり1万6800円(税込)となる。

ニンテンドーDS

www.styleate.com || ルイヴィトン/クロエ/グッチ
 株式会社タカラトミーが、1984年の誕生から全世界累計出荷数3億個以上を誇る、世界で最も有名なロボット「トランスフォーマー」と、株式会社ナイキジャパンが誇る、人間の足の研究技術と成果を集積した最新モデルシューズ「NIKE FREE 7.0」を、『トランスフォーム(変形)』というテーマでコラボレートした新商品、 正義の司令官コンボイに変形する「TRANSFORMERS SPORTS LABEL CONVOY feat. NIKE FREE 7.0」(赤/白)と、悪の破壊大帝メガトロンに変形する「TRANSFORMERS SPORTS LABEL MEGATRON feat. NIKE FREE 7.0」(黒/グレー)を2007年4月26日より、各2,625円(税込)で発売する。

 NIKEの完全監修のもと、今春発売の最新モデルシューズ「NIKE FREE 7.0」の細部のディテールまで完全に再現し、サイズは27センチの1/2スケールで、11段階のステップを踏んでシューズからトランスフォーマーに変形する。

www.styleate.com[ルイヴィトン|グッチ|旅行情報|沖縄|ハワイ]  Microsoftは米国時間3月27日、アップグレード版である新しい「Xbox 360 ELITE」を発表した。120GバイトのハードドライブとHDMI端子を搭載する。ボディカラーはブラックで、価格は479ドルになる予定。

Xbox 360





www.styleate.com ルイヴィトン 空前の大ヒットとなった宮崎駿監督の『ハウルの動く城』から4年、3月19日、東宝本社会議室にて、スタジオジブリ待望の最新作が発表された。宮崎駿のオリジナル作品で、「人間になりたい」と願った金魚姫のポニョと、5才の男の子宗介の物語が描かれる作品『崖の上のポニョ』だ。

 鈴木敏夫プロデューサーは、「制作に取り掛かって一年半。今回は、今までの作品のような緻密な絵とは違って、CGを使わない新しい描き方の長編に取り組んでいます。緻密さをなくすことで、アニメーションの楽しみは何なのかを考え、(宮崎は)本来の楽しさを持ってやってみたいそうです。物語の主な舞台になる海の波も、すべて手書きで表現していくので、今まで誰も見たことのないような世界になるんじゃないかな。物語・絵コンテは半分くらいまでできています。この挑戦に宮崎監督自身も大きな期待を持っているようで、さらに制作に没頭しています」と挑戦的な作品でありながらも宮崎駿のオリジナル作品であるということを強調していた。

www.styleate.com 東京・上野の東京国立博物館で20日から特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」(朝日新聞社、NHKなど主催)が始まるのを前に、開会式と内覧会が19日開かれ、約1700人が参加した。

 式には常陸宮ご夫妻やイタリアのフランチェスコ・ルテッリ副首相兼文化財・文化活動相、マリオ・ボーバ駐日大使、近藤信司文化庁長官、秋山耿太郎朝日新聞社長らが出席。ルテッリ副首相は「日本の皆さんがイタリアの文化を愛して下さるお返しに『受胎告知』を持ってきました。日伊交流の懸け橋になってほしい」と、あいさつした。

 展覧会は6月17日まで。同館にダ・ヴィンチの作品が展示されるのは「モナリザ」以来33年ぶりで、当時と同じく本館特別5室に「受胎告知」だけが展示された。

 隣接の平成館では、ダ・ヴィンチが手がけた可能性の高い彫刻「少年キリスト像」をはじめ、残された手稿をもとに制作された模型や映像など約100点が紹介される。

公式サイト

ディパーテッド
今年最高の映画を決める最優秀作品賞に、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグらハリウッド超豪華俳優陣が集結した『ディパーテッド』が輝いた。本作はマーティン・スコセッシが監督賞を受賞したほか、脚色賞、編集賞とあわせて4つの賞を獲得。今回の受賞により、アジア映画のハリウッド・リメイクにも再び注目が高まるだろう。

尚『ブラッド・ダイヤモンド』での演技が評価され、初受賞が期待されていたレオナルドはまたしても受賞先送りという残念な結果に終わってしまった。

ディパーテッドチケット予約

High-End Life Style  国際的な玩具見本市であるAmerican International Toy Fairがニューヨーク市のジャコブジャビッツコンベンションセンターで開催された。LEGOで組み立てられたスポンジボブスクエアパンツが、LEGOの展示場入り口で出迎えてくれる。厳重に保護されていて、アポイントメントをとった記者や小売業者、広報担当だけが入ることができる。

詳細

 飲食事業を展開する竹若(中央区)は、今春リニューアルオープンするアトレ恵比寿(渋谷区恵比寿南1)に、吉祥寺の有名パティスリー「アテスウェイ」出身の安藤信行シェフが手がける洋菓子店「パティスリー フランセーズ プルーム」を出店する。

 1977年生まれ、新潟県出身の安藤シェフは、横浜の洋菓子店「ベルグの4月」で修行後、アテスウェイのスーシェフ(副料理長)に就任。現在、2005年浦安市にオープンしたパティスリー「プルーム」でシェフパティシエを務める若手。プルームの洋菓子は、「優しさの伝わる手作りのフランスケーキ」がコンセプト。食材を厳選し、天然素材や旬の素材にこだわってきたという。

 恵比寿店は、SC(ショッピングセンター)で初の出店。今後もSCへの出店はアトレ恵比寿1店舗に「限定」し、新天地で20代~40代の「ファッション感度の高い」女性客の取り込みを狙う。店舗面積は約8.9坪。地元・舞浜の海をイメージしたという主力商品「舞浜ロール」(1,200円~)や、旬の食材を使う「シーズンショートケーキ」(380円)に加え、店内には恵比寿店限定の「オレンジプルーム」区画を開設。オレンジを使った限定スイーツを提供していくという。

 同店を運営する竹若の竹若勝社長は「浦安本店は、家族連れやペット連れなどの地元住民に親しまれてきた。恵比寿店でも主婦や子ども連れのお客様に『優しい』ケーキを提供できれば」と話している。店は3月23日のアトレ恵比寿グランドリニューアルに先がけ、同9日に先行オープン。アトレ恵比寿では同店以外のスイーツ店も一斉にオープンを予定している。

High-End Life Style
 ニューヨークを拠点に活動するメディアアーティスト、アレクサンダー・ゲルマンさんによる新作インスタレーションが2月3日より、渋谷の地下ギャラリー「NANZUKA UNDERGROUND」(渋谷2、TEL 03-3400-0075)で披露されている。

 ゲルマンさんは1980年代頃からアーティストとして頭角を現し、以来ニューヨークやロンドン、東京など世界の各都市で先鋭的な作品を発表。グラフィックや映像などさまざまなメディアを通して作られる作品は、ゲルマンさん独自の「合理的」な視点に裏付けされたものが多く、一部の作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)や仏国立図書館のパーマネントコレクション(永久保存作品)にも選定されているという。日本では、昨年8月に銀座で大規模な回顧展も開催した。

 今回ゲルマンさんが発表するのは、「Little Black..」と名付けた空間と一体になったインスタレーション。会場となるギャラリーに黒の巨大な立方体を設置し、「物体の本質的な部分を浮き彫りにさせる」という。会場ではインスタレーションのほかに、63点のプリント作品による新作シリーズも併せて展示している。

 ゲルマンさんは今回のインスタレーションについて、「私は定義付けや分類には興味がありません。言葉による説明は控えておきます」とコメントしている。入場無料。3月4日まで。

NANZUKA UNDERGROUND

 Apple Inc.と、1968年に設立されたThe BEATLESのレコードレーベルApple Corps Ltd.が、「Apple」の名称とロゴの使用に関して和解した。

 米国時間2月5日付けの発表によると、今回の合意により、Apple Inc.(旧Apple Computer)が「Apple」に関連したすべての登録商標とロゴを所有し、Apple Corps Ltd.はライセンス供与を受けながらこれらを使用することになったという。

 Appleという語を企業名に使う両社が長年繰り広げてきた争いがようやく終結する。今回の合意は、両社が交わした1991年の契約に取って代わるものとなる。従来の契約では、Apple Inc.がCDやカセットテープなどの物理メディアを使って楽曲を配布することが禁じられていた。もっとも、これはデジタル音楽市場が出現する以前のことだった。Apple Inc.によると、これまでの訴訟費用はそれぞれが負担するという。

 Apple Inc.の最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は声明で「われわれはThe Beatlesの大ファンだ。商標を巡って(Apple Corpsとの)関係が悪化していくことには心を痛めていた」と述べた。Jobs氏はさらに「建設的な方向に話を進め、今後の争いを避けられるような方法で問題を解決でき、非常にうれしく思っている」と加えた。

 和解を受け、今後Apple Inc.のiTunes StoreがThe Beatlesのアルバムを扱い始めるのか否かについては明らかにされていない。The Beatlesの楽曲は、合法的なデジタルダウンロードサービスではまだ発売されていない。

High-End Life Style
企画、監督、主演・松本人志。ジャンル、共演者ほか詳細不明――。吉本興業と松竹のタッグの下、松本人志が初めて監督を務める映画『大日本人』の製作発表記者会見が1月25日(木)都内で開かれ、松本“監督”と吉本興業の吉野伊佐男社長、松竹の野田助嗣専務取締役が出席した。野田専務からは今年6月をめどに全国200館以上での公開が発表され、吉野社長が「念願」と語った吉本初の映画製作に対する期待の高さと自信を感じさせた。一方で事前に報道陣に公表されていた情報はほぼ皆無。タイトルの『大日本人(だいにっぽんじん)』も会場で初めて明かされた。当然ながら作品の中身についての質問が相次いだが、松本さんは冗談を交えての絶妙の“松本節”で詰めかけた報道陣を煙に巻いた。

主演も務める松本さんの役柄は「簡単に言うとヒーローです」とのこと。しかし「本当は監督だけに専念したかったんですが、まあ…いろいろと会社の“オトナの事情”もありまして…」と笑いを誘いながら肝心の中身についてははぐらかす。他の出演者についても「(いろいろとお楽しみが)ありますよ!!」と力強く宣言するも「(誰が出ているかについては)他の人に聞いてください。それは…アレなんで…」と脇に控える関係者の方を横目で見ながらトーンダウン。ジャンルは?との質問に「ジャンルというのは観た人が判断するものだと思ってます。うちの近所のビデオ屋の時代劇のコーナーには『志村けんのバカ殿』がありますから」と答えると会場は笑いの渦に包まれた。

公開は2007年6月より全国松竹系にて公開予定。

公式サイト

High-End Life Style
タカラトミーは、ハイスペックで低価格な二足歩行ヒューマノイド型ロボット『Omnibot2007 i-SOBOT』(オムニボット2007アイソボット)を開発、7月に発売すると発表した。身長165mm、組み立て済みで予価3万1290円。

小型のサーボモータを独自開発することにより、世界最小(タカラトミー)とされる小型化と低価格化を実現した。サーボモータは17カ所に組み込まれ、ジャイロセンサーによりバランスをとりながら多彩でスムーズなアクションを行う。

5種類のアクションモード:リモートコントロール、プログラム、スペシャルアクション、ボイスコントロール、ダンスの搭載を予定している。音声命令(ボイスコントロール)とダンス機能は他社の2足歩行ホビーロボットには搭載されていない、タカラトミーの独自機能。

また、本体にはスピーカーが内蔵されており、言葉や効果音、音楽などを出しながらアクションを行なう。

 渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂2)で1月20日、世界のティアラが一堂に会する大規模展覧会「プリンセスの輝き ティアラ展 ~華麗なるジュエリーの世界~」が始まる。

 ティアラは、宝石やビーズを散りばめた冠型のヘッドジュエリー。欧州貴族が宮廷行事などの公の場で着用し、現代ではブライダルで花嫁が身に付けるアクセサリーとしても知られる。古代エジプトに端を発するというティアラがたどった現代までの「歴史」を追う同展では、世界のジュエリーブランドの新作を含む約100点を展示・披露する。

 展示は、古代から18世紀、19世紀以降各国で多様化したティアラ史の詳細に迫る10部構成。中でもナポレオン一世の血を引くボナパルト一族の「マリー・ボナパルトのティアラ」(1907年、カルティエ製作)は有名で、大小合わせ千個を越すダイヤモンドと、中央に9.61カラットのダイヤが下げられた大作。芸術性を追求した20世紀初頭は、アール・ヌーヴォー洋式として象牙や珊瑚、エナメルなどが積極的に取り入れられた時代。会場には歴史をさかのぼった個性的な作品も登場する。

 展示の見どころのひとつとなるのが、その多くが特注のオーダーメード品であるティアラを古くから製作してきた老舗ジュエリーメゾンの繊細な技術と感性。同展では、ショーメやカルティエ、ブシュロン、ブルガリなどの有名メゾンによる作品が一堂に揃う。日本からはミキモトが同展のために製作したティアラを出品。日本の「四季」をイメージし、桜やコスモスのモチーフをあしらったという。

 会場では、トリノ五輪女子フィギュアスケートシングルの金メダリスト、荒川静香さんが金メダルを受賞した壇上で身に付けていたティアラも特別展示する。会期中、Bunkamura「ドゥ マゴ パリ」では、限定スイーツを提供するほか、セルリアンタワー東急ホテル(桜ヶ丘町)では宿泊プランなどの関連企画を実施する。

ティアラ展(公式サイト)

 ゲーム情報誌を出版するエンターブレイン(東京都千代田区)は9日、任天堂の新型家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の国内販売台数が、昨年12月2日の発売からほぼ1カ月で100万台を突破したとの推計を発表した。

 ライバルのソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)3」は昨年末で約46万台にとどまっており、序盤ではWiiが大きくリードした。

 Wiiは、コントローラーをラケットやバットのように振り回して遊ぶなど、ユニークな操作方法を採用したのが特徴。PS3は画質や音質の高さを売りに、昨年11月11日に国内で発売された。任天堂とSCEは、昨年末までの国内出荷目標としていずれも100万台を掲げていた。

 Wiiが好調な理由について、エンターブレインの浜村弘一社長は「新しい遊び方の提案や豊富なソフトが受け入れられたのでは」と分析。

 販売台数は国内3500店の販売データを基にエンターブレインが推計した。

 Sony Computer Entertainment America(SCEA)は米国時間1月8日、PLAYSTATION 3(PS3)の北米での出荷台数が100万台を達成したことを発表した。

 PS3の発売は日本国内では2006年11月11日、北米では2006年11月17日。SCEAによると、2006年11月17日から2006年12月31日までの6週間で出荷台数100万台を達成したという。これは、Playstation 2(PS2)およびプレイステーションを上回る速さとなる

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)では、2006年内にPS3を国内外をあわせて200万台出荷するとしていたが、国内の出荷台数については明らかにしていない。これについてSCEでは「年末商戦などの結果をあわせて何らかの発表するよう検討している」とコメントしている。
PS3

High-End Life Style 第1回人間国宝に認定された近代陶芸の巨匠の業績を回顧する「生誕120年 富本憲吉展」(朝日新聞社など主催)が4日、東京・世田谷美術館で始まった。白磁や染め付け、色絵・金銀彩など全時代の代表作にスケッチや木版画などを加えた約250点が展示されている。3月11日まで。一般1000円など。

High-End Life Style  フランス国立宇宙研究センター(CNES)は27日、カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地から、「第2の地球」ともいえる太陽系外の惑星を探す探査機「コロー」を打ち上げた。

 太陽以外の恒星を回る惑星は、1995年にスイスのチームが発見して以来、約200個が見つかっている。ほとんどが木星より重いガス惑星で、固体惑星である地球にいるような生物は生存できない。コローは、生物存在の可能性が高い、地球の大きさの数倍までの固体惑星の発見を目指す。

 協力している欧州宇宙機関によると、コローは地球の周囲を回りながら、口径30センチの光学望遠鏡を使って約2年半の間に12万個以上の恒星を探索。惑星が恒星の前を通過する際に、恒星からの光がわずかに暗くなる現象を検知して惑星を見つける。

gachapin_s.jpg
 ブログ・ソフトウェア大手のシックス・アパートは、同社が運営する個人向け無料ブログ・サービス「Vox(ヴォックス)」内で、フジテレビ「ポンキッキ」の人気キャラクター「ガチャピン」のブログ「ガチャピンClub フレンズ」を、「フジテレビKIDSクラブ」メンバー限定でオープンしたことを、12月26日に発表した。

  「ガチャピン」は現在、フジテレビKIDSが運営する「ガチャピン日記」ブログで、自身の近況を公開しており、アクセス数が1日あたり20万PV、500近いコメントが寄せられてくることもあるという人気コンテンツ。

 12月21日から公開された「ガチャピンClub フレンズ」は、シックスアパートが運営するブログサイト「Vox」で、フジテレビKIDSクラブメンバーに限定して公開。「ガチャピンClub フレンズ」では様々なテーマを決め、「友だち」からテーマに関連した写真や記事を随時募集。第1回目のテーマは「クリスマス」だ。

 「Vox」では、「ガチャピンClub フレンズ」開設に伴い、誰でも利用できるガチャピン・ムックのデザイン・テンプレートを提供する。

エリザベス女王によるクリスマスのメッセージが初めてポッドキャストで配信される。

High-End Life Style 毎年クリスマスに実施されている英国エリザベス女王によるクリスマスメッセージは、英国のテレビ、ラジオで配信されているが、今年からは英国王室公式ポッドキャストである「Royal Podcast」でも配信される。英国王室が明らかにした。

 スピーチは12月25日午後3時(グリニッチ標準時)に行われ、ポッドキャストも同時刻に配信される。ポッドキャストの登録は公式ページから。

 「Royal Podcast」の前回の配信は、6月15日に行われた80歳のバースデイスピーチに行われている。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com